WiMAX/ポケットWiFi/モバイルWiFiルーター

2019年novas WiMAXのwebキャンペーンと契約時の注意点!

更新日:

 

 

現在、novas WiMAXでは月額料金割引キャンペーンを実施しています。

 

ギガ放題(3年プラン)の場合には、通常料金が4,880円/月、かかるのに対して、novas WiMAXで利用した場合は実質月額3,913円で3年間利用することができます。

 

novas WiMAXは『シンセイコーポレーション』という会社が提供しているサービスで、WiMAXのプロバイダーでありながら、WiMAXのホームルーター(novas HOME+CA)を製造している非常に珍しいサービスです。

 

 

novas WiMAXのメリット・デメリットを一覧にすると下記の通りです。

 

 

【メリット】

  • 『novas HOME+CA』や他のモバイルルーターの代金が無料
  • 『novas HOME+CA』というホームルーターの端末保障が2年(他のプロバイダーだと1年)
  • 『novas HOME+CA』&『 Qrioスマートロック』を9,800円で購入できる(標準料金は25,800円)

 

【デメリット】

  • 月額料金割引キャンペーンはあるものの、他のプロバイダーよりも月額料金が高い
  • 最新の高性能ホームルーター『L01s』や『L01』を利用できない
  • 支払い方法がクレジットカードのみ

 

 

novas WiMAXはメリットもデメリットも多くあるサービスです。

 

この記事では、これらのメリット・デメリットも踏まえてnovas WiMAXについて、詳しく解説をしていきます。

 

 

ネット回線コンシェルジュ
WiMAXは複数年契約が一般的なため、一度申込みをしてしまうと後から変更がしづらいサービスです!

 

そのため、契約をする前にメリット・デメリットをしっかりと見極めて申込みをすることをオススメします!

 

 

novas WiMAX【キャンペーン全料金徹底比較!】
VS 大手TOP33社

【『novas WiMAX』大手33社との比較】

WiMAXの回線名 実質月額
(特典を差し
引いた月額料金)
契約期間 キャッシュバック
キャンペーン等
1位 GMO とくとくBB 2581円/月 3年 最大42,200円の
キャッシュバック!
『GMO とくとくBB』の金額内訳
 

1、2ヶ月目  :3,609
3〜36ヶ月目 :4,263円

(  3,609円 X 2ヶ月 
+ 4,263円 X 30ヶ月
−  42,200円 )  /36
=  2,581円


実質月額  2,581円

2位 BIGLOBE WiMAX 2,862円/月 2年 『36ヶ月月額3,620円』
または、『3,0000円の
キャッシュバック!』

『BIGLOBE WiMAX』の金額内訳
 

BIGLOBE WiMAX『Flat ツープラス ギガ放題(2年) (3年)』

【『36ヶ月月額3,620円』の場合】3年コースの実質月額は?
1〜36ヶ月目  :3,620

  3,620円 X 36ヶ月 
 
          
  /36

= 3,620円


端末代金800円/月が、キャンペーンにより実質無料

*2年プランを選択した場合、事務手数料金3000円も無料

実質月額 3,620円

【30000円キャッシュバックの場合】3年コースの実質月額は?

  1、2ヶ月目  :3,695
 3〜24ヶ月目 :4,380円

25〜36ヶ月目 :4,380円

(  3,695円 X 2ヶ月 
+ 4,380円 X 22ヶ月
 
+ 4,380円 X 12ヶ月
ー 3,0000      )  /36

= 3,509円


端末代金800円/月が、キャンペーンにより実質無料

*2年プランを選択した場合、事務手数料金3000円も無料

実質月額 3,509円


BIGLOBE WiMAX『Flat ツープラス(3年)』

【『36ヶ月月額3,620円』の場合】3年コースの実質月額は?
 

1〜36ヶ月目  :2,975

  2,975円 X 36ヶ月 
 
          
  /36

= 2,975円


端末代金800円/月が、キャンペーンにより実質無料

実質月額 2,975円

【30000円キャッシュバックの場合】3年コースの実質月額は?

  1、2ヶ月目  :3,695
 3〜24ヶ月目 :3,695

25〜36ヶ月目 :3,695円

(  3,695円 X 2ヶ月 
+ 3,695円 X 22ヶ月
 
+ 3,695円 X 12ヶ月
ー 3,0000      )  /36

= 2,862円


端末代金800円/月が、キャンペーンにより実質無料

実質月額 2,862円

*それぞれクレジットカードでの支払いの場合の料金
口座振替の際は、月額料金が高くなります

3位 @nifty WiMAX 3380円/月 3年 最大30,000円の
キャッシュバック!
『@nifty WiMAX』の金額内訳
 

2、3ヶ月目  :3,670
4〜36ヶ月目 :4,350円

(  3,609円 X 2ヶ月 
+ 4,263円 X 33ヶ月
−  30
,000円 )  /36
=  3,380円


実質月額  3,380円

4位 So-net WiMAX 3380円/月 3年 月額割引
『So-net WiMAX』の金額内訳
 

1〜36ヶ月目 :3,380円

(  3,380円 X 36ヶ月
−     
0円 )  /36
=  3,380円


実質月額  3,380円

5位 カシモWiMAX

3397円/月

2年 月額割引

『カシモWiMAX』の金額内訳
 

1ヶ月目   :1,380
2〜36ヶ月目 :3,580円

(  3,609円 X 2ヶ月 
+ 4,263円 X 22ヶ月
) /24
=  3,397円


実質月額  3,397円

6位 JP WiMAX 3397円/月 3年 月額割引

『JP WiMAX』の金額内訳
 

4〜24ヶ月目   :2,590
25〜36ヶ月目  :3,760円

(  2,590円 X 21ヶ月 
+ 3,760円 X 12ヶ月
) /36
=  3,397円


実質月額  3,397円

7位 DTI 3519円/月 3年 月額割引

『DTI』の金額内訳
 

3ヶ月目    :2,590
4〜36ヶ月目 :3,760円

(  2,590円 X 1ヶ月 
+ 3,760円 X 33ヶ月
) /36
=  3,519円


実質月額  3,519円

8位 AsahiNet 3575円/月 3年 最大6ヵ月無料
『AsahiNet』の金額内訳
 

1〜6ヶ月目 :   0
7〜36ヶ月目 :4,290円

( 4,290円 X 30ヶ月) /36
=  3,575円


実質月額  3,575円

9位 Broad WiMAX 3583円/月 3年 月額割引

『Broad WiMAX』の金額内訳
 

1、2ヶ月目  :2,726
 3〜24ヶ月目 :3,411円

25〜36ヶ月目 :4,041円



(  2,726円 X 2ヶ月 
+ 
3,411円 X 22ヶ月 
+ 4,041円 X 12ヶ月)  /36
=  3,583円


実質月額 3,583円

10位 novas WiMAX 3913円/月 3年 月額割引
『novas WiMAX』の金額内訳

1 〜2ヶ月目  :2,780円
3〜36ヶ月目  :3,980円


 

(  2,780円 X 2ヶ月 
+ 3,980円 X 34ヶ月
) /36
=  3,913円


実質月額 3,913

11位 3 WiMAX 2018年 新規販売を終了 3年 月額割引

12位以下のWiMAXプロバイダー一覧
 

実質月額
(特典を差し
引いた月額料金)
契約期間 キャッシュバック
キャンペーン等
12位 hi-ho WiMAX 4027円/月 3年 月額割引
『hi-ho WiMAX』の金額内訳
 

  1、2ヶ月目  :3,780
 3〜24ヶ月目 :4,000円

25〜36ヶ月目 :4,300円

(  3,780円 X 2ヶ月 
+ 4,000円 X 22ヶ月
 
+ 4,300円 X 12ヶ月) 
 /36
=  3,696円


実質月額 3,696円

13位 UQ WiMAX 4045円/月 3年 月額割引

『UQ WiMAX』の金額内訳
 

1〜3ヶ月目  :3,696円
4〜36ヶ月目 :4,380円


(  3,696円 X 3ヶ月
+ 4,380円 X 33ヶ月 /36
=  
4,045円


実質月額  4,045円

14位 YAMADA WiMAX 4295円/月 2年 月額割引
『YAMADA WiMAX』の金額内訳
 

1〜3ヶ月目  :3,696円
4〜36ヶ月目  :4,380円

(  3,696円 X 3ヶ月 
+ 4,380円 X 21ヶ月
) /24
=  4,295円


実質月額  4,295円

15位 DISmobile 4323円/月 3年 月額割引
『 DISmobile』の金額内訳

1 〜3ヶ月目  :3,696円
4〜36ヶ月目  :4,380円


 

(  3,696円 X 3ヶ月 
+ 4,380円 X 33ヶ月
) /36
=  4,323円


実質月額 4,323

16位 ネクストモバイル 4379円/月 3年 月額割引
『ネクストモバイル』の金額内訳

1 〜24ヶ月目  :2,760円
25〜36ヶ月目  :3,695円


 

(  2,760円 X 24ヶ月 
+ 3,695円 X 12ヶ月
) /36
=  4,379円


実質月額 4,379

17位 J-COM 4379円/月 3年 月額割引
『J-COM』の金額内訳
 

1〜36ヶ月目 :4,379円

(  4,379円 X 36ヶ月
−     
0円 )  /36
=  4,379円


実質月額 4,379円

18位 au  4533円/月 2年 月額割引
『au』の金額内訳
 

1 〜25ヶ月目  :4,380円
26〜36ヶ月目  :4,880円

(  4,380円 X 25ヶ月 
+ 4,880円 X 11ヶ月
) /36
=  4,533円


実質月額 4,533円

19位 BIC WiMAX 4533円/月 3年 月額割引
『BIC WiMAX』の金額内訳
 

1 〜25ヶ月目  :4,380円
26〜36ヶ月目  :4,880円


 

(  4,380円 X 25ヶ月 
+ 4,880円 X 11ヶ月
) /36
=  4,533円

実質月額 4,533円

20位 WIRELESS GATE 4533円/月 3年 月額割引
『WIRELESS GATE』の金額内訳

1 〜25ヶ月目  :4,380円
26〜36ヶ月目  :4,880円


 

(  4,380円 X 25ヶ月 
+ 4,880円 X 11ヶ月
) /36
=  4,533円


実質月額 4,533円

21位 ヨドバシWiMAX
(ワイヤレスゲート)
4730円/月 3年 月額割引
『ヨドバシWiMAX』の金額内訳
 

1〜36ヶ月目 :4,730円

(  4,730円 X 36ヶ月
−     
0円 )  /36
=  4,730円


実質月額 4,730円

22位 楽天ブロードバンド
WiMAX2
4800円/月 3年 月額割引

『楽天ブロードバンド WiMAX2+』の金額内訳
 

1〜36ヶ月目 :4,380円

(  4,380円 X 36ヶ月
−     
0円 )  /36
=  4,380円


実質月額 4,380円

23位 エディオンネット 4880円/月 3年 月額割引

『エディオンネット WiMAX2+』の金額内訳
 

1〜36ヶ月目 :4,880円

(  4,880円 X 36ヶ月
−     
0円 )  /36
=  4,880円


実質月額 4,880円



旧WiMAXサービスのため終了(10社)

終了

Panasonic WiMAX 

3814円/月

終了

VOYAGE WiMAX  3862円/月

終了

Toppa WiMAX

3862円/月

終了

PEPABO
(GMO とくとくBB
に刷新
)

3994円/月

終了

RW WiMAX

4046円/月

終了

nojima

4046円/月

終了

Tiki mobile

4173円/月

終了

GREENWiMAX

4942円/月

終了

CP WiMAX 株式会社
EPARKマーケティング
(旧ラクーポンWiMAX
楽天クーポン株式会社提供)
参照先なし

終了

OHP WiMAX 参照先なし


 

※ その他、各社、事務手数料3000円が
 通常、契約時に発生します。

 

 

WiMAXのプロバイダーで主に違ってくるのはキャッシュバックと月額料金

WiMAXは『UQ WiMAX』が提供しているサービスのため、どのプロバイダーを選んでも提供エリア(利用できる場所)やインターネット速度は全く変わりません。

 

それに、ギガ放題の3年プランならハイスピードプラスエリアモードが無料で使える(2年プランは月額1,005円)といった点等も全く同じです。

 

どのプロバイダーを利用するかによって主に違ってくるのが、キャッシュバックや月額料金です。

 

上記の一覧では36ヵ月WiMAXを利用した場合のプロバイダーによる月額料金の違いを記載していますが、novas WiMAXはどちらかというと、あまりお得ではないプロバイダーの1つです。

 

実質の月額料金が他のプロバイダーよりも高い分、大きなメリットがあればいいのですが、正直novas WiMAXにはそこまで大きなメリットはありません。

 

 

※novas WiMAXのメリット・デメリットに関する詳細は後ほど記載しています。

 

 

WiMAXのプロバイダーで一番オススメなのは『GMOとくとくBB』

WiMAXのプロバイダーの中で、群を抜いて安い料金で提供しているのが『GMOとくとくBB』です。

 

他のプロバイダーの実質月額費用が3,300円~3,900円なのに対して、『GMOとくとくBB』はキャッシュバックも含めると実質2,581円で利用することができます。

 

『GMOとくとくBB』はWiMAXだけではなく、光回線でも非常にお得なキャンペーンを行っているプロバイダーです。

 

これだけ他のプロバイダーを引き離して、格安の料金でサービスを提供できるのは、GMOがインターネットサービスを手掛けている大手の会社だからという点に理由があります。

 

『GMOとくとくBB』はサービスの販売や集客を主にWEBサイトで行っているため、他のプロバイダーのように人件費があまりかかっていません。

 

その分をユーザーに還元して安くしているというのが『GMOとくとくBB』の特徴です。

 

そのため、お得さを重視してプロバイダーを選ぶのであれば、『GMO とくとくBB』をweb経由で契約することをオススメします。

 

2019年 『novas WiMAX』の
web経由の月額値引きキャンペーン特典って??

 

<出典:novas WiMAX 月額値引きキャンペーン

 

『novas WiMAX』の金額内訳

1 〜2ヶ月目  :2,780円
3〜36ヶ月目  :3,980円

 

 

(  2,780円 X 2ヶ月 
+ 3,980円 X 34ヶ月
) /36
=  3,913円

 

実質月額 3,913

 

 

 

WiMAXのプロバイダーの中には、キャッシュバックを行っているプロバイダーと月額料金割引キャンペーンを行っているプロバイダーがありますが、novas WiMAXは月額料金割引キャンペーンのみを行っています。

 

novas WiMAXをギガ放題3年プランで利用した場合には、通常料金が4,880円のところが、1 〜2ヶ月目は2,780円、3~36ヵ月目は3,980円で利用することができます。

(それ以降は4,380円)

 

3年間トータルで見た場合には実質3,913円で利用することができますが、『GMOとくとくBB』の実質2,581円という格安の月額料金と比べると見劣りしてしまう部分があります。

 

ただ、月額料金以外のメリットやデメリットも踏まえた上でどのプロバイダーを選ぶべきか判断するのが一番いいと思いますので、次にnovas WiMAXのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

 

 

『novas WiMAX』のメリットって??

novas WiMAXには主に下記3つのメリットがあります。

 

 

【メリット】

  • 『novas HOME+CA』や他のモバイルルーターの代金が無料
  • 『novas HOME+CA』というホームルーターの端末保障が2年(他のプロバイダーだと1年)
  • 『novas HOME+CA』&『 Qrioスマートロック』を9,800円で購入できる(標準料金は25,800円)

 

WiMAXのプロバイダーを選ぶ場合には、実質の月額料金にこういったメリットやデメリットも踏まえて選ぶのが一番確実です。

 

ただ、これらのメリットはnovas WiMAX独自のメリットではなく、他のプロバイダーと比べた時に大したメリットではない場合もあります。

 

そのため、ここから上記のnovas WiMAXのメリットを1つずつ他のプロバイダーの特典と比べながら解説していきたいと思います。

 

 

メリット① novas HOME+CAや他のモバイルルーターの代金が無料

novas WiMAXでは下記の3つのルーター代金が無料になっています。

 

現在選べる端末
※ 最新・高性能が『WX05』
以降、過去機種

※ 家でも使う場合は、
据え置き型の『HOME L01s』
『WX05』
(最新)

ハイスピード
モード/
ハイスピード
プラスエリア
モード

下り:440Mbps
上り:75Mbps

対応
・WiMAX 2

・au4GLTE

<出典:novas WiMAX 端末ページ

『W05』

ハイスピード
モード
ハイスピード
プラスエリア
モード

下り:758Mbps
上り:112.5Mbps

対応
・WiMAX 2

・au4GLTE

<出典:novas WiMAX 端末ページ
『novas HOME+CA』

ハイスピード
モード
下り:220Mbps

対応
・WiMAX 2

<出典:novas WiMAX 端末ページ

 

このうち、バッテリーを搭載していて自宅でも外でも持ち運んで使えるモバイルルーターが『WX05』と『W05』の2つです。この2つは他のプロバイダーでも使える最新の機種で、速度が高速でバッテリー持ちもいいのが特徴です。

 

『novas HOME+CA』はホームルーターと言ってバッテリーは搭載しておらず、自宅専用で利用するルーターです。

 

『novas HOME+CA & Qrioスマートロック』という端末のみ有料ですが、上記の3つの端末代金は無料で利用することができます。

 

ただ、これがnovas WiMAX独自のメリットなのかと言えばそうではありません。

 

実際には『GMOとくとくBB』を筆頭に他の多くのプロバイダーも、無料で端末を提供しています。

 

 

【GMOとくとくBB公式サイトからの抜粋】

<出典:GMOとくとくBB公式サイト

 

novas WiMAXでは、無料で端末を利用することが出来るのがメリットの1つではありますが、他のほとんどのプロバイダーもそれは変わりません。

 

メリット② novas HOME+CAの端末保障が2年

『novas HOME+CA』というホームルーターは他の一部のプロバイダーでも利用することができますが、他のプロバイダーで『novas HOME+CA』を利用した場合の端末保障は1年です。

 

それに対して、novas WiMAXで『novas HOME+CA』を利用した場合には、標準(無料)で2年の端末保障を受けることができます。

 

ただし、そもそもホームルーターとして『novas HOME+CA』を利用することはオススメできません。

 

WiMAXのホームルーターには他に『L01』『L01s』という最新のホームルーターがありますが、それに比べて性能が非常に劣っているためです。

 

この点は後ほど記載してあるデメリットの説明箇所でより詳しく解説しています。

 

メリット③ novas HOME+CA & Qrioスマートロックを9,800円で購入できる

自宅用
『novas Home+CA

Qrioスマート
ロックセット』

ハイスピード
モード
下り:220Mbps

対応
・WiMAX 2+

<出典:novas WiMAX 端末ページ

『novas HOME+CA』には、ホームルーターの機能の他にドアの鍵をスマートフォンで遠隔操作できるようにする『novas HOME+CA & Qrioスマートロック』という端末があります。

 

この機種は他のモバイルルーターとは違って有料の機種です。

 

標準価格は25,800円ですが、novas WiMAXで購入した場合だけ9,800円と格安で購入することができます。

 

ただし、先ほど説明したように『novas HOME+CA』というホームルーターを使うこと自体が全くオススメできないため、こちらもメリットと呼べるようなものではありません。

 

 

【メリットまとめ】novas WiMAXにはメリットと呼べるものはほとんどない

novas WiMAXの3つのメリットをここまで解説してきましたが、お伝えたした通り、novas WiMAXには現実的に大きなメリットと呼べるようなものが少ないのが現状です。

 

 

【novas WiMAXを選ぶメリットにはならない理由】

  • novas HOME+CAや他のモバイルルーターの代金が無料

他のほとんどのプロバイダーも無料で提供しているため、novas WiMAX独自のメリットではない。

  • novas HOME+CAというホームルーターの端末保障が2年(他のプロバイダーだと1年)
  • 『novas HOME+CA』&『 Qrioスマートロック』を9,800円で購入できる(標準料金は25,800円)

『novas HOME+CA』は、下り最大220Mbpsという点に注意が必要。

※『L01s』や『L01』の場合、下り最大440Mbpsを実現しているため

 

 

ただし、デメリットはいくつか存在していますので、次にnovas WiMAXのデメリットについて解説をしていきます。

 

『novas WiMAX』のデメリットって??

novas WiMAXには主に下記の2つのデメリットが存在しています。

 

 

【デメリット】

  • 月額料金割引キャンペーンはあるものの、他のプロバイダーよりも月額料金が高い
  • 最新の高性能ホームルーター『L01s』や『L01』を利用できない
  • 支払い方法がクレジットカードのみ

 

この3つはnovas WiMAXのかなり致命的なデメリットでもあるため、ここから1つずつ詳しく解説をしていきます。

 

 

デメリット① 月額料金割引キャンペーンはあるものの、月額料金が高い

『novas WiMAX』の金額内訳

1 〜2ヶ月目  :2,780円
3〜36ヶ月目  :3,980円

 

 

(  2,780円 X 2ヶ月 
+ 3,980円 X 34ヶ月
) /36
=  3,913円

実質月額 3,913

 

 

novas WiMAXはキャッシュバックを行っておらず月額料金割引キャンペーンだけを行っていますが、上記のように36ヵ月間利用した場合の実質の月額料金は3,913円です。

 

それに対して、最も安く利用できる『GMOとくとくBB』はキャッシュバックを含めると実質月額2,581円で利用することができます。

 

『GMOとくとくBB』ほど安くはない他のプロバイダーでも3,300円~3,500円前後で利用できるのが一般的です。

 

それを考えるとnovas WiMAXの月額料金は高いと言わざるを得ません。

 

36ヵ月利用した場合、『GMOとくとくBB』と比べると実に47,952円(実質月額の料金差1,332円×36ヵ月)もの差が出てくるため、お得感というものは全くないというのが率直なところです。

 

デメリット② 最新の高性能ルーター『L01s』や『L01』を利用できない

WiMAXのホームルーターには、novas WiMAXで利用できる『novas HOME+CA』以外にも、『L01s』や『L01』という最新の機種があります。

 

他のプロバイダーではこれらの最新機種が使えるのが当たり前ですが、novas WiMAXでは『L01s』や『L01』を利用することが出来ません。

 

これはnovas WiMAXを提供しているシンセイコーポレーションが『novas HOME+CA』を製造しているためです。

 

要するに、ライバル企業が製造している端末はnovas WiMAXでは提供しないという方針になっているということ。

 

速度 端末
『L01s』
(最新)

ハイスピード
モード/
ハイスピード
プラスエリア
モード

下り:440Mbps
上り:30Mbps

対応
・WiMAX 2

・au4GLTE

<出典:GMOとくとくBB公式サイト

『L01』

ハイスピード
モード
ハイスピード
プラスエリア
モード

下り:440Mbps
上り:30Mbps

対応
・WiMAX 2

・au4GLTE

<出典:GMOとくとくBB公式サイト
『novas HOME+CA』

ハイスピード
モード
下り:220Mbps

対応
・WiMAX 2

<出典:novas WiMAX 端末ページ

 

下りの速度を見て頂ければお分かりになると思いますが、『L01s』や『L01』が最大で440Mbps出るのに対して、『novas HOME+CA』は最大速度が220Mbpsしか出ません。

 

それに加えて、『L01s』や『L01』が同時にWiFiを接続できる機器数が42台なのに対して、『novas HOME+CA』は16台までしか利用できません。

 

また、novas WiMAXでは『novas HOME+CA』を無料で提供していますが、それがお得なのかと言えば、他のほとんどのプロバイダーでも『L01s』や『L01』を無料で提供しています。

 

それを考えた際に、novas WiMAXではホームルーターとして『novas HOME+CA』しか使えないというのは、ホームルーターの利用を考えている方にとって非常に大きなデメリットの1つです。

 

 

デメリット③ 支払い方法がクレジットカードのみ

WiMAXのプロバイダーは、支払い方法としてクレジットカードのみ使えるプロバイダーと、クレジットカードか口座振替えを選べるプロバイダーに別れています。

 

novas WiMAXに関しては、現段階で口座振替えには対応しておらず、クレジットカードでの支払いのみに対応しています。

 

この点はクレジットカードを持っていない方や出来るだけクレジットカードを使いたくないという方にとっては、かなり大きなデメリットの1つになるのかなと思います。

 

現在、novas WiMAX のプランは、
『novas WiMAX 2+ギガ放題プラン(3年/2年契約)』または
『novas WiMAX 2+定額プラン(3年/2年契約』

<出典:novas WiMAX 料金プラン

novas WiMAX
プラン名
契約年数 速度制限は? 選べる機種は?
novas WiMAX 2+
『ギガ放題プラン
(3年/2年契約)』
2年・3年 ギガ放題

「WX05」「W05」

「novas HOME+CA」
「novas Home+CA &
 Qrioスマートロックセット」

novas WiMAX 2+
『定額プラン
(3年/2年契約)』
2年・3年 7GB/月の上限あり
上限超えの場合、
最大128kbpsに制限

「WX05」「W05」

「novas HOME+CA」
「novas Home+CA &
 Qrioスマートロックセット」

 

novas WiMAX 2+ 『ギガ放題プラン』

 

novas WiMAXの料金プランには、通信量制限がかなり緩い『ギガ放題プラン』と通信量制限がある『定額プラン』の2つがあります。

 

『ギガ放題プラン』の通信量制限の特徴をまとめると下記の通りです。

 

 

【通信量に関して】

通信量制限

基本的に通信量制限はなし。

ただし、

▲3日間で10GBを越えた場合は、翌日の18時~2時までの間が最大1Mbpsに速度制限される

▲au 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)で、月間7GBを越えた場合は翌月まで最大128kbpsに速度制限される

 

『ギガ放題プラン』は基本的に通信量が無制限ですが、3日間で10GBを越えるようなヘビーな使い方をすると翌日の18時から2時間までの間のみ、速度制限が入ります。

 

ただ、これは8時間のみの制限ということと、制限されても1Mbpsは出ることから普通にインターネット閲覧をする分には問題ありません。

 

そういった面ではよほど大容量のファイルをダウンロードしたり、高画質の動画を頻繁に再生したりしない限りは特に心配はいりません。

 

ただ、注意なのがau 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)でインターネットを利用する場合です。

 

WiMAXでは、通常はWiMAXの電波を利用してインターネットに接続しますが、WiMAXの電波が入らないエリアの場合、au 4G LTEモードというよりエリアが広い電波を利用することができます。

 

このモードでインターネットに接続して月間の通信量が7GBを越えてしまった場合は、翌月末まで最大128kbpsとかなり遅い速度まで制限されます。

 

インターネットにはau 4G LTEモードで接続するのではなく、あくまでもWiMAXの電波が入らないエリアに行った場合だけこのモードを利用するようにすれば、特にこの部分も心配はいりません。

 

 

【月額料金に関して】

月額料金

1ヶ月目〜2ヶ月目  :2,780円

3ヶ月目〜更新月まで :3,980円

(2年契約の場合=25ヵ月目、3年契約の場合=37ヵ月目)

更新月以降      :4,380円

※au 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する場合、3年プランは無料、2年プランは月額1,005円かかります。

『ギガ放題プラン』には、2年契約と3年契約がありますが、どちらで利用しても更新月までの基本的な月額料金は変わりません。

 

ただし、au 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する場合には、3年契約のみ無料・2年契約は月額1,005円のオプション料金がかかってきます。

 

そのため、基本的にau 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)も万が一の時には使いたい(WiMAXの電波が入らないエリア等)という場合には、3年契約にしておくのがオススメです。

 

 

 

【違約金に関して】

2年契約

【2年契約の場合、下記の違約金(解約金)が発生します】

サービス利用開始月の翌月を1ヶ月目とした24ヵ月が契約期間で、
24 ヶ月目が「満了月」、その翌月が「更新月」(自動更新型)。
満了月の末日または更新月以外に解約すると下記の違約金が発生。

 

1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
26ヶ月目~48ヶ月目:9,500円

3年契約

【3年契約の場合、下記の違約金(解約金)が発生します】

サービス利用開始月の翌月を1ヶ月目とした36ヵ月を契約期間で、36 ヶ月目を「満了月」、その翌月が「更新月」(自動更新型)。
満了月の末日または更新月以外に解約すると下記の違約金が発生。

 

1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目:9,500円
38ヶ月目以降:9,500円

 

2年契約と3年契約で違約金の額も基本的には変わりません。

 

違うのは、違約金がかからずに解約できる『更新月』が2年ごとに来るのか3年ごとに来るのかの違いだけです。

 

ただし、3年プランだけau 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)が無料で使えることから、どうしても2年契約にしたいという場合以外は3年契約にしておくのがオススメです。

 

 

novas WiMAX 2+『定額プラン』
「au 4G LTEモード」が使えるので、3年の方がオススメ!

『ギガ放題プラン』と違って料金が若干安い分、通信量に制限を設けているのが『定額プラン』です。

 

『ギガ放題プラン』の通信量制限は3日間で10GBを超えた場合に、翌日の18時~2時までの間が制限されるという内容でしたが、『定額プラン』の通信量制限には注意が必要です。

 

 

【通信量制限に関して】

通信量制限

一カ月で7GBを越えると、翌月まで最大128Kbpsの速度に制限される

※『ギガ放題プラン』のように短時間で制限がリセットされることはありません。

『定額プラン』の通信量制限は『ギガ放題プラン』のように短時間で解除されるものではなく、翌月までずっと速度制限をされてしまうため、「絶対に一カ月に7GB以上の通信はしない」という方以外はオススメできません。

 

 

制限速度が最大128kbpsとなると、一般的にラインやメール等が出来るだけでそれ以外の通信にはかなり支障が出てくる速度です。

 

一カ月で7GB以上のデータ通信量を使ってしまった場合には、翌月までまともにインターネットは出来なくなると考えていただいて間違いありません。

 

 

【月額料金に関して】

月額料金 定額プラン ギガ放題プラン
月額料金

永年で3,599円

 

 

 

 

 

 

※au 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する場合、3年プランは無料、2年プランは月額1,005円かかります。

1ヶ月目〜2ヶ月目  :2,780円

3ヶ月目〜更新月まで :3,980円

(2年契約の場合=25ヵ月目、
3年契約の場合=37ヵ月目)

更新月以降     :4,380円

※au 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する場合、3年プランは無料、2年プランは月額1,005円かかります。

 

『データ定額プラン』の月額料金は、『ギガ放題プラン』よりも通信量制限が厳しい分だけ、若干安くなっています。

 

この差をどう考えるかは人それぞれ違うと思いますが、データ通信量7GBで出来ることは限られてくるため、基本的にはギガ放題プランに加入するほうがオススメです。

 

 

【違約金に関して】

2年契約

【2年契約の場合、下記の違約金(解約金)が発生します】

サービス利用開始月の翌月を1ヶ月目とした24ヵ月が契約期間で、
24 ヶ月目が「満了月」、その翌月が「更新月」(自動更新型)。満了月の末日または更新月以外に解約すると下記の違約金が発生。

1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
26ヶ月目~48ヶ月目:9,500円

3年契約

【3年契約の場合、下記の違約金(解約金)が発生します】

サービス利用開始月の翌月を1ヶ月目とした36ヵ月を契約期間で、36 ヶ月目を「満了月」、その翌月が「更新月」(自動更新型)。満了月の末日または更新月以外に解約すると下記の違約金が発生。

1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目:9,500円
38ヶ月目以降   :9,500円

 

『データ定額プラン』の違約金は『ギガ放題プラン』と変わりません。

 

2年契約を結ぶのか3年契約を結ぶのかで契約更新月が違ってきますが、3年プランだけau 4G LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)が無料で使えることから、どうしても2年契約にしたいという場合以外は3年契約にしておくのがオススメです。

 

 

novas WiMAX のオプションサービス

novas WiMAXで利用できるオプションサービスは主に下記の3つです。

 

  • グローバルIPオプション(月額96円)
  • LTEオプション(2年契約のみ月額1,005円、3年契約は無料)
  • 端末保障サービス(月額380円)

 

『グローバルIPオプション』は、WiMAX 2+対応機器からインターネット接続する際にグローバルIPアドレスを割り当てするサービスで、月額96円の料金がかかります。

 

このオプションはグローバルIPアドレスをどうしても利用したいという場合以外は特に必要はありません。

 

『LTEオプション』はau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する場合に必要なサービス料で、2年プランを契約している場合だけ月額1,005円の料金がかかります。

 

3年プランを契約している時にはこの『LTEオプション』の料金はかかりません(無料になります)。

 

『端末保障サービス』は、WiMAX機器の故障・盗難・紛失などのトラブルの際に、同一機種・同一色の交換用機器(リフレッシュ品)をお届けするサービスで、月額380円の料金がかかります。

 

このサービスに加入していない場合は自腹で修理か買い替えをするしかありませんが、このサービスに加入している場合には特に修理費用や買い替え費用等を心配する必要はありません。

 

万が一端末が故障・紛失した場合のことが心配だという方は、こちらの『端末保障サービス』は加入しておくのがオススメです。

 

 

novas WiMAX の料金についての注意点
おすすめのプランは?

novas WiMAXの『ギガ放題プラン』と『定額プラン』やオプションサービスについて説明してきましたが、一番多くの方にオススメできるプランは『ギガ放題プランの3年契約』です。

 

『データ定額プラン』だと一カ月で使えるデータ通信量が7GBまでと制限されてしまいます。

 

WiMAXの利用を検討している方の多くは、1台だけ機器をインターネットに接続したいというよりは、スマホ・タブレット・パソコンなど複数台をインターネットに接続したいと考えている方がほとんどだと思います

 

それを踏まえると、7GBだとほとんどのケースで通信量が足りなくなってくると思います。

 

そうなると、選択肢としては『ギガ放題プラン』を選ぶ方が多いと思いますが、『ギガ放題プラン』の2年契約と3年契約では、3年契約時のみ月額1,005円かかる『au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)』が無料で使えます。

 

月額料金はどちらも変わりませんし、違約金も契約更新月が違うだけで額は変わりません。

 

そのため、どのプランにしようか迷った場合には『ギガ放題プランの3年契約』が一番オススメです。

 

novas WiMAX の最新機種は、
『Speed Wi-Fi NEXT WX05』

【『novas WiMAX』で選べる端末】

現在選べる端末
※ 最新・高性能が『WX05』 以降、過去機種
※ 家でも使う場合は、据え置き型の『HOME L01s』
『WX05』
(最新)

ハイスピード
モード/
ハイスピード
プラスエリア
モード

下り:440Mbps
上り:75Mbps

対応
・WiMAX 2

・au4GLTE

<出典:novas WiMAX 端末ページ

『W05』

ハイスピード
モード/
ハイスピード
プラスエリア
モード

下り:758Mbps
上り:112.5Mbps

対応
・WiMAX 2+

・au4GLTE

<出典:novas WiMAX 端末ページ
『novas HOME+CA』

ハイスピード
モード
下り:220Mbps

対応
・WiMAX 2

 

<出典:novas WiMAX 端末ページ

自宅用
『novas Home+CA

Qrioスマート
ロックセット』

ハイスピード
モード
下り:220Mbps

対応
・WiMAX 2+

<出典:novas WiMAX 端末ページ

 

novas WiMAX オススメの端末は、最新の『WX05』
自宅でのみ利用する際は、『novas HOME+CA』

novas WiMAX で
選べる機種端末
速度と対応回線 バッテリーの持ち時間
ハイスピードモード/
ハイスピードプラスエリアモード
『WX05』
(最新)

サイズ
幅 11.1cm
高 13.3cm
厚 6.2cm

ハイスピード
モード/
ハイスピード
プラスエリア
モード

下り:440Mbps
上り:75Mbps

対応
・WiMAX 2+
・au4GLTE

休止待ち受け(リモート起動あり)
:約700時間
ウェイティング
:約50時間
『W05』

サイズ
幅 13.0cm
高 12.6cm
厚 5.5cm
ハイスピード
モード/
ハイスピード
プラスエリア
モード
下り:758Mbps
上り:112.5Mbps
対応
・WiMAX 2+
・au4GLTE

デフォルト設定
:約850時間
クイックアクセスモード設定時
:約38時間
『novas HOME+CA』

サイズ
幅 13.0cm
高 16.2cm
厚 6.9cm
ハイスピード
モード
下り:220Mbps
対応
・WiMAX 2+


最大同時接続台数
:18台
(有線LAN2台、無線LAN16台)

 

 

【モバイルルーターに関して】

novas WiMAXで選べる端末のうち、バッテリーを搭載していて自宅でも外でも持ち運んで使えるモバイルルーターが『WX05』と『W05』の2つです。

 

最新の機種は『WX05』ですが、どちらも速度が高速でバッテリー持ちもいいのが特徴です。

 

最大速度は『WX05』が下り440Mbps・『W05』が758Mbpsですが、『W05』が758Mbpsで使えるのは東名阪の一部エリアのみで、なおかつau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)を利用しないとこの最大速度を実現することは出来ません。

 

それ以外の地域では『WX05』のほうが電波が弱い時に送信パワーを上げて通信品質を向上させるWiMAXハイパワーに対応しているため、自宅内や建物内などの電波が届きにくい場所でも通信速度が改善する傾向にあります。

 

そのため、東名阪にお住まいではない方は『W05』よりも『WX05』のほうがオススメです。

 

 

【ホームルーターに関して】

novas WiMAXで使えるホームルーターとしては『novas HOME+CA』がありますが、『novas HOME+CA』を使うぐらいであれば、他のプロバイダーで『L01』や』L01s』といった高性能のホームルーターを利用することをオススメします。

 

 

違い 『novas HOME
+CA』
『L01』や』L01s』
下りの速度 最大220Mbps 最大440Mbps
接続台数 最大16台まで 最大42台まで
端末価格 novas WiMAXで無料 他のほとんどのプロバイダーで無料
注意事項 novas WiMAXでは利用できない。他のプロバイダーなら利用可能

 

『novas HOME+CA』は最新のWiMAXのホームルーターと比べると性能が低く(特に速度が遅いのが致命的)、novas WiMAXでは高性能の『L01』や『L01s』を利用することが出来ません。

 

そのため、「どうしてもnovas WiMAXにしたい」という特別な理由がない限りは、例えば月額料金がnovas WiMAXよりも格別に安いGMOとくとくBB等のプロバイダーにしておくことをオススメします。

 

 

最期に、novas WiMAXの注意点の確認を!
契約までの流れ

最後にまとめとしてnovas WiMAXの注意点を3点、改めてお伝えします。

 

  • novas WiMAXは、他のプロバイダーと比べるとトータル料金が高め
  • novas WiMAXでは、古いタイプのホームルーターしか使えない(速度が遅いタイプ)
  • novas WiMAXは、クレジットカード払いにしか対応していない

 

基本的にはプロバイダーとしてnovas WiMAXは利用せずに、月約料金が最安値になるGMOとくとくBBを選ぶことをオススメしますが、「どうしてもnovas WiMAXにしたい」という方は下記の手順で申込めばスムーズに利用を開始することができます。

 

novas WiMAXの契約・申込みの流れ

webキャンペーン経由で申し込む際に、決めておくべき項目をまとめると・・・


① novas WiMAXのプランを、『ギガ放題プラン(2年or3年契約)』にするのか『定額プラン(2年or3年契約)』のどれにするか決めておく。

⇒通信量制限がなく・au 4G LTE(ハイスピードプラスエリア)が無料のギガ放題プランの3年契約がオススメです。

 

② 契約したい端末の機種を『WX05』『W05』『novas HOME+CA』の3種類の中から決めておく。

⇒モバイルルーターなら最新の『WX05』がオススメ

⇒ホームルーターの場合は『novas HOME+CA』一択(ホームルーター利用なら別のプロバイダーのほうがオススメです)

 
③希望した機種端末が、2日〜1週間ほどで自宅に到着。 ⇒ 『利用開始』

 

 

ネット回線コンシェルジュ
ギガ放題(3年プラン)の場合には、通常料金が4,880円/月、かかります。

 

novas WiMAXで利用した場合は実質月額3,913円で3年間利用することが出来る点が、『novas WiMAX』で契約する際の最大のメリットです。

 

 

『novas WiMAX』の
最新キャンペーンはコチラ

 

 

 

 

-WiMAX/ポケットWiFi/モバイルWiFiルーター

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.