ネット回線 フレッツ光

フレッツ光ネクストVS大手回線【戸建てファミリータイプ比較 】スーパー ハイスピードタイプ隼速度料金

更新日:

 

『フレッツ光』 法人・店舗・美容室 限定
【クレカ決済端末の設置費無料】
最大12万円
キャッシュバック

 

【フレッツ光&光コラボ】
2019'キャッシュバック
webキャンペーン

 

 

ネット回線コンシェルジュ
『フレッツ光』の戸建てで契約する際、『ファミリータイプ』のサービスの中から、選ぶことになります。

大きく分けると、これまでの上限速度が、『200Mbps』または、『1Gbps』の速度のサービスプランがあります。
今後は、より回線速度が求められるため、『1Gbps』を選んでおいた方が安心です。

 

 

 

ヒカリちゃん
 速度以外の面では、Wi-Fi(無線LAN)を使いたい場合には、東日本エリアでは、「スマートタイプ」というサービスプランが提供されています。

ここ数年で、シェアを伸ばしてきているのが、「光コラボレーション」などの大手回線です。

 

期間限定のキャンペーンがあるため、このページの後半に、『フレッツ光の戸建て』と比較する形で、一覧にしてまとめていますので、契約前に最新のキャンペーンについてご確認ください。

 

 

フレッツ光のその他の記事一覧

 

NTT東日本【フレッツ光ネクストファミリータイプ】の
速度品質&月額料金比較

サービス名

最大速度

上り/下り

初期工事費用

  +

月額料金 [契約年数]

戸建て住宅

向け

フレッツ光ネクスト

【ファミリー
・ハイスピード】

200Mbps

/200Mbps

18800円 

+4600円[2年]
+プロバイダ月額料金

フレッツ光ネクスト

ギガファミリー
・スマートタイプ】
(Wi-Fiあり)

1Gbps

/1Gbps

18800円 

+5100円〜5800円 [2年]
(プロバイダパック時)

フレッツ光ネクスト

ファミリー
ガラインタイプ】
(Wi-Fiなし)

1Gbps

/1Gbps

18800円 

+5400円[2年]
+プロバイダ月額料金

※月額料金に、プロバイダ料金は含まれていません。

プロバイダ料金は500〜1200円程度ですので、
月額料金に加算した金額が、毎月の請求額になります。

 

ハイスピードタイプは、従来のフレッツ光のスピードが100Mbpsですから2倍のスピードとなります。十分に早いのですが、ベストエフォート式ですから、常にマックスのスピードが出るわけではありません。それを考えるとギガスピードはプレミアムの5倍のスピードですから、ベストエフォート式を考えても十分なパフォーマンスが期待できます。従来の速度で十分な人はハイスピードタイプでいいしょう。

 

もっとも、情報量は常に増加傾向にあります。ブラウザ1ページの情報量、裏で動くプログラムの数々を考えると、500円アップで5倍のスピードを享受できるギガスピードタイプはこれからの情報量アップに対応できうるタイプと言えます。

 

※ベストエフォート式・・最大限の努力をします、という意味です。反対に考えると速度の保証はしません、ということになります。ギガスピードでも、1ギガの速度が常に出るとは限らないのです。

 

 

『ファミリー・ギガラインタイプ 』と『ギガファミリー・スマートタイプ』の違いはWi-Fiルーターの有無!
 

『ファミリー・ギガラインタイプ 』と
『ギガファミリー・スマートタイプ』の違いは
 Wi-Fiルーターの有無!

フレッツ光ネクストのギガファミリー・スマートタイプでは、レンタルされる接続機器の「ホームゲートウェイ」に無線LAN機能がついているので、この機器を付けるだけで、スマホを始めゲーム機器などのWi-Fi機器もネットに接続可能です。

 

反対にハイスピードタイプは、Wi-Fiルーターを別途用意しなくてはいけません。従来から使っているWi-Fiルータ機器では、機器のスペックによってはマックスのスピードを享受できないこともあるので、できるだけ最新のWi-Fiルーター機器を用意したいものです。

 

また、ここでひかり電話の契約をすると、ひかり電話対応機器がレンタルされます。これはフレッツ光ネクストのルーターとしても使えるので、先述したようなWi-Fiルーター機器を新しく購入する必要はありません。ひかり電話の契約で月々500円アップとなりますから、費用対効果を考えて契約をする必要があります。

 

 

ひかり電話の通信料でスマホから外部に電話をかけることも大きなメリットになります。これからますます情報量が増えていく中で、速度が2倍となったハイスピードタイプよりも5倍のスピードを誇るギガファミリー・スマートタイプのほうが選択肢としては大きいと言えます。

 

YouTubeなどは4K動画に対応していますし、これから8K動画対応のサービスも始まることも考えると、できるだけ速い速度のサービスを選ぶ必要があります。

 

フレッツ光ネクストであれば、プロバイダも忘れてはいけません。種類は限られますが、プロバイダパックが用意されていて、別個で契約するよりも割安になる点も見逃せません。

 

できるだけ、割引を多く効かせた形で月額料金を安くするようにしましょう。

 


 

『フレッツ光』はプロバイダ料金が必要!『光コラボレーション』だと「セット料金」!
 

『フレッツ光』はプロバイダ料金が必要!
『光コラボレーション』だと「セット料金」!

『フレッツ光』のプロバイダ料金の相場は、500円〜2000円/月の範囲内です。

 

しかし、支払窓口が2つになっているという不便さを解消するために総務省が、2015年に『光コラボレーション』という『ネット回線』+『プロバイダ』のセットサービスを許可しました。

 

すでにこの組み合わせで20年以上やってきているので利用者の多くに浸透していますが、反対にどうして二つの業者がいるの?という疑問は常にありました。

最近は、『ネット回線』+『プロバイダ』をセットにした『光コラボレーション』が一般的になってきています。

 

『ドコモ光』

『ソフトバンク光』

『ビッグローブ光』

などの大手が参入し、価格競争が起こっています。

 

 

2021年には、『光コラボレーション』のシェアが半分以上になると言われており、現在、『光コラボレーション』はNTTの回線の中でも1/3以上で増加中です。

 

 

2016年度のFTTH純増数は前年度を上回る135万件を予測

 


NTT西日本【フレッツ光ネクストファミリータイプ】の
速度品質&コスト比較

サービス名

最大速度

上り/下り

初期工事費用

  +

月額料金

戸建て
住宅向け

フレッツ光ネクスト

【ファミリー
・ハイスピード】

200Mbps

/200Mbps

18800円 

+3810円
+プロバイダ月額料金

フレッツ光ネクスト

【ファミリー隼】

1Gbps

/1Gbps

18800円 

+5400円

+プロバイダ月額料金

※月額料金に、プロバイダ料金は
含まれていません。

プロバイダ料金は
500〜1200円程度ですので、

月額料金に加算した金額が、
毎月の請求額になります。

 

フレッツ光プレミアムが2019年の1月から3月にかけてサービス停止となります。それまでに、プレミアムユーザーは同じNTT西日本が提供するフレッツ光ネクストに切り替えなくてはいけません。

 

 

サービス停止のアナウンスは2015年から始まっていますので、NTT西日本としては5年をかけての切り替え作業となります。

 

全てのプレミアムユーザーが、引き続き、『フレッツネクスト』にすることもできますが、

・『auひかり』

・『ドコモ光』

・『ソフトバンク光』

などに、変更することでお得になるケースも多いです。

 

 

NTT西日本は、ユーザーの囲い込みを始めている

 

NTT西日本としてもユーザーの囲い込みに必至なのは間違いありません。ネクストも従来の2倍速いタイプさらには1ギガタイプの隼を用意しているのです。

 

プレミアムユーザーでは気になるところですが、速度に問題がないと思っていてもネクストに切り替えるなら隼への一択となります。理由は、単純に速度の上限です。今は満足な速度が出ていてもこれから何年も使ううちに情報量はどんどん上がっていきます。

 

これまでのインターネットの歴史を見てもそれを物語っているのです。モデム機器の時代は14400Kbps(これは14400キロバイト、すなわち14メガちょっとです)のスピードでもブラウザ表示には十分と言われていた時代が20年前です。

 

ハイスピードに比べて500円高くなりますが、プレミアムユーザーでしたら隼への切り替えがベストです。

 

 

 

NTT西日本がユーザーの囲い込み対策として打ち出しているのが、「Web光もっと2割」
 

NTT西日本がユーザーの囲い込み対策として打ち出しているのが、「Web光もっと2割」です。1年を経るごとに段階的に月額料金が減っていって、8年目以降は固定額になります。


※ 1〜6年目:3810円
 7年目  :3710円
 8年目以降:3610円


注意点としては解約金が発生することです。(自動延伸月:2年めの終わり、5年めの終わり、8年めの終わりでは解約金は発生しません)また、それとは別に工事費に残額が発生します。さらにOCNなどプロバイダの違約金が発生する場合があるのでこの点にも注意が必要です。


 

 

永遠契約が更新され続ける『自動延伸』については、下記クリックすると詳しい記事が開きます。

 

【ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼】は解約時に〜3万円が発生する可能性あり


【Web光もっと2割】の解約金

<出典:フレッツ西日本サイト>

 

Web光もっと2割についてですが、事情によって解約する場合、その時期によっては最大で3万円の解約金が発生します。その時期は上の図にも記載されているのですが、そのタイミングは開通から3年目までの1年間、さらには開通から6年目までの1年間です。

 

いずれも自動延伸の次の年なのですが、反対に開通から丸2年となる1ヵ月間、さらには丸5年となる1ヵ月間は解約金は発生しません。例えば12月に開通したとしたら2年後の12月、あるいは5年後の12月に解約した場合は解約金はゼロということになります。

 

 

いずれも自動延伸の直前の月と覚えておくようにしましょう。8年目以降は3年サイクルで回ってきます。

解約を考えているのでしたら、この時期にすると解約金は発生しませんので、開通月はしっかりと把握しておきましょう。

 

 

 

ヒカリちゃん
フレッツ以外に

WEB限定のキャンペーンを現在実施している
大手のネット回線を、下の部分で紹介しています。

割引特典はかなりお得!
もっともメリットがある
キャンペーンを比較しよう!

 

 

『フレッツ光ネクスト』VS『大手回線』
【戸建てファミリータイプ比較 】

『フレッツ光ネクスト』VS『大手回線』
【戸建てファミリータイプ比較 】

月額料金

(戸建て)

月額料金

(マンション)

工事料金

キャッシュ

バック

セット割引
フレッツ光(東日本)
[事務手数料800円]
5700円
+プロバイダ料金
1000円程

4350円
+プロバイダ料金
1000円程

有料

なし なし

フレッツ光(西日本)
[事務手数料800円]
5400円
+プロバイダ料金
1000円程

4500円
+プロバイダ料金
1000円程

有料 なし なし

ドコモ光
[事務手数料3000円]
5200円 4000円 無料 あり ドコモ
携帯割引
auひかり
[事務手数料3000円]
5100円 3800円 無料 あり au
携帯割引
ソフトバンク光
[事務手数料3000円]
5200円 3800円 無料 あり ソフトバンク
携帯割引
ビッグローブ光
[事務手数料3000円]
4980円 3980円 無料 あり au
携帯割引
NURO光
[事務手数料3000円]
4743円 2500円

無料

あり ソフトバンク
携帯割引

 

インターネットにつなぐための料金は、回線料と接続料です。両者は対となるもので利用者はこの二つの料金を足して比較をすると月々いくらというのがわかりやすいです。フレッツ光の場合は、プロバイダと別契約が基本ですが、プロバイダパックで少し安くなったり、光コラボを前面にだしてOSM系のサービスを実現しようとしています。

 

そうなると、従来からのOSM系である、NURO光などが比較対象になります。というよりもプロバイダ込みで5千円を切る値段では、料金だけを見るとNURO光の圧勝と言えるでしょう。さらに安くなるキャンペーンも実施中です。

 

トータルで考えると、NTT提供のフレッツ光シリーズは不利なのですが、安定感と割引サービスなどで活路を見いだしているのが現状です。同一条件での比較が難しいのですが、安心感・安定感を取るか料金を取るかの選択となるのは間違いありません。

 

まとめ:戸建ての料金は『西日本エリア』は安いが
『東日本エリア』なら『光コラボレーション』も!

フレッツ光のサービスでは、光コラボに人気が出ており、下記の大手のキャンペーンが競い合っています。

 

NTT東日本・西日本としては、プロバイダを抱え込むことで、フレッツ光の弱点でもあった複雑な料金体系をシンプル化して、サービスをプロバイダに委託することで、サービスにかけるコストを下げることに成功しています。

 

その分安い価格で回線料をプロバイダに提供出来ているのが、下記の『光コラボレーション』です。

 

また、キャリア系のネット回線もシェアを伸ばしています。

 

これはスマホの月額料金が安くなることが影響していて、キャリア系のネット回線は競争が激化しています。

 

 

『光コラボレーション』については、下記記事で、お得なポイントや、webキャンペーンの現金還元についても、解説しています。

 

フレッツ光料金は高い?

光コラボ大手との
比較&デメリットって!?

 

 

『フレッツ光 ネクスト ファミリータイプ』と『ビジネス』との 違い

『フレッツ光 ネクスト ファミリータイプ』と『ビジネス』との 違いとは?


【フレッツ東日本】のビジネスプラン:《プライオ10公式サイト

 

サービス名 最大速度
上り/下り
初期工事費用
  +
月額料金 [契約年数]
サービス詳細
【フレッツ東日本】
のビジネスタイプ
1Gbps
/1Gbps
18800円 
+41000円/月[2年] +プロバイダ月額料金
+ルーターレンタル料
基本セッション数:2セッション
接続可能端末台数 制限なし
(パソコン10台以上の接続が目安)

万が一の回線トラブルに24時間・365日いつでも対応の故障修理・保守サービス(有料)

 

【フレッツ西日本】のビジネスタイプ:《フレッツ西日本のビジネスプラン

サービス名 最大速度
上り/下り
初期工事費用
  +
月額料金 [契約年数]
サービス詳細
【フレッツ西日本】
のビジネスタイプ
1Gbps
/1Gbps
18800円 
+37100円/月[2年] +プロバイダ月額料金
+ルーターレンタル料
 基本セッション数:2セッション

万が一の回線トラブルに24時間・365日いつでも対応の故障修理・保守サービス(有料)

※セッションとはEthernet上に、
張ることの出来るPPPoEセッションのこと

 

 

フレッツ光の回線サービスの中にはビジネスプランというものがあります。対象は個人事業者やSOHOになるのですが、ある程度の従業員を抱えているのでしたら、月額4万円というのはリーズナブルな値段と言えます。もちろん、規模にもよります。まったくの個人であれば、従来のファミリー契約のほうがいいです。

 

10人くらいとなるとビジネスプランの選択肢になると思うのですが、最大速度は1Gbpsとなっていて、ファミリープランのギガスピードと変わらない点が気になるところです。月額料金として4万円前後がかかること、プロバイダ契約が必要なこと、レンタルサーバ、さらには自社サーバを構築するための経費などを考えるとかなりの出費にもなります。法人向けといっても回線速度はベストエフォート式であることにも注意が必要です。

 

もっとも、固定IPアドレスの付与など魅力的なサービスもあります。レンタルサーバとの兼ね合いも考えたほうがいいでしょう。

 

もっとも月額契約の高さを考えると個人やSOHOでの契約に魅力を感じません。

個人契約でも十分であり、その点はさらに熟慮が必要となります。

 

(会社組織にしている場合はビジネスプランで経費計上ができるメリットもあります)

 

 

 

ネット回線コンシェルジュ
東日本エリアで

お得に申し込むことができる

2019年最新のキャンペーン情報を

下記にまとめています。

 

ぜひ、契約前には、ご参考に!!

 

 

 

 

『auひかり』公式上乗せ 2019'web申し込み独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『auひかり』公式キャンペーン ≫≫≫
工事費用割引:最大3.75万円(実質工事費0円)
スタートサポート:違約金最大3万円負担
セット割:『auスマートバリュー』500円〜2000円/月 
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
2019'『auひかり』初期費用(工事費)+月額費用

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

auひかり

戸建て
37500円
マンション
30000円

現在初期工事費無料
※工事費用
+3000円[事務手数料]

戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月
現在の『auひかり』初期費用(工事費)+月額費用 の詳細



『ドコモ光』公式+2019'
「速度改善IPV6プラス無料」
&「Wi-Fiレンタル無料」独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『ドコモ光』公式キャンペーン ≫≫≫
dポイントプレゼント!
(新規契約:10000pt)
(転用  : 5000pt)
※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

  (最新のドコモ特典の公式一覧ページ)
ドコモ光2回線以降 300円/月割引!
セット割:『ドコモ光 セット割』3500円〜100円/月割引
(データSパックや旧料金プランなら、ドコモ光期間限定 500円/月割引!)
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫

 

『ドコモ光』の場合、工事費全額・半額無料キャンペーンは、現在ありません。

 

急遽、2019年の期間限定で、工事費無料キャンペーンが開始しています。
(条件は、『新規の申込み』または『フレッツ光に加入中であること』のいずれかが条件です。上記リンク先の『詳しくはこちら』ボタンを開くと、確認できます。)

 

速度改善のための『IPV6プラス』無料の独自サービス
【GMOとくとくBB限定】ドコモ光出張サポート無料キャンペーン!
契約数増加中!webで完結&店舗待ち時間ナシ!
GMOとくとくBB限定の『高性能Wi-Fiルーター無料レンタル』!
公式に上乗せ最大18000円キャッシュバック!

*ドコモ携帯との『セット割』の
割引額が分かります。
『ご自身の携帯プラン』
の入力が必要です。
2019' 『ドコモ光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

ドコモ光

戸建て
18000円
マンション
15000円

+3000円[事務手数料]

戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月
現在の『ドコモ光』初期費用(工事費)+月額費用 の詳細



2019'『ソフトバンク光』公式
+上乗せweb申し込み独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『ソフトバンク光』公式特典(NEXT社の説明リンク) ≫≫≫
新規工事費用割引:最大24000円(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン:(違約金+工事費負担)最大10万円還元
セット割:『おうち割光セット』500円〜2000円/月割引
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
最大合計57000円相当キャンペーン!!
      ※【プロバイダ条件 x 環境】による(高性能Wi-Fiルーター選択可能)
スマホ乗換え時の違約金還元計10260円キャッシュバック
公式特典+プロバイダ特典 ※さらに上乗せの特典!
2019' 『ソフトバンク光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

ソフトバンク光

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]

+3000円[事務手数料]

戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月
現在の『ソフトバンク光』初期費用(工事費)+月額費用 の詳細



2019'『NURO光(関東・関西・東海限定)』
+web申し込み特典の独自ページ
           
 

≪≪≪ 2019' 『NURO』公式キャンペーン ≫≫≫
新規工事費用割引:最大40000円(実質工事費0円)
戸建て  :4743円
マンション:1900円〜2500円/月
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
公式に上乗せ最大35000円キャッシュバック!!
    または
PlayStation®4 (またはSwitch)
上記、web申込み完了後、特典のどちらかの上乗せの特典が適用されます。
2019' 『NURO光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

NURO光

(関東・関西
・東海エリアのみ)

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]

+3000円[事務手数料]

戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

現在の『NURO光』初期費用(工事費)+月額費用 の詳細



2019'『BIGLOBE光』
+最大5.5万円
web限定キャッシュバック!
           
 

≪≪≪ 2019' 『BIGLOBE光』公式キャンペーン ≫≫≫
 または 
≪≪≪ 【期間限定web特典】キャンペーン ≫≫≫
2019' 『BIGLOBE光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

BIGLOBE光

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

auスマホタブレットを
使っている場合
3780円/月 [戸建て]
2780円/月[マンション]

現在の『BIGLOBE光』初期費用(工事費)+月額費用 の詳細



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッツ光のその他の記事一覧

 

 

 

 

 

-ネット回線, フレッツ光

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.