インターネット光回線の悩み ネット回線

インターネット回線【新規・転用・乗り換え】の違い+光コラボ最新キャッシュバックキャンペーン比較

投稿日:2017年3月23日 更新日:

 

ヒカリちゃん
ネット回線の契約には、

『新規契約』『転用』『乗り換え』の
3つの契約の種類があります。

これまで契約していなければ、
必ず『新規契約』になります。

これまで契約していたのが、
「フレッツ光」または「光コラボ」の場合には、
『転用』と呼ばれています。

 

ピヨッ子
それ以外は、すべて「乗り換え」です。


※ この契約の種類は選べるわけでは、ありません。
 現在の契約状況によって、決まるので、
 現在契約している回線の状況を確認しよう。

 

⇒インターネット回線『新規契約』の場合の

大手回線キャッシュバック徹底比較は、こちら

下記、3パターンに分けて、くわしく書いています。

 

 

ネット回線の契約で増えているのは、『転用』というフレッツ回線をこれまで使っていた人が、「光コラボレーション」などのお得な回線に契約をするというケースです。


ここ数年、携帯キャリア各社が、ネット回線サービスの販売に、力を入れだしているため、ユーザーにとって「お得なキャンペーン」を比較しながら、2〜3年の契約時のトータルコストで、かなり以前よりもコストが下がるということがあります。

    「携帯とのセット割」を併用する
    独自キャンペーンを利用する
    電気・ガスを提供している「auひかり」などを検討することでトータルコストを下げる

ネット回線の契約の種類は、『新規』『転用』『乗り換え』の3種類のみです。

良く誤解されやすい『新規』、『転用』、『乗り換え』の3つのパターンについて、解説します。

『新規』:まったく新しく契約をする場合

『新規』契約が多いのは・・・

  • 引越しをする際の、引越し先でのネット契約
  • 転勤をする際の、転居先でのネット契約
  • 新築住宅の入居の際の、入居先でのネット契約

 

『新規』契約は、これまで回線契約が無い状態から、新たにネット回線を契約するときの、まったく新しく契約をする際のことを言います。

 

以前、同じ住宅でネット回線契約をしたことがあり、すでにネット回線のケーブルが、自宅まで来ている場合に、そのケーブルを使うことが出来るのであれば、『乗り換え』もしくは『転用』という契約方法になります。

 

多くの場合で、『新規』より、『乗り換え』『転用』の契約の方が、月額コストと、初期工事費用が安くなります。

理由は、かつての設備を使い回すことが出来るからです。

 

ヒカリちゃん
『新規』契約の場合は、
コストも、工事も発生するので、
しっかり調べる必要がありますね!

でも、『新規』の場合は、web限定の
キャンペーンで、工事代金が無料になることも
あるので、最新情報については、コチラの一覧表
参考にしてください。

 

 

『転用』:これまでの「フレッツ光」または「光コラボ」を、他社の「光コラボレーション」回線に変更する場合

『転用』の場合、工事費が発生しないのがメリットです!

通常のネット回線契約では、1万5千円〜2万円ほどの工事費用が発生します。

 

『転用』の場合に限り、以前のネット回線の配線を、流用して使うことができるため、工事費用が発生しないというメリットがあります。

 

その他に、さらにweb限定キャンペーン特典が発生するケースもありますので、コチラの『転用』の場合のキャンペーン一覧ページもご確認ください。

 

『転用』の契約するのは、2種類のみ

  • これまで「フレッツ光」を使っていて、他の回線に契約するとき
  • これまで「光コラボレーション」を使っていて、他の回線に契約するとき

 

『転用』は、これまで、「フレッツ回線」または「光コラボレーション」を使っていた場合に、基本的には『乗り換え』よりも簡単に、契約を変更できるため、『転用』と呼ばれています。

 

なぜ、『乗り換え』より『転用』のほうが、乗り換え手続きが楽なのか?というと、すでに、開通しているネット回線をそのまま、利用しながら、次の契約先の回線への契約変更することができるからです。

多くの場合、大きな工事は必要なく、これまでの回線を使い回すことができるのが、『転用』で契約する際のメリットです。

 

ただし・・・一点だけ、以前のネット回線の際に『光電話』を利用していた場合には、注意が必要です。

 

転用の際の注意点!!電話回線の『アナログ戻し』って!?


『アナログ戻し』が発生するのは、これまでの「フレッツ光」または「光コラボ」を、他社の「光コラボレーション」回線に変更する場合で、かつ、『光電話』を使い続けたい場合のみです。


『アナログ戻し』とは、契約後の工事の際に発生する電話回線に対しての、「光回線⇒アナログ回線⇒光回線」の工事のことです。


基本知識として、ネット回線サービス業者は、NTTの「フレッツ回線」を借りて、サービスを展開してます。

そのため、『光電話(光回線と同時に契約する電話回線のこと)』を契約したり、解約したりする際には、NTT側の電話の接続を見直すべきケースがあります。『アナログ戻し』が、そのNTT側の手続きが発生するケースです。


これまでの「フレッツ光」または「光コラボ」を、他社の「光コラボレーション」回線に変更する場合で、かつ、『光電話』を使い続けたい場合には、現在の「光回線の電話回線」から一度『アナログの電話回線』に戻す必要があります。その作業のことを『アナログ戻し』と呼びます。

※『アナログ戻し』は手続き上の、工事なので、すぐに『光回線』の電話回線に切り替わり、これまで通り、『光回線』を使って『光電話』を使うことが出来ます。

もちろん、かつての電話番号も、これまで通り使うことが出来ます。

 

※『アナログ戻し』料金は、環境によって異なり、
おおよそ2,000 円~12,000円です。

 

転用番号取得の際に必要な書類一覧

  • お客様ID・ひかり電話・連絡先番号
  • 契約者名義
  • フレッツ光契約住所
  • 利用料金の支払い方法

 

転用番号取得の際は、NTTの『専用WEBページ』または、『お問合せ電話番号』から手続きが必要です。

 

 

 

 

『乗り換え』:同じ住居で契約していた回線を、別の回線に変更する場合

『乗り換え』の契約とは?

  • 『乗り換え』は、「フレッツ光」または「光コラボ」以外のすべての『乗り換え契約』のこと

 

これまで「フレッツ光」回線を契約していた住宅が多かったため、多くの場合、「フレッツ光(または光コラボレーション)」から「光コラボレーション」という『転用』の契約の数が多いです。

 

それ以外の『乗り換え』と呼ばれるパターンは、西日本の電力系の『ピカラ光』『eo光』『ビビック光』などの、「フレッツ光でも光コラボレーション」でも無いネット回線の契約です。

 

※『転用』のことも、『乗り換え』と読んでいるケースもあり、サイトによって表記があいまいなこともあります。

 

いずれの場合も、比較すべきは、このページで説明しているとおり、初期費用+月額費用+スマホ割+web限定特典、の4項目を総合的に、比較することです。

 

ミケネコ先生
 『新規』『乗り換え』『転用』の どの契約なのか?が分かったかニャ?

主要ネット回線の中で
どんな回線がもっとも、メリットがあるのか、
しっかり比較してみることを
オススメするニャ!

 

-インターネット光回線の悩み, ネット回線

Copyright© ネット回線@街データ 2018 AllRights Reserved.