ネット回線 プロバイダー・特典

2019【プロバイダ契約】必ず特典の活用を!プロバイダー料金は必要?

更新日:

ヒカリちゃん

インターネットのこと調べてるとプロバイダーってよく聞くけど

そもそもプロバイダーって何?どれぐらい料金がかかるの?

 

 

ヒカリちゃん

プロバイダーの料金は会社によって違ってくるよ!

それにプロバイダーの料金だけで比較しても全く意味はないんだ!

この記事ではプロバイダーの役割と料金について詳しく解説していきます!

 

プロバイダー料金って必ず支払う必要があるの?
プロバイダーにはどんな役割があって
何に料金を支払わなければいけないの?

プロバイダーの役割とは?契約は必要?

インターネットの契約をしたいと思って色々調べていると『光回線』『フレッツ光』『プロバイダー』など、様々な言葉が出てくると思います。

 

 

光回線とは、『フレッツ光』や『auひかり』などの名称がついている、インターネットに繋げるための回線のことを指します。電柱などから、光ファイバー回線を自宅に引き込み、インターネットを接続するまでの道を作ります。

 

プロバイダーとは、『ぷらら』『ソネット』『OCN』『@nifty』など様々な会社がありますが、光回線などのインターネット接続をするための複雑な手順を、私たちの代わりに行ってくれます

 

光回線⇒インターネット回線の提供

プロバイダー⇒インターネット回線接続サービス、メール、セキュリティなどオプション

 

と、役割が分かれています。

 

ミケネコ先生
プロバイダーをざっくりと説明すると、
インターネット接続するための窓口なんです!

 

インターネット回線を使うために

必要な窓口なので、
必ず契約する必要があるんです。

 

 

 

ヒカリちゃん
光回線とプロバイダーは

セットで契約する必要が

あるんだね!

 

 

 

どうしてプロバイダーに料金を支払うの?

上記でご説明をした通り、光回線の工事をしただけでは、インターネットを利用することができません。

『プロバイダー』と契約することによって、初めてインターネット接続することができます。

 

 

プロバイダーはISP(インターネットサービスプロバイダ)と呼ばれ、インターネットを接続するサービス、また、メールやセキュリティサービス、インターネットを利用した様々なオプションサービスを提供しています。

プロバイダーにはインターネットの接続料金を支払う必要があります。

 

 

ミケネコ先生
ただ、現在は光回線』と『プロバイダ』が一緒になった『光コラボレーションサービスが主流になってきているんです!

 

ヒカリちゃん
NTT東日本・西日本の『フレッツ光』と、

プロバイダーサービスが

一本化されて、ひとつの

サービスになったんだよね!

 

 

ミケネコ先生
『 auひかり』も、

インターネット回線と

プロバイダー料金が一体になっていて、

決められた7社のどのプロバイダーを選んでも、

月額料金は変わらないんです。

 

 

 

ヒカリちゃん
光回線とプロバイダーに支払っていた料金を、

プロバイダーが一括でまとめてくれる

から請求も一か所だし、

色々な手続きも

1個所で済むから楽だね。

 

 

 

プロバイダーの料金は高い・安い?
光回線によってプロバイダー料金って変わるの?

プロバイダー料金というのは、各社で多少の差がありますが、プロバイダーの料金だけで考えるのは、あまり意味がありません

インターネット接続には、『光回線』+『プロバイダー』がセットで必要なので、トータルでの料金を見る必要があります。

 

現在は、『光コラボレーション』や『auひかり』『NURO光』など、ほとんどが光回線とプロバイダー料金がセットになったサービスになっていますので、各社の料金の比較もしやすくなりました。

 

 

光回線によって料金は変わる?

光回線は『フレッツ光』『auひかり』『NURO光』などがあり、光コラボレーションサービスは『フレッツ光』の回線を利用したサービスとなっています。

 

光回線は、それぞれ提供している会社がちがうため、料金も異なります。

 

光回線の料金というより、『プロバイダー』+『光回線』のトータルの金額を見ていった方が、『インターネット料金』を比較しやすくなります。

 

現在は、プロバイダーと光回線を一本化した『光コラボレーションサービス』『auひかり』や、プロバイダーがソネットのみとなっている『NURO光』など、ほとんどが、光回線+プロバイダー料金のセットとなっています。

 

 

ミケネコ先生
プロバイダーの料金だけを比較することはなくなってきたけど、各社の光回線のセット料金は違うため、しっかりと比較していくことが大事です!

 

 

 

ヒカリちゃん
一番下に、大手のプロバイダーの月額料金を比較した表があるので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

 

現在は、光回線+プロバイダー込み
の料金が増えてきている

今まで、プロバイダーと光回線はセットで契約する必要がある、ということをご紹介してきましたが、現在プロバイダーが提供している光回線は、ほぼ『光回線』+『プロバイダー』が込みになったものとなっています。

 

『NURO光』は、光回線・プロパイダー込のサービスとなっていて、月額料金は4743円となっています。プロバイダーはソネットのみとなっています。

 

『ドコモ光』は、26のプロバイダを選ぶことができ、『タイプA』『タイプB』とプロバイダが分かれていますが、どちらもプロバイダ・光回線込の料金で提供されています。

 

『auひかり』は、@nifty・@TCOM・AsahiNet・So-net・au one net・BIGLOBE・DTIの7社から利用するプロバイダーを選べますが、どのプロバイダーを選んでも月額料金は変わりません。

 

 

 

ネット回線コンシェルジュ
現在は、どのプロバイダーも、ほとんどが光回線とプロバイダーの料金を一本化して提供しています。ユーザーにとって手続きや料金比較がしやすくなりました。

 

 

プロバイダーの申込み手続きは光回線とは
別に必ず必要?

プロバイダーと光回線は、インターネット接続をするためには必ず契約する必要があります。

 

現在は光回線とプロバイダーが一緒になった商品がほとんどで、申し込みを別々にする必要はなくなってきました

 

例えば、『auひかり』は7社のプロバイダから1つ選ぶ必要がありますが、申し込み時にプロバイダ+光回線の手続きを行うことができます。

 

『ビッグローブ光』『ソネット光』など、NTTフレッツ光回線を利用した『光コラボレーションサービス』は、光回線とプロバイダーがセットになった商品ですので、別々に申し込みをする必要はありません。

 

ミケネコ先生
今は、ほとんどの光回線サービスが

『プロバイダー』と『光回線』のセット料金で、

サービス自体も一本化しています。

 

プロバイダーと光回線を

別々に考える必要がなくなってきて、

さらにトータル料金でも

お得になっています。

 

 

 

インターネット料金はプロバイダー単体で考えても意味がない!
回線+プロバイダー+セット割引のトータルで考えないと損をする!

インターネット回線は、様々な割引サービスを提供しています。

もっともお得になるのは、『インターネット回線』『携帯キャリア』などを、同じ会社や提携している会社で統一することで、トータルの通信費を安くできる『セット割』という割引サービスです。

 

いかにコストを抑えるかを考えるときは、プロバイダーの料金を見るのではなく、『インターネット回線』『携帯料金』のセット割を含めてコストを見ることです。

 

この見出しでは、携帯キャリア大手3社のセット割についてご紹介いたします!

 

ネットと携帯をドコモでまとめる『ドコモ光セット割』
4年以上の契約で、『ずっとドコモ割プラス』

 

【ドコモ光の携帯セット割引】

『ドコモ光セット割』
(ドコモ光パック)

条件:
ドコモ端末を契約
かつ
ドコモ光に契約

ベーシックパック   : 800円〜100円/月割引
ウルトラデータパック : 1600円〜500円/月割引
ケータイパック    : 500円/月割引

※初年度(契約後4年以下まで)の割引額

ドコモのスマホ・タブレット(iPhone iPad Android等)
を使っていることで、受けられるドコモ光パック(セット割)
※「ずっとドコモ割プラス」4〜15年との併用も可能

『ずっとドコモ割プラス』
(長期契約の割引)

条件:
ドコモ端末を
4年以上契約している場合

 さらに

ベーシックパック   : 1200円〜100円/月割引
ウルトラパック    : 2500円〜100円/月割引

※ドコモ端末を4年〜8年未満契約中の割引額

「ドコモ」契約を4・8・10・15年契約している場合
※ドコモ光セット割との併用も可能

『光★複数割』

さらに 300円/月割引

「ドコモ光」を家族で、2回線以上契約している場合

『ドコモ光 プランを
月額500円割引」
期間限定割引き
(ドコモ光セット割り以外)

さらに 500円/月割引

データSパックや旧料金プランなどで

「ドコモ光」を使う場合
(契約後1年間のみ)

対象プラン:
Xi総合プラン/FOMA総合プラン/Xiデータプラン/

FOMAデータプラン/料金プラン
(データSパック/らくらくパック/
ケータイパック/パケットパックなし)

 

ドコモのセット割は、ドコモケータイ・スマホの上記の携帯プランと、『ドコモ光』をセットで利用することで、月額の携帯料金が割引されるサービスです。

ドコモ光は、26のプロバイダからお好きなプロバイダを選択することができます。

 

 

ドコモ光のセット割については

2018ドコモ光電話とセット割で過去の固定回線よりオトク!
で詳しくご紹介しています!

『ネット』『ケータイ』『固定電話』の
セットで割引される『auスマートバリュー』

【auスマートバリューの割引額】

データプラン名 割引額
データ定額10/13/30

最大2年間

2,000円/月 OFF

2年以降永年934円/月OFF

データ定額5/8/20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)
LTEフラットfor DATA(m)
最大2年間
1,410円/月OFF

2年以降永年934円/月OFF
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
 永年934円/月OFF
 データ定額1  最大2年間
934円/月OFF 

2年以降500円/月OFF
U18データ定額20

適用期間中

1,410円/月OFF

 

auのセット割は、『auひかり』『auケータイ』『auひかり電話』をセットで利用することで、月々の携帯料金が割引になるセット割『auスマートバリュー』を提供しています。

 

割引額は、データプランで差がありますが、毎月2000円~500円が最大2年間、2年以降は永年934円~500円の割引が適用されます。

 

また、1つのauひかりの契約で、ご家族の携帯10台まで割引対象となっているので、auケータイをお使いの方にオススメの割引サービスです!

 

auスマートバリューは、適用となる光回線が複数あり、auひかりだけでなく

■ビッグローブ光

■ソネット光

■コミュファ光

など、様々な光回線で適用となります。

 

auスマートバリューについては

auひかり&スマートバリューの条件と注意点!
で詳しくご紹介しています!

 

 

『ネット』『ケータイ』『固定電話』の
セットで割引される『ソフトバンクおうち割』

 

【ソフトバンクおうち割の携帯セット割引】

【スマ放題/スマ放題ライト】

データ定額 50GB/20GB/5GB

1,000円/月

データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)

500円/月

【上記以外のプラン】
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+

1,000円/月

パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G

500円/月

ソフトバンク光も、『ネット回線』『ケータイ』『ホワイト光でんわ』(光電話サービス)をセットで利用することで、毎月の携帯料金が1000円~500円割引されるサービスを行っています。

 

ソフトバンクおうち割は、『ソフトバンク光』『NURO光』も対象となっています。

また、1契約で、ご家族の携帯電話が最大10台まで割引対象となるので、ソフトバンクケータイを利用している方は、『ソフトバンク光』『NURO光』をおすすめします。

 

 

 

 

 

回線+プロバイダー+セット割引の組み合わせで
一番お得になる光回線はこれ!

【オススメの光回線サービス】

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー


【公式外の上乗せweb独自特典】

+最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大15000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

NURO光

(関東東海

関西限定)

[2年]
[集合住宅は
3年あり]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

【NURO光公式】

工事費無料キャッシュバック


【公式外の上乗せweb独自特典】
+最大35000円キャンペーン

PS4無料プレゼント

ビッグローブ光

[3年]

『auスマホ割』

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

【ビッグローブ光公式】

工事費無料
フレッツからの違約金負担

【公式外のweb独自特典】

 最大55000円特典

インターネット回線をお得に利用するには、『インターネット』『ケータイ』のセット割を使うことをオススメします。

 

お使いの携帯会社によって、オススメのインターネット回線も変わります。

 

 

 

プロバイダー料金のまとめ


①ドコモをお使いの方は『ドコモ光』

ドコモの携帯を利用している方にオススメのインターネット回線・プロバイダは『ドコモ光』です。

ドコモセット割が利用できるので、通信費のトータルコストを下げることができます。

②auをお使いの方は『auひかり』『ビッグローブ光』

auの携帯をご利用の方にオススメの光回線・プロバイダーは『auひかり』『ビッグローブ光』です。

auスマートバリューが適用されるため、通信費のトータルコストを下げることができます。

また、地域は限定されますが、各電力会社が提供している光回線

  • コミュファ光
  • eo光
  • Pikara光
  • BBIQ
  • MEGA EGG

もauスマートバリューの対象となります。こちらの対象地域地域はauひかりが提供エリア外となっているため(マンションタイプを除く)、auひかりが利用できない方にオススメです。

③ソフトバンクをお使いの方は『ソフトバンク光』『NURO光』

ソフトバンクをご利用の方にオススメの光回線は、『ソフトバンク光』『NURO光』です。

どちらのネット回線も、『ソフトバンクおうち割』を利用することができ、通信費のトータルコストを下げることができます。




 

 

 

 

ヒカリちゃん
インターネット回線は、プロバイダー+光回線をセットで考えることと、使っている携帯とのセット割を使うことで、通信費がお得になります!

 

 

ミケネコ先生
ネット回線も組み合わせ次第で料金がかわってくるので、お得なセット割は必ずチェックしましょう!

 

 

ヒカリちゃん
申し込み方法もとっても大事!

 

申し込む窓口で

キャンペーンはまったく違ってくることも。。

 

上記の表の、特典・キャンペーンは

お得なので、ぜひご確認ください。

 

 

 

-ネット回線, プロバイダー・特典

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.