ネット回線 フレッツ光

2019'フレッツ光ネクスト・隼・ギガ 違いデメリット徹底解説!マンションファミリータイプ

更新日:

『フレッツ光』 法人・店舗・美容室 限定
【クレカ決済端末の設置費無料】
最大12万円
キャッシュバック

 

【フレッツ光&光コラボ】
2019'キャッシュバック
webキャンペーン

 

このページは、【フレッツ光 西日本】地域の「フレッツ光」回線について、詳しく調べて書いています。

 

(【フレッツ光 東日本】地域の「フレッツ光」回線については、こちらで詳しく書いています。)

 

ネット回線コンシェルジュ
NTTが2008年からスタートした、光回線サービスが、『フレッツ光ネクスト』です。

『フレッツ光ネクスト』が登場する前までは、ADSLなどの電話回線を利用していた最高50Mbps程度の回線が使われていました。

(※光回線はギガビットという単位なので、最高1Gbps(=1000Mbps)の速度が標準です。

国内ではNURO光の場合のみ、最大2Gbpsを実現しています。関東・関西・東海地域のみのサービスです。)

『フレッツ光ネクスト』

『フレッツ光ネクスト 隼 』

『フレッツ光ネクスト ギガ』
3つのサービスの違いによって、速度と月額費用が異なります。

 

 

速度の違い

『フレッツ光ネクスト』

0.2Gbps(200Mbps)の場合あり

『フレッツ光ネクスト 隼 』

:1Gbpsの高速回線

『フレッツ光ネクスト ギガ』

:1Gbpsの高速回線

 

【フレッツ光 西日本】地域の「フレッツ光」回線プランを全てまとめて比較してみました。

 

ネット回線コンシェルジュ
結論から言うと、

【フレッツ光 西日本】地域では、

「ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」
「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」

 

が、1Gbpsなので最も安定性が高く、オススメです。

 

 

 

 

47都道府県別『フレッツ光』のNTT東日本と西日本の提供エリア

フ東
レ日
ッ本
ツ 

【 北海道
・東北地方 】

北海道/青森県/岩手県
宮城県/秋田県/山形県
福島県

【 関東地方 】

茨城県/ 栃木県/ 群馬県
埼玉県/千葉県/ 東京都
神奈川県

【 中部地方 】

新潟県/山梨県/ 長野県

フ西
レ日
ッ本
ツ 
【北陸地方 】 富山県/ 石川県/ 福井県
 【東海地方 】 岐阜県/静岡県/ 愛知県/三重県
【 近畿地方 】 滋賀県/ 京都府/
大阪府/ 兵庫県 /
奈良県/ 和歌山県 
【 中国地方 】 鳥取県/ 島根県/ 岡山県/
広島県/ 山口県
【 四国地方 】 徳島県/ 香川県/ 愛媛県/ 高知県
【 九州地方 】 福岡県/ 佐賀県/ 長崎県/ 熊本県/
大分県/ 宮崎県/ 鹿児島県/ 沖縄県

※長野県の一部地域は、「フレッツ西日本」と混在しているエリアがあります。

 

ヒカリちゃん
引っ越し先が、

『フレッツ光』の【NTT東日本】なのか?

【NTT西日本】なのか?

分からない場合は、上の

『47都道府県別『フレッツ光』の
NTT東日本と西日本の提供エリア』

から確認できます!

 

 

 

 

【フレッツ光 西日本】の速度品質比較
マンションタイプ&ファミリー
『ネクスト』&『隼』の違いって??

サービス名

最大速度
上り/下り
戸建て

フレッツ光ネクスト
ファミリー
・ハイスピード】

200Mbps
/200Mbps
フレッツ光ネクスト
ファミリー隼】
1Gbps
/1Gbps
集合住宅

フレッツ光ネクスト
マンション
・ハイスピード】

200Mbps
/200Mbps
フレッツ光ネクスト
マンション・スーパ
ハイスピードタイプ 隼】
1Gbps
/1Gbps

『フレッツ光』の回線は、現在、

  • 上下最高速度が200Mbps程度の「フレッツ光ネクスト」:200Mbps
  • 上下最高速度が1Gbps程度の「フレッツ光ネクスト 隼」:1Gbps(=1000Mbps)

があります。

 

総称して、『フレッツ光 ネクスト』と呼ばれています。




このページでは出来る限りシンプルに『フレッツ光ネクスト』のサービスの違いについて解説します!

ネット回線コンシェルジュ
『フレッツ光ネクスト』って、
プランがありすぎて、
どれを選べば良いのか分からない!


っていう声が非常に多いです。


ミケネコ先生
「ネクスト」は、基本的に光回線を使っている!
ということが、ポイントです。

『フレッツ光ネクスト』の中で、
どのプランを選んだら良いかを、
このページでは解説してます。

 

 

「光コラボレーション」という新しいサービスも始まっています。

 

NTT回線を、『ドコモ光』や『ソフトバンク光』が貸してもらって、卸売りをしているサービスため、携帯スマホタブレットとの『セット割引』が、お得なんです。こちらも合わせて、最適な回線をご検討ください。

光コラボの仕組み 『プロバイダ料が
安く(無料に)なる理由って?』

 

フレッツ+コラボ選べるおすすめ
最大4.8万円乗換特典のページ

 

もし、スピード重視で選ぶなら、

関東・関西・東海エリア限定で契約出来る

最大2Gbpsの『NURO光』+独自特典もご確認を!

 

「ギガ」は『東日本』!「隼(はやぶさ)」は『西日本』!
:1Gbpsのサービスが安心
月額料金&工事費用(初期費用)は?

最高速度が1Gbpsなのは、

NTT東日本の「ギガファミリー・スマートタイプ」「ギガマンション・スマートタイプ」

NTT西日本の「ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」

です。

 

NTT東日本【フレッツ光】のオススメプラン
「ギガファミリー・スマートタイプ」
「ギガマンション・スマートタイプ」

サービス名

最大速度

上り/下り

月額料金 

初期工事費用

戸建て

フレッツ光ネクスト

ギガファミリー
スマートタイプ】
(Wi-Fiあり)

1Gbps

/1Gbps

5700円/月

+プロバイダ月額料金

+18800円(工事費用)

集合住宅

 

フレッツ光ネクスト

ギガマンション
スマートタイプ】
(Wi-Fiあり)

1Gbps

/1Gbps

3750円/月

(プラン1)

3350円/月

(プラン2)
4350円/月

(プランミニ)

+プロバイダ月額料金

+15800円(工事費用)

NTT東日本【フレッツ光ネクスト】の速度品質&コスト比較 全一覧
 

NTT東日本【フレッツ光ネクスト】の
速度品質&コスト比較 全一覧

サービス名

最大速度

上り/下り

月額料金

初期工事費用

戸建て
住宅

向け

フレッツ光ネクスト

ファミリー
ハイスピード

200Mbps

/200Mbps

5200円/月

+プロバイダ月額料金

+18800円 

フレッツ光ネクスト

ギガファミリー
スマートタイプ
(Wi-Fiあり)

1Gbps

/1Gbps

5700円/月

+プロバイダ月額料金

+18800円 

フレッツ光ネクスト

ギガファミリー
ガラインタイプ
(Wi-Fiなし)

1Gbps

/1Gbps

5400円/月

+プロバイダ月額料金

+18800円 

集合住宅

向け

フレッツ光
ネクスト

マンション
ハイスピード

プラン1

100Mbps

/200Mbps

3250円/月

+プロバイダ月額料金

+15800円 

プラン2

2850円/月

+プロバイダ月額料金

+ 15800円 

プランミニ

3850円/月

+プロバイダ月額料金

+ 15800円 

フレッツ光ネクスト

ギガマンション
スマートタイプ
(Wi-Fiあり)

1Gbps

/1Gbps

3750円/月

(プラン1)

3350円/月

(プラン2)
4350円/月

(プランミニ)

+プロバイダ月額料金

+15800円 

フレッツ光ネクスト

ギガマンション
ギガラインタイプ
(Wi-Fiなし)

1Gbps

/1Gbps

3450円/月

(プラン2)

3050円/月

(プラン1)
4050円/月

(プランミニ)

+プロバイダ月額料金

+〜16200円 

※月額料金に、プロバイダ料金は含まれていません。

 プロバイダ料金は500〜1200円程度ですので、月額料金に加算した金額が、毎月の請求額になります。

 

【フレッツ光 東日本】地域の「フレッツ光」回線については、こちらで詳しく書いています。

 

 

NTT西日本【フレッツ光】のオススメプラン
「ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」
「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」

サービス名

最大速度

上り/下り

初期工事費用

月額料金 

戸建て

フレッツ光ネクスト

ファミリー
・スーパー
ハイスピードタイプ 隼

1Gbps

/1Gbps

5400円/月

+プロバイダ月額料金

+18800円 

集合住宅

フレッツ光ネクスト

マンション
・スーパー
ハイスピードタイプ 隼

1Gbps

/1Gbps

3700円/月

(プラン1)

3200円/月

(プラン2)
4500円/月

(プランミニ)

+プロバイダ月額料金

+15800円 

 

NTT西日本【フレッツ光ネクスト】の速度品質&コスト比較 全一覧
 

NTT西日本【フレッツ光ネクスト】の
速度品質&コスト比較 全一覧

サービス名

最大速度

上り/下り

初期工事費用

月額料金

戸建て

フレッツ光ネクスト

ファミリー
ハイスピード

200Mbps

/200Mbps

5400円/月

+プロバイダ月額料金

+18800円 

フレッツ光ネクスト

ファミリー
スーパー
ハイスピード
タイプ 隼

1Gbps

/1Gbps

4300円/月

+プロバイダ月額料金

+18800円 

集合住宅

フレッツ光
ネクスト

マンション
ハイスピード

プラン1

200Mbps

/200Mbps

3250円/月

+プロバイダ月額料金

+15800円 

プラン2

2850円/月

+プロバイダ月額料金

+15800円 

プランミニ

3950円/月

+プロバイダ月額料金

+15800円 

フレッツ光
ネクスト

マンション
スーパー
ハイスピード
タイプ 隼

 

 

プラン1

1Gbps

/1Gbps

 

 

3700円/月

+プロバイダ月額料金

+15800円 

プラン2

3200円/月

+プロバイダ月額料金

+15800円 

プランミニ

4500円/月

+プロバイダ月額料金

+15800円 

※月額料金に、プロバイダ料金は含まれていません。

 プロバイダ料金は500〜1200円程度ですので、月額料金に加算した金額が、毎月の請求額になります。

 

【『プラン1』『プラン2』『プランミニ』の違い】


プラン1  :集合住宅内で8世帯以上の場合
プラン2  :集合住宅内で16世帯以上の場合
プランミニ :集合住宅内で6ユーザー以上の場合

 

 

ミケネコ先生
 世帯数が大きい方が、安くなるということですね!

 

 


 


初期費用は、大きく変わることは少ないですが、月額料金がプランによって大きく異なり、トータルコストを比較することが、ネット回線の契約の際には、重要です。

 

合わせて、大手の回線の中で、評判のしっかりした光回線を選ぶことで、安定した速度・サービスを受けることができます。

特に、最新のwebキャンペーンを活用することで、トータルコストを下げることもできるので、契約の際は、一度最新のwebキャンペーンを確認してみることをオススメします。

『フレッツ光ネクスト』の『ネクスト』の意味って!?


ちなみに、『フレッツ光ネクスト』の『ネクスト』とは、次世代の光回線ネットワークのことです。

 

現在一般的に、『光回線』と呼ばれているのは、このNGNの回線のことを指しています。
NGN:(Next Generation Network・次世代ネットワーク)

基本的に、ネット回線がスピードが早いほうが快適なので、安くて早い回線を比較することで、一番お得な回線を選ぶことができます。

 

 

 

 



ネット回線コンシェルジュ

プロバイダの詳細については、下記の

『フレッツ光ネクスト』東日本&西日本のプロバイダ比較!
でご確認ください。

 

ヒカリちゃん
『ハイスピードタイプ』って、

ADSLの電話回線の頃のネーミングですね!

今となっては、200Mbpsは、普通になってきてるのに・・・

最近では、最大1Gbpsの速度が一般的になってきているから
注意が必要です!

 


2016年からスタートした『光コラボレーション』
「ドコモ光」、「ソフトバンク光」の他、「auひかり」
などでは、最大1Gbpsが、普通になってきています。


西日本のフレッツ光では、

『隼』が付く回線が1Gbps対応!と覚えておこう!

 

東日本のフレッツ光では、

『ギガ』が1Gbps対応!です!

 

 

『光コラボレーション』に
ついての
詳しい説明はコチラ


『光コラボレーション』の
最新キャンペーン

 

『ファミリー・ハイスピードタイプ』と『ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼』との差は、実質的にNTTからレンタルされている宅内装置で課している通信速度制限が有効か無効かの違いでしかない(Wikipedia)

 

Wikipediaに、『最大1Gbps』となるサービスの部分に、少し気になる注意書きが書かれています。

『ファミリー・ハイスピードタイプ』と『ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼』との差は、実質的にNTTからレンタルされている宅内装置で課している通信速度制限が有効か無効かの違いでしかない。

 

そのため、回線を共有している他のユーザによる通信量が多いために『ファミリー・ハイスピードタイプ』で通信速度が出ていない状況では、『ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼』に変更しても、平均通信速度が向上することはない。

<出典:ウィキペディア


NTTのフレッツ光の公式ページにも、しっかり書かれていますね。

【NTT フレッツ光東日本】
※インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線の混雑状況等により、大幅に低下する場合があります。

<出典:NTT東日本公式サイト>

【NTT フレッツ光西日本】

規格速度がより高速なタイプに変更した場合であっても、お客様の設備状況等により、実効速度が向上しない場合があります。

<出典:NTT西日本公式サイト


ミケネコ先生
 つまり、環境によって
プランを変えても速度が、上がらないケースも
あるため、注意が必要です。

 

 

 

『フレッツ光ネクスト』西日本のプロバイダ比較

NTT西日本『フレッツ光ネクスト』のプロバイダはどう選ぶ?
 

NTT西日本『フレッツ光ネクスト』のプロバイダはどう選ぶ?

<出典:NTT西日本公式サイト>

NTT西日本、プロバイダは、『フレッツ光ネクスト IPV6対応』のプロバイダの場合、約400以上、『フレッツ光ネクスト』の場合、100以上のプロバイダが選択できます。

 

詳しくは、「フレッツ光のプロバイダ」紹介記事で、詳しく説明しています。

 

【フレッツ光プロバイダ一覧比較
おすすめ乗り換え特典】
と料金速度!東&西日本

 

プロバイダとのセットで、プロバイダ料金を削減できる「光コラボレーション」については、こちらの記事に書いています。

 

光コラボの仕組み
『プロバイダ料が 安く(無料に)
なる理由って?』


 

【豆知識】「PPPoE接続方式」より「IPoE接続方式」だと快適に!「BIGLOBE光」「ドコモ光」はオススメ!

 

【豆知識】
一般的なインターネットの接続方式には、2つの方式がある。
「PPPoE接続方式」から「IPoE接続方式」に移行しつつある。


インターネットの接続機能には、2つの方式がある。
「IPV4接続機能」から「IPV6接続機能」に移行しつつある。

『1Gbps』は、ベストエフォート(「出来るだけ1Gbpsに近づけるように頑張ります!」という意味)なので、1Gbpsを約束しているわけではないことに注意が必要。

そこで、『1Gbpsのベストエフォート』のサービスの中で、さらに速度を求めるためには、どうすれば良いでしょうか??

速度改善のために出来ることは、『IPV6プラス(IPv6オプション)』という速度改善のサービスを無料提供しているプロバイダを選ぶことです。

『フレッツ光ネクストハイスピードタイプ』は、NTT側が200Mbpsに帯域制限しているため、「IPoE接続方式」でかつ「IPV6接続機能」を使うことで、上限200Mbps⇒上限1Gbpsに、速度を近づけられる可能性がある。
※「IPV6接続機能」は、プロバイダ側が提供する速度改善の機能なので、『IPV6対応』のプロバイダを選ぶことがオススメ。

フレッツ光西日本のIPv6(IPoE対応)の回線は、公式サイトから確認できます
フレッツ光東日本のIPv6(IPoE対応)の回線は、公式サイトから確認できます

フレッツ光は、キャッシュバック額が少ないことがデメリットです。
webキャンペーン(現金還元)を実施している大手回線は、下記がオススメです。

『IPV6プラス(IPv6オプション)』という上位機能を提供しているのが、大手では、
BIGLOBE光」「GMOとくとくBB経由のドコモ光
などがオススメです。

 

西日本エリアの『フレッツ光ネクスト』 光プレミアム は2019年にサービス終了!
 

西日本エリアの、「フレッツ契約」をされている方は要注意!『フレッツ光ネクスト』 光プレミアム は2019年にサービス終了!

<出典 NTT西日本>


NTT西日本のフレッツ光プレミアムは、2019年の1~3月を目処にサービスを終了します。それに伴って、すでにサービスを提供中の「フレッツ光ネクスト」に切り替えなくてはいけません。

 

NTT西日本からは、すでにフレッツ光ネクストへの切り替えを促すアナウンスがメール、あるいは直電によって行われてきました。

 

NTT西日本としては、2008年よりサービスがスタートしたフレッツ光ネクストに一本化したいのですが、契約数があまりにも多く、ソフトランディング的に年数をかけて、プレミアムユーザーのネクストへの切り替えを促してきたのです。

 

フレッツ光『プレミアム』『ネクスト』の違いですが、ネクスト』はフレッツ光の中の最上位サービスです。

 

回線機構が違うので、プレミアムで利用していたCTU(加入者網終端装置)は使えなくなり、単体型ホームゲートウェイに切り替えなくてはいけません。

 

但し、屋内工事は必要なく機器を交換するだけで済みます。
(設置を依頼することもできるので、設置や設定に不安のある人は、依頼することをオススメします。)

 

 

『フレッツ光プレミアム』サービス終了日にはどうなる?
 

 

 

NTT西日本は、『プレミアム』から『ネクスト』への移行を促してきました。

 

実際にフレッツ光プレミアムのサービスが終了した時点で何が起こるのでしょうか。

 

フレッツ光ネクストに切り替えないで、ぎりぎりまでプレミアムを使っていた場合は、サービス終了時点でインターネットに接続できなくなります。

 

もちろん、翌月からはNTTからの請求は来なくなりますから、契約自体が終了してしまうことになるのです。

 

ネクストに変更するには、機器の入れ替えが必要になるので、利用者側から手をあげてプレミアムからネクストへの変更の意思表示をしなくてはいけないのです。

 

NTT西日本としては、他の回線業者に利用者が流れてしまわないためにも、電話での案内やDM、さらにへWebメールでの案内を続けてきたのです。

 

[/_su_spoiler]



いずれにしても、フレッツ光プレミアムを利用している人は、サービス終了までには必ず『ネクスト』への移行か、他の回線業者へのネット回線の申し込みをする必要があります。

 

何もしないでいると、プレミアムのサービス終了時点でインターネットにつながらなくなる可能性があります。

 

事前に、良い回線を選んでおくことで、すこしお得に契約できるwebキャンペーンも、現在実施中です。

 

 


 

 

『フレッツ光ネクスト』以外の特典は?

『フレッツ・あっと割引』『セット割』
 

NTT西日本では、新規・移行の利用者に対して様々なキャンペーンを実施しています。

 

特にWEBでの申し込みでは多くの特典がありますので、確認してみましょう!

 

・『フレッツ・あっと割引』 :フレッツ 光ライト・Bフレッツのみ

フレッツ光ネクスト、フレッツ光ライトを2年間継続して利用する場合について、月額利用料が割引になります。フレッツ 光ライトの場合、400円割引、Bフレッツの場合、

430円割引になります。このサービスでは契約期間途中に解約をすると違約金が発生するので注意が必要です。

解約月が24ヵ月目の末日までの場合は、違約金はかかりません。

 

 

携帯とネット回線との『セット割』で、さらにお得!

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光の3社の、『セット割』を利用することで、さらにお得な最新のキャンペーンを受け取ることも可能です。

 

大手回線のセット割りについては、下記のページにて詳しく説明していますので、最新のキャンペーンをご確認ください。

フレッツ光西日本の
割引きサービス一覧(公式サイト)

 

【インターネット契約の特典比較】
おすすめキャンペーン!

 

『フレッツ光』以外の大手回線との比較

【大手7社の 月額費用 一覧比較】

マンション/戸建て

月額料金

(戸建て)

月額料金

(マンション)

工事料金

キャッシュ

バック

セット割引
フレッツ光(東日本)
[事務手数料800円]
5700円 4350円

有料

なし なし
※月額料金は
プロバイダ
以外の料金
フレッツ光(西日本)
[事務手数料800円]
5400円 4500円 有料 なし なし
※月額料金は
プロバイダ
以外の
料金
ドコモ光
[事務手数料3000円]
5200円 4000円 無料 あり ドコモ
携帯割引
auひかり
[事務手数料3000円]
5100円 3800円 無料 あり au
携帯割引
ソフトバンク光
[事務手数料3000円]
5200円 3800円 無料 あり ソフトバンク
携帯割引
ビッグローブ光
[事務手数料3000円]
4980円 3980円 無料 あり au
携帯割引
NURO光
[事務手数料3000円]
4743円 2500円

無料

あり ソフトバンク
携帯割引
携帯電話会社 割引の内容 対象の光回線
ドコモ

『ドコモ光セット割』

毎月1000円の割引あり

※個人の場合
毎月1500円~2500円程度の割引あり
※家族の場合

・『ドコモ光』
au

『auスマートバリュー』
毎月約1000円の割引あり
※家族も含めて携帯電話1台あたり

(家族で4台利用なら、平均で毎月4000円)

・『auひかり』
・『ビッグローブ光』
ソフト
バンク

『おうち割 光セット』
毎月約1000円の割引あり
※家族も含めて携帯電話1台あたり

(家族で4台利用なら、平均で毎月4000円)

・『ソフトバンク光』
・『NURO光』

ネット回線コンシェルジュ
最終的に迷った際は、

・上記の、契約している携帯電話会社に対応する光回線

・特典額が多い下記のキャンペーン

いずれかからのお申込みがオススメです!

 

それぞれ、条件が時期によって異なるため、

各ページのキャンペーン内容を、

確認して、快適なネット回線を選びましょう!

 

 

フレッツ光西日本エリア
1Gbps以上のおとくな回線まとめ

 

フレッツ光西日本エリアで、1Gbps回線以上を選ぶなら、

  • フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼】

  • フレッツ光ネクスト【ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼】

のプランがある。

 

『フレッツ光』だと、現在もプロバイダ料金が発生するし、webキャンペーンのキャッシュバック額が少ないことがデメリット。

 

 

西日本エリアで、IPv6プラス(オプション)という無料の速度改善のサービスをしていて、かつメリットの大きなwebキャッシュバックをしているのは、以下の3回線

 

その他、フレッツ系でwebキャンペーンを実施しているページ

 

フレッツ光は、公式でキャッシュバックなしの月額割を実施していますが、上記のwebキャンペーンは、上限速度が同じ回線の中で、お得なサービスです。

 

ぜひトータルで比較して、大手の、お得な回線を選ぶことをオススメします。

 

 

 

 

終了した過去web特典など
 

 

・『Web光もっともっと割』:フレッツ光ネクスト

フレッツ光ネクストの契約者を対象にした割引サービスです。新規で契約した場合において、1年目の1,290円割引の後、2年目から6年目まで毎年100円ずつ割引額が増加していきます。7年目からはさらに割り引かれるかなりお得なサービスです。

・『光ライト割』       :フレッツ 光ライトのみ

新規で「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」/「フレッツ・あっと割引」を、同時に申込む方へのの割引サービス

「フレッツ・あっと割引」適用時より、最大で31か月間の500円割引サービスです。

下記のセット割のページで、現在申し込みことが出来る、WEB限定キャンペーンについても合わせて比較して、紹介しています。

是非ご覧ください。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ネット回線, フレッツ光

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.