ネット回線 プロバイダー・特典

インターネットのおすすめプロバイダー&仕組みを徹底解説!

更新日:

ヒカリちゃん

インターネットのことを調べていると『プロバイダー』って

よく出てくるけどプロバイダーって具体的にどういうサービスの

ことでどんな役割があるの?

 

 

ヒカリちゃん

プロバイダーはインターネットを利用する時に必須の役割があるよ!

この記事ではプロバイダーの役割や意味について解説していきます!

 

 

『インターネット サービスプロバイダー』って必要?
どんな役割があるの?「主な3つの役割・メリット」って!?

自宅で現在インターネットを契約している方、インターネットの申し込みをするときに、プロバイダーの契約も一緒にしませんでしたか?また、現在インターネットを契約していない方でも、プロバイダーという名称を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

そもそも、インターネットプロバイダーって一体何のことで、インターネット契約するときに絶対に必要なのでしょうか?ここからはインターネットを契約するときにプロバイダが何故必要なのか、契約するメリットはあるのかを紹介していきます。

 

ヒカリちゃん
家のインターネット契約をする時、

プロバイダーって何か知らなくて大変だったよ~。

 

ネット回線コンシェルジュ
インターネットの仕組みは複雑で、

ちょっと分かりにくいかも知れないね。

 

『インターネットプロバイダー』の役割 その1
「ネット回線のサービスの提供会社」です!

【インターネットプロバイダの役割】

プロバイダーの大きな役割の1つが、ネット回線のサービスを提供することです。

 

 

ヒカリちゃん
え!?どういうこと?

フレッツ光とかインターネット回線の会社が、

ネットサービスを提供してくれてるんじゃないの?

 

【光回線サービスとプロバイダーサービスは、提供しているものが違う?】

 

フレッツ光などのインターネットサービスを提供する会社は、インターネットを使うときの回線を提供してくれています。一方で、プロバイダーとは、インターネットを使う時に手助けしてくれるサービスを提供している会社のことです。

 

 

プロバイダーは、インターネットに接続する際に、世界中の情報の窓口となってくれるサービスのことです。
※基本的にネットに繋ぐには、『プロバイダー契約』が必要です。最近では、「ネット回線+プロバイダー」の一体型契約(光コラボレーション)が、増えてきています。

 

 

例えば、Yahoo!を閲覧したいとき、閲覧したいサイトの情報が"インターネット上のどこにあるのか”を知らないと見ることができません。どのサーバーがその情報を保管しているのか、サーバーの住所が分からないと見つけることができないからです。

 

「欲しい情報はどこにあるのか?」インターネット上から"探すのを手助けしてくれているのがプロバイダー”となります。インターネットを使って「Yahoo!と検索をしたとき、まず契約しているプロバイダーのサーバーに「Yahoo!」を検索したいという情報が送られます。

 

その情報を受け取ったプロバイダーのサーバーが、他のサーバーに「Yahoo!の情報はどこにあるのか?」確認することで、サイトの住所を特定することが出来るのです。

<出典:総務省 ホームページの仕組み

[サーバーイメージ図]

 

 

ネット回線コンシェルジュ
部屋を借りる時、SUUMOなどの不動産仲介会社に行って部屋を契約するよね?

 

不動産仲介会社は、お客さんと大家さんの間に入って窓口になってくれるんだ。

 

それと同じことがインターネットサービスと

プロバイダにも言えるんだよ。

 

 

ヒカリちゃん
フレッツ光などのサービスを契約して

『インターネットの窓口』としてスムーズに

インターネットを使えるようにしてくれるのが

プロバイダサービスってことだね!!

 

 

【イメージ図】

大家  ⇔ 不動産仲介会社 ⇔ ネット利用者

 

 

 

ネット利用者 ⇔ プロバイダー ⇔ 光回線業者

 

           

『インターネットプロバイダー』の役割 その2
メールアドレス/セキュリティ機能/WiFi機器の提供など

プロバイダーの役割は「利用するお客とインターネット」との間に入って、インターネットサービスを提供するだけではありません。プロバイダーを利用することで、独自のメールアドレスを利用できるようになるのです。

 

インターネット上で大手の「Yahoo!や楽天などのWebメールアドレス」を取得することもできますが、それらのWebメールと比べてプロバイダーメールは非常にセキュリティーが高く安心となります。

 

また、プロバイダーでセキュリティーの契約をすることもでき、市販のウイルス対策ソフトを使用する場合と違って更新忘れの心配がないことも魅力の1つ。

 

プロバイダーによっては、Wi-Fi ルーターの無料提供やレンタルなどをおこなっているところも。自分で新たに用意する必要がないので、コストも抑えられます。

 

ヒカリちゃん
プロバイダーメールやセキュリティー、

Wi-Fi ルーターの提供など

メリットが沢山あるね。

 

『インターネットプロバイダー』の役割 その3
セット割は要チェック!割り引きや、限定キャンペーンの利用は必見!

プロバイダーを契約するときは、光回線とセットで契約することによる割引「セット割」についても注目です。セット割があるプロバイダーを申し込みすることで、毎月のインターネット使用料金がかなりお得に。

 

その他、プロバイダーを申し込みするときは、限定キャンペーンなどの特典がある場合もあるので確認してみてくださいね。

 

ネット回線コンシェルジュ
プロバイダー契約のときは、

割引やキャンペーンなども要チェックだ!

 

●プロバイダーの"役割&メリット”についてのまとめ 
[プロバイダー役割]
・ネット回線のサービスを提供
・プロバイダメールアドレス
・独自のセキュリティ
・Wi-Fi ルーターの無料提供やレンタル

[プロバイダーメリット]
・光回線とセットで申し込むことで割引を受けられる
・独自のキャンペーンで高額還元や割引など。

 

『インターネットプロバイダー』と『インターネット回線』
どちらかだけの契約でインターネットは利用できる?

 

<出典:NTT東日本公式サイト

 

インターネット回線を提供するサービス会社と、プロバイダーの会社が提供しているサービスは違うことを上記で案内をしてきました。

※(一旦戻って内容を確認したい方は、こちらをクリック。)

 

プロバイダーのサービスは、インターネットとお客を繋げてくれる役割があります。

仲介がいなくても、直接インターネットアドレスを打ち込めば良いのでは?と思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、インターネットでサイトを見たり検索をするときには、自分のインターネット上の住所がないと見ることが出来ません。

 

このインターネット上の住所を『IPアドレス』といい、プロバイダを契約することで契約者に割り振られるようになっています。

 

ヒカリちゃん
インターネットを使うにはIPアドレスが必要なんだね。

 

プロバイダー契約をしないと、どうなるの?

一般的に、ネット回線だけの契約しかしなくて、ネットに繋がらない場合、ネット回線会社側から『プロバイダー契約が必要ですよ!』と案内されることがほとんどです。

もしプロバイダー契約をしていないことで、ネット回線に繋がらない場合は、問い合わせれば、プロバイダー契約の方法を案内してもらえます。

 

ネット回線の契約時には、「光回線とプロバイダー」は必ずセットで契約が必要となります。

 

『光コラボレーション』がスタートしている

 

『光コラボレーション』というネット回線の卸売りサービスが2015年からスタートしています。

※『光コラボレーション』の場合、ネット回線会社が、プロバイダー契約を行ってくれています。

 

この光コラボレーションは2015年頃から始まっていて、「ドコモ光」「ソフトバンク光」「OCN光」「ビッグローブ光」など大手のほとんどが、参入しています。
『光コラボレーション』では無い回線として、「auひかり」、「NURO光」、「フレッツ光」や、電力系の「ビビック光」「eo光」「コミュファ光」などがあります。これらの回線は、自社回線を使っているので、『光コラボレーション』ではありません。

 

 

結論として、『光コラボレーション』とその他の回線のどちらがお得か?は、その時々の、キャンペーン額や、契約年数などによって異なるため、どちらがお得か?は、その時々で最適な回線を選ぶことが、もっともオススメです。

 

↓下記テーブルに比較表にして、まとめています。

 

 

●「光回線&プロバイダー」の契約についてのまとめ  ・インターネットを使用するためには必ず
「インターネット回線(光回線)+プロバイダー」契約が必要

・なかには光コラボレーションといって、
「インターネット回線(光回線)+プロバイダー」が
予めセットになって販売されている商品もある。

 

ネット回線コンシェルジュ
光コラボレーション以外は

インターネット回線とセットで、

プロバイダー契約も必要だね。

有名な『インターネットプロバイダー』にはどんなサービスがある?
オススメの『プロバイダー』は?

■有名なプロバイダーサービスの一部

 

 

<出典:NTT東日本公式サイト

 

インターネットのプロバイダーは、どれくらいあるのでしょうか?大手の会社から中小規模な会社も含めると、その数はなんと500社以上あるといわれています。そんなに多いと選べないように感じるかも知れませんが、多くの方が利用しているのはその中でも30~40社程度。

 

 

大手のプロバイダーで有名なところは

@nifty(アット・ニフティー)                   ASAHIネットアサヒネット
BB.exciteBBエキサイト)                      BIGLOBEビッグローブ
DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)    hi-ho(ハイホー)
OCN(オーシーエヌ)              plala(ぷらら)
So-netソネット)            WAKWAK(わくわく)

上記の10社と"auひかりのプロバイダー au one net(エーユーワンネット)”が有名です。

 

プロバイダーの会社を選ぶときは、契約する光回線によって選べるプロバイダーが変わるので、選ぶ光回線に対応しているプロバイダーから選ぶようにしてください。また、光回線とセットで受けられるネット割引や、申し込むことで携帯料金の割引を受けられるところもあるため、総合的なコスト面を考慮して選ぶのが良いでしょう。

 

 

ミケネコ先生
プロバイダーを選ぶときは、

トータルコストで考えましょう!

 

 

●有名なプロバイダーやオススメのプロバイダーについてのまとめ 
・プロバイダーは数多くあるが、その中でも有名なプロバイダーは11社ほど。
・契約するインターネット回線によって選択できるプロバイダーは違うので確認が必要。
・プロバイダーを選ぶときは、セットで申し込みで受けられるネット割引や携帯料金の割引などトータルコストで選ぶ。

有名な『インターネット回線』にはどんなサービスがある?
オススメの光回線は?

【有名なインターネット回線事業者】

設備 サービス名
NTT東西が設備を提供 フレッツ光
NTT東西の設備を
借り受けて提供
(光コラボ)
ドコモ光/ソフトバンク光/BIGLOBE光
/So-net光/OCN光/@nifty光
ぷらら光/エキサイト光/DTI光
など数百社
NTT以外の独自設備を利用

auひかり(KDDIが提供)

NURO光(So-netが提供)


インターネットのサービス会社で有名な会社は、フレッツ光やauひかり、NURO光などです。

 

また、最近では光コラボ回線※1の『ドコモ光』や、『ソフトバンク光』、『ビッグローブ光』』 等だと、携帯電話使用料金が割引になるため有名となっています。

 

※1 2015年にNTT東西が他社に光回線の設備を開放してから、数百に登る独自の光回線が開始されました。NTTの回線を借りて独自のブランドを提供されたサービスを光コラボレーションモデル(光コラボ回線)といいます。

 

インターネット回線を選ぶときは、プロバイダーを選ぶときと同様に、「光回線+プロバイダー+その他特典や割引」のトータルコストで選ぶことが大切です。

 

●有名なインターネット回線とオススメの光回線についてのまとめ  ・インターネット回線で有名なのは、フレッツ光・auひかり・NURO光など。
・最近では携帯電話使用料金などが割引になる「光コラボ回線」も有名。
・インターネット回線を選ぶときは、
「光回線+プロバイダー+その他特典や割引」のトータルコストで考える。

 

ヒカリちゃん
光回線を契約するときは、

受けられる割引や特典を考えて

安くなる組み合わせがオススメなんだね!

どんな光回線でも『プロバイダー』を選択して利用できる?
『プロバイダー』を選択できる光回線と
『プロバイダ一体型』の光回線にはどんなサービスがある?

種類 サービス名(プロバイダー)
プロバイダーが
選択可能な
光回線

フレッツ光(選べるプロバイダーはこちら

auひかり(選べるプロバイダーはこちら

ドコモ光(選べるプロバイダーはこちら

プロバイダーが
一体になって
いる光回線

NURO光(プロバイダー:So-net)

ソフトバンク光(プロバイダー:Yahoo! BB)

BIGLOBE光(プロバイダー:BIGLOBE)

So-net光(プロバイダー:So-net)

OCN光(プロバイダー:OCM)

@nifty光(プロバイダー:@nifty)

ぷらら光(プロバイダー:ぷらら)

エキサイト光(プロバイダー:BB excite)

DTI光(プロバイダー:DTI)

など他にも数百社あり

 

どんな光回線を使ってもプロバイダーを選択することができるのでしょうか?

プロバイダーを選択できるプロバイダーは昔と比べると少なくなっています。プロバイダーが選べるインターネット回線は、"フレッツ光やauひかり、ドコモ光”などがあります。「フレッツ光・auひかり・ドコモ光」の3社ではどんなプロバイダーを選べるのか見ていきましょう。

 

プロバイダーを選べる光回線

[フレッツ光]

フレッツ光で選べる10社のプロバイダーは、■有名なプロバイダーサービスについてのまとめで記載しています。

フレッツ光のプロバイダーをもう一度確認したい方は、こちらをクリック

 

[auひかり]

auひかりで選択可能なプロバイダは、

@nifty(アット・ニフティー)   @T COM(アットティーコム)
ASAHIネット(アサヒネット)  au one net(エーユーワンネット)
BIGLOBE(ビッグローブ)     DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)
So-net(ソネット)

 

の7社となっています。

auひかりを契約する方は、プロバイダも au の au one net(エーユーワンネット)を選ぶ方が多いようです。

 

【ドコモ光】

尚、ドコモ光の選択可能なプロバイダはタイプ別で違っているため、サイトからご確認ください。ドコモ光のプロバイダを確認したい方は、こちらをクリック

 

続いて、プロバイダ一体型で有名な光回線をご紹介します。

 

 

"プロバイダーが選べない”プロバイダ一体型の光回線

プロバイダーが一体型の光回線で有名なのは、

 

NURO光(プロバイダー:So-net)、ソフトバンク光(プロバイダー:Yahoo! BB)、BIGLOBE光(プロバイダー:BIGLOBE)などです。他にも有名なプロバイダ一体型の光回線は上記表にてご確認ください。

 

※プロバイダーが一体型になっている光回線に関しては、特定のプロバイダーと必ず契約することになるので、プロバイダー選択はできないので注意しましょう。

 

 

●光回線とプロバイダーについてのまとめ

・光回線を申し込みするときは、

 プロバイダーを"選べる光回線と選べない光回線”がある。

・プロバイダーが選べる光回線として有名なのが「フレッツ光・auひかり・ドコモ光」など。
・プロバイダ一体型では、「NURO光・ソフトバンク光・BIGLOBE光」などが有名。
・プロバイダ一体型では、特定のプロバイダーと必ず契約になるので注意。

 

ネット回線コンシェルジュ
現在使っているプロバイダーを継続したい場合は、

プロバイダ一体型を契約すると引き継げないので注意しよう!

 

インターネットは『プロバイダー単体』で比較するよりも、
『ネット回線』+『プロバイダー』+『セット割引』の
合計料金で比較するほうが正確!お得に割引適用!

【オススメの光回線サービス】

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー


【公式外の上乗せweb独自特典】

+最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:10000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大18000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

NURO光

(関東東海

関西限定)

[2年]
[集合住宅は
3年あり]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

【NURO光公式】

工事費無料キャッシュバック


【公式外の上乗せweb独自特典】
+最大35000円キャンペーン

PS4無料プレゼント

ビッグローブ光

[3年]

『auスマホ割』

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

【ビッグローブ光公式】

工事費無料
フレッツからの違約金負担

【公式外のweb独自特典】

 最大55000円特典

インターネットは『プロバイダー単体』で比較するよりも、『ネット回線』+『プロバイダー』+『セット割引』の合計料金で比較する方がお得となります。

 

「au・ドコモ・ソフトバンク」の携帯電話をお持ちの方は、それぞれの携帯電話ユーザーに対して割引になる光回線を契約するのがオススメです。各携帯電話メーカー別にお得な光回線をご紹介していきます。

 

【auユーザーがお得になる光回線】

 

auユーザーが契約するとお得になる光回線は、「auひかり or BIGLOBE光」の2つです。

2つの光回線を契約するメリットをご紹介します。

 

・auひかり

 

auひかりを契約するとau携帯電話使用料金に割引が毎月入るだけでなく、工事費用分の最大37500円を使用料金から割引になり実質工事費が無料となるサービスが受けられます。また、他社から乗りかえで違約金が発生した場合に最大3万円のキャッシュバックが貰えるなどのメリットもありお得です。

 

・BIGLOBE光

 

BIGLOBE光を契約しても、毎月au携帯電話使用料金に割引が入ります。それに加えて、工事費無料キャンペーンや他社からの乗りかえ時の違約金負担。さらには、代理店からの申し込みで最大5万5千円の高額還元などもおこなっていてお得に乗りかえることができます。

 

※工事費無料キャンペーン・他社から乗りかえ違約金負担などは、申し込み時にキャンペーンが対象となるかについて、各種キャンペーンサイトにて適用期日を、ご確認ください。

 

【ドコモユーザーがお得になる光回線】

ドコモユーザーがお得になる光回線は、ドコモ光です。

 

『ドコモ光』

公式webキャンペーン
ドコモdポイント還元最大10000円分pt

+「スマホ割」最大3500円/月!

 

GMOとくとくBB限定!v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターが0円!

さらに上乗せweb独自特典最大最大18000円

 

『ドコモ光』の場合、工事費全額・半額無料キャンペーンは、現在ありません。

 

急遽、2019年の期間限定で、工事費無料キャンペーンが開始しています。
(条件は、『新規の申込み』または『フレッツ光に加入中であること』のいずれかが条件です。上記リンク先の『詳しくはこちら』ボタンを開くと、確認できます。)

 

 

 

【ソフトバンクユーザーがお得になる光回線】

ソフトバンクユーザーが契約するとお得になる光回線は、「ソフトバンク光 or  NURO光」の2つです。

2つの光回線を契約するメリットをご紹介します。

 

【ソフトバンク光】

 

公式web工事費用分最大24,000円割引!(実質工事料0円
+あんしん乗り換えキャンペーン
違約金
+工事費最大100,000円負担

+「おうち割り光セット」最大1,000円/月(最大10台まで)

 

上乗せweb独自特典!最大59000円!

 

 

※各種キャンペーン終了時期は未定となっています。申し込み時にキャンペーンが適用になるかは各種キャンペーンサイトからご確認ください。

 

【NURO光】

 

公式特典

新規工事費用割引:最大40000円(実質工事費0円)

 

+さらに最大35000円キャッシュバック!

(または、PlayStation®4キャンペーン )

 

 

 

au・ドコモ・ソフトバンクの携帯を利用している方は、それぞれ携帯料金が割引となる光回線を選んで、月々の支払いをお安くしてはみませんか?

 

ヒカリちゃん
インターネット回線とプロバイダーは、

利用状況に合わせたトータルコストを考えてえらんでみよう!

 

●プロバイダと光回線まとめ 
1.光回線とプロバイダーの違い
光回線はインターネットを繋ぐためのレール(インターネット回線)を提供。
プロバイダーはインターネットを繋ぐためのIPSを割り振ってくれて、検索をサポートしてくれる光回線業者との仲介役。

2.光回線とプロバイダーの選び方
光回線とプロバイダーを選ぶときは、各種キャンペーンや割引などのトータルコストで考えて決めるのが大切。

 

 

 

プロバイダと光回線まとめ 

・1.光回線とプロバイダーの違い
光回線はインターネットを繋ぐためのレール(インターネット回線)を提供。
プロバイダーはインターネットを繋ぐためのIPSを割り振ってくれて、検索をサポートしてくれる光回線業者との仲介役。

2.光回線とプロバイダーの選び方
光回線とプロバイダーを選ぶときは、各種キャンペーンや割引などのトータルコストで考えて決めるのが大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

-ネット回線, プロバイダー・特典

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.