ネット回線 プロバイダー・特典

2019'プロバイダ料金比較:お得な乗換え光回線のキャンペーンは?

更新日:

ヒカリちゃん

プロバイダーや光回線を乗り換える人って多いの?

乗り換えると違約金とかたくさんかかりそうだけど…

 

 

ヒカリちゃん

プロバイダーや光回線を乗り換える人は多いよ!

それに違約金や工事料金等の出費はキャンペーンで相殺できるから心配はいらないよ!

この記事では、プロバイダー X 光回線の乗換え方法やキャンペーンについて解説していきます!

 

 

 

大手の光回線×プロバイダーの料金を比較!料金を考える上で
大事なことはネット料金だけではなくセット割引!

【大手の光回線の料金比較】

戸建て マンション セット割
フレッツ光(東日本)

5100円

▲プロバイダ料金は別

4450円

▲プロバイダ料金は別

何もなし
フレッツ光(西日本)

5400円

▲プロバイダ料金は別

4500円

▲プロバイダ料金は別

ドコモ光 5200円 4000円

ドコモ携帯料金割引

(平均月2000円~3000円)

auひかり 5100円 3800円

au携帯料金割引

(平均月2000円~3000円)

ビッグローブ光 4980円 3980円
So-net光 4800円 3500円
ソフトバンク光 5200円 3800円

ソフトバンク携帯料金割引

(平均月2000円~3000円)

NURO光 4743円

※マンションでも基本は

戸建てタイプになる

OCN光 5100円 4700円

OCNモバイルONE割引

(1台200円、最大5台まで)

ぷらら光 4800円 3600円

ひかりTV割引

(月600円)

エキサイト光 4360円 3360円 何もなし

※フレッツ光以外は全てプロバイダーセット(込み)での料金です。

 

 

自宅でインターネット回線を利用するためには、プロバイダ契約とインターネット回線の両方が必要となります。

以前は、プロバイダとインターネット回線をそれぞれ契約する必要がありましたが、現在フレッツ光(東日本・西日本)を除いて、プロバイダとインターネット回線をセットで提供するスタイルが主流となりました。

 

また、賃貸住宅では、無料でインターネット回線が利用できるサービスも増えてきました。

 

インターネット料金は、各回線で多少の差はありますが、大きくて月800円程度となっています。
ここで、さらに安い光回線、通信費を安く抑えたいとお考えの場合は、各インターネット回線の月額料金に加えて、携帯との『セット割』を活用することが重要です。

 

 

ヒカリちゃん
プロバイダとインターネット回線、今はセットで提供されているんだね。

 

 

ヒカリちゃん
以前はプロバイダ料金+回線料金と別々に払っていたのよね。

今は、ほとんどがセットになった価格になっているから、比較もしやすくなったね!

 

ミケネコ先生
ネット料金だけを比較するのはもったいないことも多いです。

 

今は、インターネットと

携帯とのセット利用ならば、

『セット割』という

割引サービスがあるためです。

 

セット割をうまく使って、

通信費をもっとお得にできる

可能性があるんです!

 

 

 

インターネット回線はほぼセット料金!
通信費を抑えるなら携帯との『セット割』に注目

【スマホごとのお得回線まとめ】

スマホのキャリア スマホセット割でお得になる回線は??
『au』の場合
  • auひかり
  • ビッグローブ光
  • So-net光     など
『ドコモ』の場合
  • ドコモ光のみ
『ソフトバンク』の場合
  • ソフトバンク光
  • NURO光

 

今日の通信業界では、スマホ(携帯)と、インターネット回線をセットで利用すると、携帯の月額料金が割引される『セット割』という割引サービスが増えてきました。

 

例えば、auユーザーなら、インターネット回線を『auひかり』『ビッグローブ光』『ソネット光』などで契約すると、月々の携帯料金が割引になるサービスです。

 

上記の表のように、携帯のキャリアによってセット割が適用されるインターネット回線が異なります。

ドコモユーザーなら『ドコモ光』、ソフトバンクユーザーなら『ソフトバンク光』『NURO光』がセット割の対象となっています。

 

 

ヒカリちゃん
携帯とネットの『セット割』を利用することで、月々の携帯料金が500円~2000円安くなることも!

 

 

ミケネコ先生
auとソフトバンクのセット割は、

1つのインターネット契約で

家族10台までの携帯が

割引対象になります。

 

家族で利用している場合は

ぜひセット割を活用しましょう!

 

 

 

今フレッツ光を利用している人は早めに乗り換えたほうがいい?
フレッツ光から他社光回線に『転用』で乗り換える方法を解説!

【フレッツ光から転用可能な光回線と転用不可の光回線】

フレッツ光から転用可能な光回線

・工事不要

 (工事費不要)

・機器の変更も不要

・初期費用は数千円程度

・フレッツ光の違約金もなし

ドコモ光 / ソフトバンク光/ So-net光 / ビッグローブ光 / @nifty光 / DTI光 / OCN光 / ぷらら光 / エキサイト光

など数百社

フレッツ光から転用不可の光回線

・工事要

 (工事費も必要)

・機器の変更も必要

・初期費用は光回線による

・フレッツ光の違約金も発生する

auひかり / NURO光 / 電力会社の光回線(コミュファ光 / eo光 / MEGA EGG / PIKARA / BBIQ)

など

フレッツ光を利用している方は
月額料金がもっと安くなる可能性大!

2015年に、『光コラボレーション』がスタートしました。

光コラボレーションとは、ざっくり説明すると、NTT東西のフレッツ光が、プロバイダに光回線を卸提供することで、今までプロバイダとインターネット回線を別々に契約する必要があったものを、1つにまとめて提供できるサービスのことです。

 

さらに、サービスを一本化することによって、料金がより低価格になりました

 

2015年以前にフレッツ光を契約している方は、プロバイダ+フレッツ光の月額料金をそれぞれ支払っています。

現在は、光コラボサービスに移行することを進めており、フレッツ光ユーザー向けに『転用』という、光コラボサービスを提供しているプロバイダになら簡単に乗り換えられるサービスを行っています。

 

フレッツ光から転用できるプロバイダは

ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光・@nifty光・So-net光・OCN光など

数百種類から選択することが可能です。

 

逆に、フレッツ光回線以外の光回線を利用している、auひかり・NURO光・西日本を中心として電力会社系の光回線は、フレッツ光回線から『転用』することはできません。

auひかりなどに『のりかえ』たい場合は、フレッツ光を解約⇒auひかりを新規契約となります。

 

 

ヒカリちゃん
『転用』は、フレッツ光から光コラボサービスに乗りかえる場合に使われる言葉なんだね!


他社の光回線に乗り換える場合と

意味が違うから注意しなくちゃ!

 

 

 

ミケネコ先生
『auひかり』や『NURO光』などは、

フレッツ光回線から

卸された回線を

利用していません。

 

工事などの必要がない

『転用』ではなく、
新たに契約を行う、『新規契約』

が必要になります。

 

 

 

 

ヒカリちゃん
フレッツ光からauひかりなどに乗り換えたい場合は、解約⇒新規契約の必要があります!

 

 

フレッツ光から光コラボへ『転用』するメリット・デメリット
手続きや工事はどうなるの?

このページでは、フレッツ光から光コラボサービスへ『転用』することをオススメしていますが、転用することで、デメリットもあります。

どんな方に転用がオススメなのか、どの点に注意すれば良いのかをまとめました。

 

光コラボへ転用するメリット

  • 月額料金が安くなる
  • 工事などを行うことなく、開通までがスムーズに済む
  • 料金が一本化されて管理しやすい
  • 問合せ先が一本化される

 

光コラボに転用するメリットは、『月額料金が安くなり、請求も一本化される』点が大きいです。

さらに、ドコモ・ソフトバンクユーザーであれば、光コラボサービスの『ドコモ光』『ソフトバンク光』で、携帯とのセット割が利用できるので、セット割が適用される光回線に転用することをオススメします。

 

問合せについても、今まではNTTやプロバイダ、とあちこちに掛ける必要があったものを、プロバイダが一括で対応できるようになり、契約や解約などの手続きも楽になります。

 

また、通常の乗り換えと違い、NTTのフレッツ光回線を引き続き利用できるため、大きな工事の必要がなく、工事費なども発生しません

※ただし、回線品目の変更(100M⇒1Gなど)が必要な場合は、工事が必要となります。

 

 

 

光コラボへ転用するデメリット

  • 集合住宅の場合、月額料金が高くなる可能性がある
  • 転用後、他のプロバイダへの転用は出来ない(解約後、新規工事が必要)
  • 転用後、再びフレッツ光に戻すことはできない(解約後、新規工事が必要)

 

光コラボのメリットである、転用することで月額料金が安くなる点ですが、実は、集合住宅の場合、従来通りフレッツ光+プロバイダ料金を別々で支払いしている方が、安く済む場合があります。

 

光コラボで月額料金が割高になってしまう可能性はありますが、『ドコモ光』や『ソフトバンク光』を契約することでセット割が適用されるドコモ・ソフトバンクユーザーであれば、結果的に通信費が安くなる可能性大です。

 

また、フレッツ光⇒光コラボへの転用は、工事なしで開通もスムーズに済みますが、光コラボ⇒光コラボへの転用は現在できません。

もし、他社の光コラボを利用したい場合は、利用中の光コラボサービスを1度解約し、新規で契約する必要があります。

 

転用は、フレッツ光⇒光コラボの1度しかできません!

 

フレッツ光から、光コラボへ転用する際は、どの光コラボサービスが自分に一番メリットがあるのか(セット割がきくなど)をよく確認してから行うことが大切です。

 

 

転用するための手続きは?
まずは転用承諾番号の取得を!

 

フレッツ光から、光コラボサービスに転用する場合、必ず必要なのが『転用承諾番号』です。

NTT東日本・西日本(ご利用地域で異なります)に連絡し、取得する必要があります。

 

転用承諾番号は、フレッツは光契約者が手続きする必要があります。

また、フレッツ光のID、契約の電話番号が必要となるので、あらかじめ準備してから手続きをしましょう。

 

■NTT東日本:転用承諾番号取得連絡先

<出典:NTT東日本フレッツ光>

 

 


■NTT西日本:転用承諾番号取得連絡先

 



<出典:NTT西日本フレッツ光

 

NTT東日本・西日本とも、ネットか電話で『転用承諾番号』を取得することができます。

 

転用承諾番号を取得したら、光コラボサービスを提供しているプロバイダや、転用キャンペーンを行っているWEBキャンペーン窓口等で申し込みができます。

 

取得した『転用承諾番号』の有効期限は15日です!番号を取得したら速やかに転用手続きをすることをオススメします。

 

 

 

転用手続き方法については

【フレッツ光】転用承諾番号取得の流れと7つの注意点!東日本&西日本

で詳しくご紹介しています!

 


 

今「ADSL」を利用している方は早めに光に乗り換えたほうがいい?
「ADSL」から光に乗り換える方法を解説!

【ヤフーADSLと主要な光回線の比較】

サービス プラン ネット料金 電話料金 合計 セット割引
ヤフーADSL 50MB

バリュープラン

(2年契約)

2564円 1700円 4264円 ソフトバンクおうち割▲2年間のみ
通常プラン 3928円 1700円 5628円 ソフトバンクおうち割
ソフトバンク光 戸建て 5200円 500円 5700円 ソフトバンクおうち割
マンション 3800円 500円 4300円
ドコモ光 戸建て 5200円 500円 5700円 ドコモ携帯割引
マンション 4000円 500円 4500円
auひかり 戸建て 5100円 500円 5600円 auスマートバリュー
マンション 3800円 500円 4300円

「ADSL」はサービスが終了する?
光回線に乗り換えて速度アップ!

 



<出典:NTT西日本 フレッツ公式

NTT東日本・西日本ともに、『フレッツADSL』のサービス提供を2023年1月31日で終了することが発表されました。

2023年1月31日以降にフレッツ光回線が提供されていない地域を除いては、「ADSL」サービスは廃止されます。

 

フレッツ光利用可能地域では、2016年以降「ADSL」の新規申し込みは終了しています。

「ADSL」は従来のアナログの電話回線(PSTN網)を利用したインターネットですが、NTTは2025年を目途にすべてのアナログ回線を光回線(IP網)に変更することになっているからです。

 

「ADSL」から光回線に変更することで、インターネット回線自体の料金は上がる可能性が高いですが、速度アップの期待ができることや、携帯とのセット割、固定電話を光電話に変更することで、通信費がかえって安くなることもあります。

 

ヒカリちゃん
インターネットって「ADSL」の方が安いんじゃない?光回線に切り替えたら月額料金が心配…

 

 

ミケネコ先生
まず、光回線にすることでインターネットの速度がアップする可能性が大きいです!


「ADSL」と「光回線」では

下りの最大速度が全然違うんです。


固定電話の月額料金が安くなったり、

セット割も光回線の方が

充実しています!

 

 

 

ヒカリちゃん
光回線にすることで速度アップが期待できるし、

結果として通信費が

お得になる可能性大だね!


「ADSL」のサービスが

終了する前に

光回線に切り替えておこう!


携帯会社とのセット割が

きくインターネット回線

がお得だよ!

 

 

 

「ADSL」から光回線に乗り換える際の手続きは?
注意すべき点はある?

「ADSL」から光回線に乗り換える際の手続きについてご紹介します!

光回線に切り替える際には、「ADSL」の解約と、光回線の契約の手続きが必要となります。

 

 

1.光回線の申し込み手続き

契約したい光回線を選んだら、申し込み手続きをします。

申し込み手続きをしたら、プロバイダから工事日などの連絡があり、開通

 

申し込み手続きの窓口は、公式サイトなど多数ありますが、当サイトでは各光回線をもっともお得に申し込める窓口をご紹介しています。

このページの一番下でご紹介していますので、新規契約の際はぜひチェックしてくださいね!

 

 

 

 

2.回線業者・プロバイダへの解約手続き

現在利用している「ADSL」の回線業者・プロバイダに連絡します。

利用している「ADSL」の解約は、回線業者とプロバイダの2つに連絡する必要があります。
(どちらかの連絡で解約が済む場合もあります。)

基本的に「ADSL」の解約工事はNTTの局内で済むので、大掛かりな工事は行いません。

 

光回線が開通する時期に合わせて、解約日を設定するとインターネットを利用できない時期が短く済むので、光回線の工事日・開通日が決定してから連絡するとスムーズです。

 

 

『ADSL』⇒『光回線』へ
切り替える際の注意点

「ADSL」は、解約した月の利用料金が日割り計算と、1ヶ月分請求される場合と、利用しているプロバイダや回線業者によって異なりますので、解約時に確認しておくと安心です。

 

※ 光回線に乗り替える際に、「ADSL」で利用していたプロバイダが利用できない場合があります。

また、プロバイダが変更になることで、利用していたプロバイダ発行のメールアドレスが利用できなくなります。

 

※プロバイダのメールを引き続き利用したい場合は、プロバイダによってはメール会員などのアカウントを引き続き利用できるサービスもあります。

 

 

引越しの予定がある方は、乗換えで光回線の契約を見直す
最大のチャンス!解約・新規で乗り換える方法を解説!

【引越し時に光回線を移転した場合と解約⇒新規にした場合の違い】

適用可否 移転(継続)をした場合 解約⇒新規の場合
キャッシュバック等キャンペーン 適用不可 適用可能
違約金 発生しない 発生する
工事費 発生する

引っ越し先でも、同じ光回線で利用したい、という方も多いと思います。

同じ光回線を利用することは、希望する光回線が提供エリア内なら可能ですが、新たに光回線を設置するための工事費が発生するんです。

引っ越しで継続利用する場合は、工事費無料のキャンペーンが適用されないことがほとんどなので、新たに工事費を支払う必要があります。

 

実は、引っ越しを機に、今の光回線から新規で別の光回線に契約する方が、お得な場合があります!

引っ越し時には光回線を見直して、新規契約してみると、様々なメリットがあるんです。

 

引っ越しの際に新規で光回線を契約するメリット

  • キャッシュバック等のキャンペーンをもう一度受けられる
  • 光回線の契約を別の契約に見直すことが出来る(例:ドコモ光⇒ソフトバンク光)

新規で契約することで、様々な特典を受けることができるため、工事費が実質無料になったり、キャッシュバックを受け取ることができたりします。

また、今まで使っていた光回線でセット割が利用できなかったり、速度に満足できなかった…という場合など、新しい光回線を契約して、利用できるチャンスです。

 

 

引っ越し時に光回線を新規契約するデメリット

ズバリ、違約金が発生する可能性が高いです。

今の光回線の契約は2年または3年の契約の縛りがあり、契約更新月以外で解約すると、高額な違約金が発生します。

 

違約金は発生しますが、実は、新規契約する光回線によっては、違約金を負担してくれるキャンペーンがあります。

auひかりは最大3万円、ソフトバンク光は最大10万円の解約にかかる違約金を負担してくれます。

 

 

ミケネコ先生
引っ越しはインターネット回線を切り替える最大のチャンス!
工事費や違約金が無料になるキャンペーンを活用しましょう!

 

ヒカリちゃん
Web限定キャンペーンならキャッシュバックもついてくるよ!ページの一番下の表にキャンペーンが表示されているから、ぜひチェックしてね!

 

 

光回線選びで失敗し後悔している方は実は多い!
同じ住所で光回線を乗り換える方法や注意点を解説!

2015年に光コラボレーションモデル(NTTフレッツ光回線をプロバイダに卸し、プロバイダが事業を一本化するサービス)が解禁になり、数多くの光回線サービスが出ています。

それに伴い、電話や訪問での勧誘が増加しています。

 

その際によく耳にするのが、「今使っているインターネットより速くなります/安くなります」という文言です。

実際に勧誘で光回線を切り替えて、後で色々と説明不足な点が浮き彫りになり、聞いていた話と違った…という話をよく聞きます。

 

そこで、いま利用している住所で、光回線を乗り換える方法をご紹介します。

 

 

まずは乗り換え先の光回線を契約!
工事日が決まってから契約中の光回線を解約

希望する光回線が決まったら、自分にあった申し込み窓口で申し込みをして、新規で利用する光回線の工事日・開通日が決定してから、いま利用している光回線の解約手続きをするのがベストです。

多少ネットの利用時期がダブってしまいますが、ネット利用が出来ない日数を減らすために、新規の光回線が開通してから、今まで利用していた光回線の解約できると安心です。

 

光回線の新規申し込みの際は、auひかり・ソフトバンク光・ドコモ光のオススメのWEBキャンペーンをご紹介していますので、ページの一番下をチェックしてくださいね!

 

 

他社の光回線に乗り換える場合は工事が必要!

基本的に、ドコモ光⇒auひかりや、auひかり⇒ソフトバンク光、光コラボレーション⇒光コラボレーションなど、他社の光回線に乗り換える場合は、新しい光回線を設置する開通工事が必要となります。

 

その際には、工事費が発生しますが、auひかりやソフトバンク光など、工事費が実質無料になるキャンペーンを実施中なので、事務手数料のみで開通可能になります。

(家の環境、土日指定の工事などで工事費が割り増しされる場合もあります。)

 

 

ヒカリちゃん
工事は、フレッツ光⇒光コラボレーションなら今まで利用していた回線を利用するのでとっても簡単に済むよ!

ただし、光コラボレーションから他社の光コラボレーションに乗り換える場合は、解約してから、新規で契約しなおす必要があるから注意してね!

 

 

 

 

【Web独自特典】光回線の乗換えならお得なキャンペーンを活用しよう!

【オススメの光回線サービス】

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー


【公式外の上乗せweb独自特典】

+最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大15000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

ここでは、主にスマホとのセット割がきく光回線をご紹介しています。

乗り換えたいけど、今の光回線を解約したら違約金が…という方も、『auひかり』と『ソフトバンク光』なら、乗り換え時にかかる違約金なども負担してくれる、心強いキャンペーンも実施しています。

 

一番オトクな光回線に乗り換える際は、上記の表のWEB独自特典もぜひチェックしてくださいね!

 

auひかりの月額料金・セット割とは?

auひかりは、初期費用が工事費37500円+事務手数料3000円となっています。
3社の初期費用の中で一番高額ではありますが、上記表にあるau公式のキャンペーン特典(ネットと固定電話をセットで契約する)を利用すれば、工事費最大37500円を月額料金から割り引く形で実質無料となります。


また、契約利用年数が3年のずっとギガ得プランなら、月額料金は5100円から3年目以降は4900円、マンションタイプは3800円となっています。


さらにauひかりと電話をセットで契約すると、auスマホ・ケータイの月額料金が割引きになる『auスマートバリュー』を利用すれば、通信費のトータルコストを大幅に抑えることができます!

 

 

 

ドコモ光の月額料金・セット割は?

auひかり・ソフトバンク光と比較すると、キャンペーンが弱いデメリットがあるドコモ光ですが、契約できるプロバイダ数は26社、単独プラン(プロバイダとネット料金がセットになっていない)を入れれば相当数のプロバイダで契約可能です。

初期費用は工事費18000円+事務手数料3000円となっています。

月額料金はタイプAなら月額5200円、マンションのタイプAなら月額4000円となっています。

 

ドコモのセット割は、ドコモケータイ・スマホの携帯プランと、『ドコモ光』をセットで利用することで、月額の携帯料金が割引されるサービスです。

 

家族のスマホの月額料金1台1台に対する割引ではなく、シェアパック(家族でパケットを分け合うプラン)に対して割引されるサービスです。

 

 

 

ソフトバンク光の月額料金・セット割は?

ソフトバンク光は、初期費用24000円と事務手数料3000円がかかりますが、キャンペーンで工事費が実質無料になります。

また、月額料金はホームタイプは5200円、マンションタイプは3800円となっています。

 

 

ソフトバンク光も、『ネット回線』『ケータイ』『ホワイト光でんわ』(光電話サービス)をセットで利用することで、毎月の携帯料金が1000円~500円割引される『ソフトバンク おうち割』サービスを行っています。

 

ソフトバンクおうち割は、1契約でご家族の携帯電話が最大10台まで割引対象となるので、ソフトバンクケータイを利用している方は、『ソフトバンク光』をおすすめします。

 

 

ヒカリちゃん
光回線の乗り換えって、違約金とか、工事費とか、色々とお金がかかってしまうよね…

 

ミケネコ先生
auひかりやソフトバンク光は、違約金を負担してくれるキャンペーンを実施しているし、最大30000円のキャッシュバックキャンペーンなど、乗り換えにかかってしまう費用を相殺、それ以上のお金が返ってくるキャンペーンがあるんです!

 

 

ヒカリちゃん
セット割がきく光回線に乗り換えて、さらにWEB限定キャンペーンでキャッシュバックを受け取るのが、一番オトクだね!
WEB限定キャンペーンは上記の表から確認できるので、乗り換える際には是非チェックしてくださいね♪

 

 

 

 

-ネット回線, プロバイダー・特典

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.