ネット回線 プロバイダー・特典

2019年お得なプロバイダーオススメ比較 インターネット回線光回線

更新日:

 

ヒカリちゃん

これから光回線とかプロバイダーの加入を考えている方には

どんなサービスがオススメなの?

 

 

ヒカリちゃん

光回線は多くの種類があるけどオススメできる光回線はほんの一握りだ!

この記事ではほとんどの方が利用している人気の

光回線×プロバイダーに関して説明をしていきます!

 

 

2019'おすすめのプロバイダー&インターネット光回線

一戸建て&マンション(一人暮らし)の場合

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

フレッツ光
東日本
・ギガプラン

[2年〜]

『スマホ割

なし』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+800円[事務手数料]
戸建て
5700円/月
マンション
4350円/月

+プロバイダ料
〜1200円

【フレッツ公式】:なし

最大45000円

(法人 個人事業主 店舗のみ)

フレッツ光
西日本
・ギガプラン

[2年〜]

『スマホ割

なし』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+800円[事務手数料]
戸建て
5400円/月
マンション
4500円/月

+プロバイダ料
1000円程

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー


【公式外の上乗せweb独自特典】

+最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大15000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

NURO光

(関東東海

関西限定)

[2年]
[集合住宅は
3年あり]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

【NURO光公式】

工事費無料キャッシュバック


【公式外の上乗せweb独自特典】
+最大35000円キャンペーン

PS4無料プレゼント

ビッグローブ光

[3年]

『auスマホ割』

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

【ビッグローブ光公式】

工事費無料
フレッツからの違約金負担
【公式外のweb独自特典】

 最大55000円特典

J:COM

[2年]

『スマホ割

なし』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
37500円[工事費]

+3000円[事務手数料]
戸建て
6500円/月 
マンション
6000円 /月

ーなし

eo光

[3年:即割]
[5年:長割]

『auスマホ割』

戸建て
~27000円[工事費]
マンション
~27000円[工事費]

※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
4953円/月
マンション
3534円/月

最大10000円分商品券
スーパースタート割

OCN光

『OCN

モバイル

スマホ割』

戸建て
〜18000円[工事費]
マンション
〜15000円[工事費]
※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
4700円/月

最大5000円
キャッシュバック

ビビッグ光
(BBIQ光)

『auスマホ割』

戸建て
〜25400円[工事費]
マンション
〜25400円[工事費]
※工事費用
+800円[事務手数料]
戸建て
5800円/月
マンション
〜5800円/月

なし

コミュファ光

『auスマホ割』

戸建て
〜25000円[工事費]
※工事費用 (初期費用)
+3000円[事務手数料]
戸建て
3990円/月
マンション
5550円/月

最大9万4千円
キャッシュバック

スマホセット割:
『au』

ピカラ光

『auスマホ割』

戸建て
0円[工事費]
マンション
0円[工事費]

※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

最大25000円
キャッシュバック
auセット割カペルスキー

メガエッグ

『auスマホ割』

戸建て
〜25000円[工事費]
マンション
〜25000円[工事費]

※工事費用 (初期費用)
+3000円[事務手数料]
戸建て
5710円/月 
マンション
4581円/月

最大[megaegg_komaXcam] キャッシュバック

なし

 

光回線は上記の表にあげたサービス以外にも様々なサービスがあります。

 

NTT東西の光回線の設備を卸売りで利用している回線が数百サービスほどあるため、「これからインターネットを始めよう

」と考えている方にとっては、どの光回線orプロバイダーにすればいいのか迷うところ。

 

ただ、たくさんあるサービスの中でほとんどの方が加入しているのが上記の光回線です。

 

ここからどういった方にどんな光回線がオススメなのか簡単に説明していきます。

 

 

ドコモユーザーはドコモ光一択!

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大15000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

 

 

 

【ドコモ光の割引額】

『ドコモ光セット割』
(ドコモ光パック)

条件:
ドコモ端末を契約
かつ
ドコモ光に契約

ベーシックパック   : 800円〜100円/月割引
ウルトラデータパック : 1600円〜500円/月割引
ケータイパック    : 500円/月割引

※初年度(契約後4年以下まで)の割引額

ドコモのスマホ・タブレット(iPhone iPad Android等)
を使っていることで、受けられるドコモ光パック(セット割)
※「ずっとドコモ割プラス」4〜15年との併用も可能

『ずっとドコモ割プラス』
(長期契約の割引)

条件:
ドコモ端末を
4年以上契約している場合

 さらに

ベーシックパック   : 1200円〜100円/月割引
ウルトラパック    : 2500円〜100円/月割引

※ドコモ端末を4年〜8年未満契約中の割引額

「ドコモ」契約を4・8・10・15年契約している場合
※ドコモ光セット割との併用も可能

『光★複数割』

さらに 300円/月割引

「ドコモ光」を家族で、2回線以上契約している場合

『ドコモ光 プランを
月額500円割引」
期間限定割引き
(ドコモ光セット割り以外)

さらに 500円/月割引

データSパックや旧料金プランなどで

「ドコモ光」を使う場合
(契約後1年間のみ)

対象プラン:
Xi総合プラン/FOMA総合プラン/Xiデータプラン/

FOMAデータプラン/料金プラン
(データSパック/らくらくパック/
ケータイパック/パケットパックなし)

 

 

光回線のサービスがたくさんあると、どの光回線にしていいのか迷ってしまうところですが、選び方は簡単です。

 

それは「光回線×プロバイダーの料金-(マイナス)セット割の料金」でインターネット料金を計算すること。

 

重要なのが『セット割』の部分で、例えばドコモ光を利用するとインターネット料金とは別にドコモの携帯料金が家族も含めて毎月割引されますが、そういった『セット割』がある光回線とない光回線とがあります。

 

『セット割』がない光回線はほとんどの場合、『セット割』がある光回線よりもお得ではないため、オススメしません。

 

ここでいうと、ドコモの携帯電話料金が割引されるのはドコモ光のみのため、ドコモユーザーはドコモ光にしておけば一番お得に光回線を利用することができます。

 

インターネット料金はプロバイダー料金も込みで戸建ての場合5,200円、マンションの場合は4,000円ですが、それとは別にドコモの携帯電話料金割引が毎月発生します。

 

例えば家族でウルトラシェアパック30を利用している場合は毎月2,500円もの携帯電話料金が発生します。

 

一人でドコモの携帯を利用している方でも、例えばデータLパックを利用している場合は毎月1,400円の携帯電話料金割引が発生します。

 

これを「光回線×プロバイダーの料金-(マイナス)セット割の料金」で計算すると実質の料金は下記の通り。

 

ドコモ光の実質料金 月額料金 携帯電話料金割引 実質料金
戸建て 5,200円 家族で利用 -2,500円 2,700円
一人で利用   -1,400円 3,800円
マンション 4,000円 家族で利用 -2,500円 1,500円
一人で利用   -1,400円 2,600円

 

光回線の最安値はenひかりというサービスで、戸建てが4,300円、マンションが3,300円で利用できますが、enひかりにはセット割引がありません。

 

ドコモ光は「料金が高い」と言われることもありますが、セット割引を入れて実質のインターネット料金を計算すると、最安値の光回線よりも安く利用できることがわかります。

 

 

auユーザーはauひかりorビッグローブ光!
西日本なら電力系の光回線もあり!

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー


【公式外の上乗せweb独自特典】

+最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

ビッグローブ光

[3年]

『auスマホ割』

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

【ビッグローブ光公式】

工事費無料
フレッツからの違約金負担
【公式外のweb独自特典】

 最大55000円特典

 

【auスマートバリューの携帯電話料金割引額】

データプラン名 割引額
データ定額10/13/30

最大2年間

2,000円/月 OFF

2年以降永年934円/月OFF

データ定額5/8/20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)
LTEフラットfor DATA(m)
最大2年間
1,410円/月OFF

2年以降永年934円/月OFF
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
 永年934円/月OFF
 データ定額1  最大2年間
934円/月OFF 

2年以降500円/月OFF
U18データ定額20

適用期間中

1,410円/月OFF

LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)
(ゼロスタート定額)
※新規受付終了
永年1,000円/月OFF

 

auの携帯電話料金を利用している方にオススメなのが、auひかりやビッグローブ光です。

 

というのもこの2つの光回線は、auの携帯電話料金が大きく安くなるauスマートバリューに対応しているから。

 

auスマートバリューの割引は、家族も含めて利用している携帯電話台数が増えれば増えるほど割引も大きくなる仕組みで、例えばデータ定額5を家族で4台利用していた場合の割引額は下記の通り。

 

  • はじめの2年間は毎月5,640円
  • 3年目以降は毎月3,736円の割引

 

auの携帯電話を利用している方は、auひかりやビッグローブ光を使うことで、毎月のインターネット料金とは別に上記のような携帯電話料金割引を毎月受けることができます。

 

auひかりとビッグローブ光のどちらを使うべきかという点に関しては、auひかりが提供エリアならauひかりを、auひかりが提供エリア外ならビッグローブ光を申込むという選び方をしておけば間違いありません。

 

 

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光orNURO光がオススメ!

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

NURO光

(関東東海

関西限定)

[2年]
[集合住宅は
3年あり]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

【NURO光公式】

工事費無料キャッシュバック


【公式外の上乗せweb独自特典】
+最大35000円キャンペーン

PS4無料プレゼント

【ソフトバンク おうち割の割引額】

スマ放題 / スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB

1,000円 / 月

データ定額ミニ 2GB /1GB
データ定額(3Gケータイ)

500円 / 月

上記以外のプラン
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+

1,000円 / 月

パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G

500円 / 月

ソフトバンクの携帯電話を利用している方は、ドコモ光やauひかりと同じように、ソフトバンク光かNURO光を使うことでソフトバンクの携帯電話料金割引を毎月受けることができます。

 

こちらもauスマートバリューと同じように、家族も含めてソフトバンクの携帯電話を多く利用していればしているほど割引額が増える仕組みです。

 

例えばデータ定額5GBのプランで家族で4台スマートフォンを利用していた場合、毎月の携帯電話料金割引額は4,000円。

 

インターネット料金から携帯電話料金割引額をマイナスすると、マンションタイプ等の場合は実質インターネット料金がかからずに光回線を利用することも可能です。

 

NURO光はソフトバンク光よりも安い料金設定になっていて、加えてWiFiやセキュリティソフトが無料で使えるため、非常に人気の高い光回線です。

 

ただ、提供エリアが関東・東海・関西に限られるため、ソフトバンクユーザーの方は、NURO光の提供エリアならNURO光を、NURO光が使えない場合はソフトバンク光を選ぶというのが一番オススメの選び方です。

 

 

 

フレッツ光は月額料金・キャンペーンともに全くお得ではないのでオススメしない!

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

フレッツ光
東日本
・ギガプラン

[2年〜]

『スマホ割

なし』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+800円[事務手数料]
戸建て
5700円/月
マンション
4350円/月

+プロバイダ料
〜1200円

【フレッツ公式】:なし

最大45000円

(法人 個人事業主 店舗のみ)

フレッツ光
西日本
・ギガプラン

[2年〜]

『スマホ割

なし』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+800円[事務手数料]
戸建て
5400円/月
マンション
4500円/月

+プロバイダ料
1000円程

 

 

昔から人気の高いフレッツ光ですが、先に結論からいうと今は全くオススメできません。

 

というのも、月額料金・セット割引・キャンペーン全てにおいて全くお得ではないから。

 

 

他の光回線がプロバイダー料金込みで利用できるようになっているのに対して、フレッツ光は回線料金以外にプロバイダー料金が発生します。プロバイダー料金を含めて考えると他の光回線よりも月額料金が割高になります。

 

また、フレッツ光にはドコモ光やauひかり・ソフトバンク光のようなセット割引は一切ありません。

 

加えて他の主要な光回線がキャッシュバック等を行っている中、フレッツ光は法人ユーザーに対してしかキャッシュバック等は行っておりません。

 

個人のユーザーの方がフレッツ光を利用しても、毎月の料金が高い・セット割引が何もない・キャッシュバック等の特典を受け取れないと全くお得ではないため、オススメできません。

 

フレッツ光の申込みを検討している方は、他の光回線を検討することを強くオススメします。

 

 

プロバイダー契約乗り換えの際の『プロバイダー契約なしの回線って?』
:光コラボレーション

 

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大15000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

NURO光

(関東東海

関西限定)

[2年]
[集合住宅は
3年あり]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

【NURO光公式】

工事費無料キャッシュバック


【公式外の上乗せweb独自特典】
+最大35000円キャンペーン

PS4無料プレゼント

ビッグローブ光

[3年]

『auスマホ割』

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

【ビッグローブ光公式】

工事費無料
フレッツからの違約金負担
【公式外のweb独自特典】

 最大55000円特典

OCN光

『OCN

モバイル

スマホ割』

戸建て
〜18000円[工事費]
マンション
〜15000円[工事費]
※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
4700円/月

最大5000円
キャッシュバック

 

フレッツ光が一番人気があった数年前までは、光回線と言えば、回線料金とプロバイダー料金が別れて発生するのが普通でした。

 

ただ、上記にあげたような今人気のある光回線は全てプロバイダー料金が光回線の料金に組み込まれているため、別にプロバイダーを契約したりプロバイダー料金を支払う必要はありません。

 

プロバイダー料金が既に光回線の料金に組み込まれているため、「プロバイダーは不要なの?」と勘違いされる方がいらっしゃいますが、インターネットを利用する時にプロバイダーは必須です。

 

ただ、プロバイダー料金がセットになっている光回線の場合は光回線の料金とは別にプロバイダー料金を支払う必要はないというだけです。

 

今は数百とも言われる光回線のサービスがありますが、プロバイダー料金を回線料金と全く別にしているのは、フレッツ光ぐらいのもので、他の光回線はほとんどプロバイダー料金が別にかからないようになっています。

 

 

プロバイダー&インタネーネット回線契約の
『乗換え』・『変更』・『新規』の違いって?

プロバイダー&インターネット回線契約の申込みには、『新規』申込みと『乗換え(変更)』申込みの2種類の手続き方法があります。

 

『新規申込み』というのは、その名前の通りで、光回線でプロバイダーもネット回線も引いていない場合に申込みをすることを新規申込みと言います。

 

例えば全く何もインターネットを利用していない方が光回線の申込みをしたり、ADSLを利用している方が光回線を申込んだ場合は『新規』申込みの扱いになり、キャッシュバック等の新規申込者向けキャンペーンを受けることができます。

 

『乗換え(変更)』申込みもその名前の通りですが、既にプロバイダーや光回線を利用している方が、プロバイダーを変更したり光回線を変更することを言います。

 

『乗換え(変更)』申込みで光回線ごと切り替える場合には、新規申込みのキャンペーンに加えて乗換え申込み者向けのキャンペーンを受けることも可能です。

 

例えば、auひかりやソフトバンク光では乗り換え申込者に向けて、他社違約金のキャッシュバック等を行っています。

 

 

 オンラインゲーム(FF14・PS4等)のおすすめのプロバイダーって?

いま若い方を中心にオンラインゲームを楽しむ方が非常に多くなっています。

 

一人でゲームをして遊ぶよりは、世界中の人達とオンラインでつながりながらゲームが出来るので、同じゲームをするにしても楽しさが倍増することは間違いありません。

 

ただ、このオンラインゲームを楽しむ時に悩みになるのが『インターネット環境』です。

 

オンラインゲームを快適に楽しむためには、主に下記の3つが条件と言われています。

 

  • インターネット速度
  • 速度の安定性
  • ping値

 

ゲームにもよりますが、オンラインゲームは基本的に一定の速度が出るインターネット環境と膨大な通信量が必要になります。

 

そのため、ADSLやLTE等のモバイル系のインターネット回線は全くオススメできません。オンラインゲームを楽しむのであれば、光回線やCATV等のいわゆる高速回線が必要になります。

 

また、速度の安定性ということも重要です。例えば、ある時点では速度が200Mbps出ているのにある時点では1Mbpsを切手しまうということが頻発すると、オンラインゲームが接続が途切れがちになり快適に利用できなくなります。

 

最後に3つ目のping値ですが、これもオンラインゲームを楽しむ上で非常に重要な項目の1つです。

 

ping値というのは簡単にいうと、「何かアクションを起こした場合のネットの反応時間」のこと。

 

このping値が高ければ高いほど反応に時間がかかり、低ければ低いほどアクションを起こした場合の反応時間が少なくなります。

 

オンラインゲームを快適に楽しめるping値は、だいたい60ms以下だと言われています。

 

大手のプロバイダーであればping値が60ms以上になることはあまりありませんが、激安のプロバイダーや規模が小さなプロバイダーの場合はping値が60ms以上になることもありますので注意が必要です。

 

これらの『速度・安定性・ping値』という点でオンラインゲームを楽しんでいる方に評判が高いのは、NURO光です。

 

また、NURO光が利用できない方は、ドコモ光やauひかり・ソフトバンク光等の大手の光回線・プロバイダーがオススメです。

 

オンラインゲームメインで光回線を選ぶという方は規模が小さな光回線にすることはあまりオススメしません。

 

 

 

 

-ネット回線, プロバイダー・特典

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.