ドコモ光 ネット回線

2019最新【ドコモ光全24プロバイダ比較】工事費2万円&ルーター¥0特典

更新日:

 

 

『ドコモ光』その他の記事一覧

 

 

『ドコモ光』の場合、工事費全額・半額無料キャンペーンは、現在ありません。

 

急遽、2019年の期間限定で、工事費無料キャンペーンが開始しています。
(条件は、『新規の申込み』または『フレッツ光に加入中であること』のいずれかが条件です。上記リンク先の『詳しくはこちら』ボタンを開くと、確認できます。)

 

 

『ドコモ光のプロバイダ選び』で、どのプロバイダが、一番得!?違いは?

費用面では、『ドコモ光のプロバイダ』は、マンションの場合、
【タイプA】を選べば、4000円/月
【タイプB】だと、  4200円/月
の違いのみです。

 

ヒカリちゃん
ドコモ光の定額プランの際は、必ず、【タイプA】【タイプB】

どちらかのプロバイダを
1つだけ
選ぶことが必要

 

戸建てでも、マンションでも、

【タイプA】のほうが、
月額200円お得なのです。

 

最新キャッシュバックについても、

ページ最後に紹介しています。

 

 

【タイプA】
の18プロバイダ
【タイプB】
の 6プロバイダ


※『U-P!a』と『ソネット』は2019年に
終了したため選ぶ事が出来ません。

GMO とくとくBB/ドコモnet
など18社

T-com/OCN/TNC/AsahiNet
WAKWAK/ちゃんぷるネット

戸建て
5200円/月

マンション
4000円/月

戸建て
5400円/月

マンション
4200円/月

 

「GMO」「ドコモ.net」のシェアが大きいので、この2つを重点的に比較すると、メリットの違いが、分かりやすいです。

 

現在、ドコモ光のプロバイダは24社もあり、どこを選んだら良いのか、迷ってしまう人も多いですよね。

しかし、最も注意すべきは、各社のサービス内容の違いです。

このページでは、ドコモ光のプロバイダを徹底比較しています。

 

結論から言うと、『GMO』または、『ドコモ.net』は、サービス・コスト面で、優れています。

 

5大プロバイダ比較
全24社プロバイダ比較
も、あわせてご確認ください。

 

 

『タイプA』『タイプB』の全24社の比較は、こちらのページで一覧比較していますので、詳細を比較したい際には、ぜひご確認ください。

 

『ドコモ光』タイプ Aと
タイプB違いメリット!

 

『ドコモ光』の全プロバイダ全24社
【「タイプA(上段)」と「タイプB(下段)」の比較】

2019'『ドコモ光』の全プロバイダ、全24社の詳しいサービス一覧表を全て見る

<出典:『ドコモ光』公式サイトのPDFより

ヒカリちゃん
 上段がタイプA、下段がタイプB。

法人の方や、20歳未満の未成年者の場合、契約出来るプロバイダか?を、合わせてチェックできます。


下記、出典のリンク先より、詳細PDFをダウンロード後に、閲覧可能です。

 

 

 

 

ネット回線コンシェルジュ
 ↑上の比較表は、
ドコモ公式サイトの中で、

唯一、全プロバイダが
一覧表になっているPDFです。

 

『ドコモ光』公式サイトのPDFから、

リンク先のPDFも確認できます。

念のために確認しておくと、

細かい点まで、比較できますよ!

 

しかし、ポイントが、

つかみにくいですよね。。

 

 

ミケネコ先生
ドコモ光公式のPDFは

とても見にくいので、

比較しにくいです。。

 

できるだけ、詳しくまとめたいと

思って、このページでは

独自の比較表にしています。

 

詳しくは、
主要5社比較
全24社比較

から、確認できます。

 

 

 

プロバイダ同士の、サービスの違いは、

ココが POINT !

  • 『速度改善機能IPv6』があるか/ないか?
  • 『高性能WiFiルーター』などのキャンペーンがあるか/ないか?
  • 『無料訪問サポート』などのキャンペーンがあるか/ないか?

などの点が大きな違いです。

 

 

ドコモ光で一番オススメのプロバイダーはGMOとくとくBB!
オススメの理由を解説!

ドコモ光では24社のプロバイダーの中から利用するプロバイダーを選ぶことができます。

 

先に結論から言うと、オススメなのはタイプAに属している『GMOとくとくBB』がオススメです。

 

 

GMOとくとくBBがオススメの理由は、下記の通り。

 

【GMOとくとくBBがオススメの理由】

  • タイプAに属しているため、タイプBのプロバイダーより月額料金が200円安い
  • 高機能な無線ルーターを無料レンタルで利用することが出来る
  • 速度保証も行っており、100Mbps出ない場合には毎月ポイントバックあり
    (速度に自信をもっている)
  • 独自の高額キャッシュバックを行っている

 

プロバイダーを選ぶ際、多くの方が最も重視しているのが、『快適に繋がること/安心して使い続けられること』だと言われています。

 

プロバイダーによって使えるオプションサービスや、メールアドレス等に違いはありますが、そもそも速度が安定して出ていないと快適にインターネットを利用できないからです。

 

その点で、GMOとくとくBBに関しては、ホームぺージ上で地域ごとの実測値を公開しており、また速度が出ない場合にはポイントバックで、保証まで行っています。

 

他のプロバイダーで実測値を公開したり、速度保証まで行っているプロバイダーはありません。

快適さ(速度)という点を重視するなら、圧倒的にGMOとくとくBBがオススメです。

 

GMOのデメリットは、最大15000円の特典を受け取るためには、「かりTV for docomo(月額2500円)」への加入が必要だという点です。

(『ドコモ光』のみの契約の場合、5500円の特典です)

 

高性能WiFiが使えることや、「V6プラス」により、快適な環境をサポートしている点などが特徴です。

 

ネット回線コンシェルジュ
オススメできる主要な3プロバイダについて、下記にて分かりやすくまとめているので、比較してみましょう。

 

 

『ドコモ光』特典の多い5大プロバイダ
オススメキャンペーン比較
速度対策の違い ¥0wifiルーターも

訪問
サポート
IPV6
プラス対応
WiFi
無料
レンタル
その他サービス
GMO
とくとくBB

   
 
高機能WiFi

(16500円相当)

最大15000円
キャッシュバック
・IPV6プラス実測値公開

出張サポート無料キャンペーン

ぷらら       15000円
キャッシュバック
・フリーチケット1200円分(毎月)
DTI      

15000円
キャッシュバック

ドコモnet

IPV6 なし 『ルーター01購入&サポート契約』
のみ
dポイント10000pt

ソネット

2019年
ドコモ光でのプロバイダー
提供を終了

ヒカリちゃん
24社の中でも、
特にオトクな
サービスを展開している
上位5社を、
表にまとめてみました。

 

『出張サポート無料キャンペーン』を実施しているGMOだと、いざという時にも、サポートを受けられる点がメリットです。

 

 

ドコモ光おすすめプロバイダー
No.1 『GMOとくとくBB(タイプA)』

ドコモ光のプロバイダとして、契約数が増えているのが、『GMOとくとくBB』です。

 

その人気の最大の理由は、V6プラスを採用した接続方法にあります。

「V6プラス」とは、従来のフレッツ光接続方法とは違い、これまでの課題だった速度遅延のボトルネックの原因を解消する『IPv6 IPOE』の接続方法のことです。

 

GMOトクトクBBは、この「V6プラス」を無料で使用することができます。

<出典:ドコモ光 GMOとくとくBBページ

GMOとくとくBBのドコモ光
【最大月額5700円引(セット割時)】
+【高性能WiFi無料レンタル】
キャンペーン実施中!

 

さらに、現在は、WiFiルーターも無料で付いてくるキャンペーン期間中です。

 

無料でレンタルできるのは、ルーター機器の中でも信頼度が高いメーカーであるBUFFALOの「WXR-1750DHP」16500円の高性能ルーターです。

 

Wi-fiには、性能の違いによって様々な規格があります。

 

このWXR-1750DHPは『11AC』という最高の速度の規格に対応していて、将来的に快適に使い続けられる点は、他では得られないメリットです。

 

本来、wifiルーターは、別料金でレンタルしているプロバイダも多く、ルーターによって、速度の改善が見込めるのでこのサービスは、かなりお得感があります。

 

※マンションタイプの場合、VDSL・LAN方式では上限が100Mbpsなので、利用は可能ですが、あくまでこの上限内の若干の速さの向上のみとなる可能性があります。
(集合住宅の場合、一般に、届くまでに回線速度が遅くなる傾向があるため)

 

 

 

ドコモ光おすすめプロバイダー No.2〜5 『ぷらら』『DTI』『 ドコモnet』

ドコモ光おすすめプロバイダー
No.2〜4 ぷらら』『DTI』

 

【ポイント!】

現在、『GMOとくとくBB』ぷらら』『DTI』は、下記の4つの特典内容で競合しています。

  • WiFi無料レンタル
  • IPV6プラス対応
  • 訪問サポート
  • 15000円キャッシュバック

もともとは、『GMOとくとくBB』がスタートしたサービスでしたが、それぞれ似た内容になってきているため、それぞれ嬉しい内容になっています。

その中の違いとして、無料で到着後にすぐに使い始められる高機能WiFiがある点が、『GMO』が一歩お得な特典を提供しているポイントです。

サポート面では、『ドコモ光』の無料サポートに電話ですぐに聞くことが出来るという点では、どのプロバイダ経由でも内容が似ていますが、今なら、GMOとくとくBB限定のドコモ光出張サポート無料キャンペーンも実施中です。
※どうしても自宅に来て、設定を見直して欲しいときに便利なサービスです。

 

No3のプロバイダー『ぷらら』は、下記の特典が特徴です。

フリーチケット1200円分(毎月)

しかし、このクーポンは、以下の『ぷらら』内のサービスを使うときに限られたクーポンのため、他のサービスなどでは使えないため注意が必要です。

 

『ぷらら』内のクーポンを利用することが出来るサービス一覧

  • 複数メールアドレス
  • ニックネームメール
  • メールフォワードHyper
  • プライベートホームページ
  • 時間 de メール
  • グループメール
  • IP接続サービス

<出典:ぷららフリーチケット対象サービス一覧

 

 

ドコモ光おすすめプロバイダー
No.5 『 ドコモnet(タイプA)』

ドコモnetの一番のメリットは、ドコモ系列であるという部分です。問い合わせ先が一つになるので、簡単です。

 

ただ、お問合せに関しては、どのプロバイダでも、『ドコモ光』に問い合わせれば、接続の際のトラブルなど丁寧に対応してもらえます。

 

また、GMOと同じで、タイプAなので、料金も安くなります。

2016年からは、速度面でVP6接続も順次提供を始めており、安定した回線になりました。

 

特典面では、『ルーター01購入&トータルサポート契約』の場合のみ、使用期間・用途が決められたdポイント10000ptが付与されます。

 

購入と、毎月のオプション契約が必要で、高性能WiFiルーターの無料レンタルが無いなど、大きな特典がほぼ無い点は、デメリットと言えます。

毎月500円がかかる『ネットトータルサポート』の内容って?
 

 

 

購入店や製造メーカーを問わず、さまざまなジャンルの通信につながる機器が対象に!

 

お電話でのサポートに加え、修理、訪問サポート、データ復旧、買取、オンラインパソコン教室も利用可能!

 

さまざまなご要望にお応えできるよう、多様なサポートツールをご用意!

 

オペレーターが遠隔でお客さまのパソコン画面を確認しながらご説明したり、専用アプリを通じて手厚いサポートを提供します!

 

<出典:ドコモ光
ネットトータルサポート


 

 

 

ヒカリちゃん
同じドコモ光でもプロバイダによって、いろいろな違いがあるのね。

 

もし公式よりお得な追加特典がある場合は、トータルで比較してみたほうが良さそう。。

下の表で、役立つサービスを提供しているプロバイダだけを厳選していますので、ぜひ最適なサービスを比較してください。

 

全てのプロバイダを比較するなら、全24社プロバイダ比較からご確認を!

 

 

ドコモ光のプロバイダ『タイプA』
『タイプB』の違いは!?お得な選び方 

ドコモ光では、「タイプA」と「タイプB」の二種類が存在します。では、その違いを確認しましょう。

 

ドコモ光(インターネット料金+プロバイダ料金)+オプション料金-光セット割

 

ドコモ光の料金は、インターネット料金とプロバイダ料金が一体型です。

料金構成は「ドコモ光」の料金/「オプション料金」/「光セット割」で構成されます。

 

<出典:ドコモ光公式料金ページ

 

この時に、選ぶプロバイダによって、タイプAとタイプBに分けられます。

 

基本的にはサービスがリリースされた当初から契約しているタイプAは、低価格で大手のプロバイダーが多いです。サービスの内容は「GMO」がユーザー目線のサービスを提供している以外は、独自特典が少ない状況です。

 

さらに、月額料金が、『タイプB』の場合、200円高い料金設定です。

 

ネット回線コンシェルジュ
月額200円の違いですが、
2年(24ヶ月)で、『タイプB』の場合、
4800円も、割高になるよ。

 

 

1年だけで契約終了というケースはまれなので、2年以上の長期目線で、プランを選択したほうが、実際のコストを損せず比較することができます。

 

プロバイダ料金込みの月額料金

【タイプA】
の20プロバイダ
【タイプB】
の 6プロバイダ

GMO とくとくBB/ドコモnet
など20社

T-com/OCN/TNC/AsahiNet
WAKWAK/ちゃんぷるネット

戸建て
5200円/月

マンション
4000円/月

戸建て
5400円/月

マンション
4200円/月

※「タイプA(U-Pa!)」は、2019年3月31日に終了しました。

<出典:ドコモ光公式 プロバイダページ

詳しくは、上の比較表で比べて、必要な項目とメリット・デメリットを探すことで、プロバイダ選びでの失敗を避けられます。

 

タイプAにするだけで、2年で、4800円も得する計算になり、しかも、「GMOとくとくBB」にすることで、他にはないサービス特典が受けられるキャンペーンが、web限定で実施中です。

 

 

 

※契約内容を、さらに細かい部分まで確認したい際には、各プロバイダの『特典の適用条件』『キャンペーン内容』については『プロバイダ提供条件書』が各プロバイダ会社より提供されており、確認できます。

 

 

ネット回線コンシェルジュ
コストで選ぶなら、タイプAにした方がお得ですね。

 

さらに、キャンペーンを併用すると、同じ支払い額でも、無料でWiFiルーターをレンタル出来たり、速度改善のキャンペーン特典を受けられるんですね!

 

ドコモ光のプロバイダー『タイプA』と『タイプB』で
料金以外で違いはある?その他の注意点

ドコモ光のプロバイダーの料金が200円違う以外で、『タイプA』と『タイプB』のプロバイダーで違いはあるのでしょうか?

 

違いがある点で言えば、下記のような部分がプロバイダーごとに違ってきます。

 

【プロバイダーごとに違う点】

  • 利用できるメールアドレスの種類や数
  • オプションサービスとして使えるセキュリティソフトやその他のサービス
  • 速度の安定性
  • 特典(キャッシュバックやその他の特典など)

 

GMOとくとくBBでいえば、gmobb.jpというメールアドレスを15個まで利用することができて、セキュリティソフトも12ヵ月無料で利用可能です。

 

また、独自の高額キャッシュバックも実施しており、何よりも高機能な無線ルーターを永年無料レンタルで利用できるという点がオススメのポイントになります。

 

オプションサービスは、『タイプA』と『タイプB』で違うわけではなく、各プロバイダーごとに細かく異なります。

 

各プロバイダーごとの簡単な違いについては、表にしてまとめてありますので、ご確認ください。

 

 

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際の注意点

無線Wi-Fiルーターを利用するなら、永年無料で利用できる方がお得!
 

 

同じタイプAのプロバイダーなのに、利用するプロバイダーによって毎月の料金が違ってくることはあるのでしょうか?

 

この点に関して先に結論からお伝えすると、同じタイプAのプロバイダーでも毎月の料金が変わってくる場合は多々あります。

 

というのも、インターネットを利用する際に必須と言われている下記の2点を、プロバイダーのオプションサービスとして利用する場合に料金に違いが出てくるからです。

 

 

【インターネット利用に必要な2つのもの】

 

無線Wi-Fiルーター

無線Wi-Fiルーターを購入するか、

プロバイダーのサービスとして毎月料金を支払って利用する

セキュリティソフト セキュリティソフトを購入するか、
プロバイダーのサービスとして毎月料金を支払って利用する

 

特にWiFiに関しては、オプションサービスとして利用すると毎月300円~500円ほどかかってくることが多いですし、市販のルーターを購入する場合には、5千円~1万円程度の購入費用が必要です。

 

また、市販のルーターを購入する場合には、故障してしまった場合に修理費が必要になったり買い替えをしなければならないというデメリットもあります。

 

その点、GMOとくとくBBでは、下記特典があります。

  • 購入すると約1万6千円ほどもする高機能な無線ルーターを永年無料で利用できる
  • 12ヵ月無料で、セキュリティソフトを利用できる

トータルの料金面でも、かなりオススメのプロバイダーです。

 

 

その他のプロバイダーとも比較して、最適なプロバイダーを選ぶことをオススメします。

 

 

『ドコモ光』のプロバイダは後から変更出来る??

『ドコモ光』のプロバイダ変更は、電話一本で可能です。

 

ただし、事務手数料金(3000円)のみ必要です。

連絡先と手続き方法については、下記に詳しく記載されています。リンク先のドコモ光公式サイトから、ご確認ください。

 

『ドコモ光』のプロバイダ変更 ドコモ公式サイト

 

 

【ドコモ光のプロバイダ24社】全比較表 一覧
[セキュリティ・サポート・IPV6プラスの速度改善対応]

 【タイプA】の 主要9プロバイダー

 【タイプA】 リモート
サポート
訪問
サポート
IPV6
プラス対応
その他サービス
ドコモnet IPV6 ・Webメール
・メール転送サービス
・マルウェア不正通信ブロック機能
ぶらら 初回のみ IPV6プラス

・フリーチケット1200円分(毎月)
・ひかりTV工ントリープラン
・有害サイトブロック
・メール転送サービス
・Webメール
・プライベートドメインメール

GMO
とくとくBB
出張サポート
無料キャン
ペーン
IPV6プラス

・高機能WiFi(16500円相当)レンタル無料
・独自ドコモポイント
 最大15000円!!

・独自の無料訪問サポート

・ホームページ(350MBまで/最大1 引固)
・Webメール
・メール転送サービス
・くまポン優待特典付与(毎月)

ソネット

2019年
ドコモ光でのプロバイダー
提供を終了

DTI 初回のみ IPV6プラス ・ホームページ(100MBまで)
・Webメール
・メール転送サービス
・DTI Club Off(会員優待サービス)
nifty 初回のみ 初回のみ IPV6

・Webメール
・メール転送サービス
・ブログ(2GBまで)
・ファミリープラン
(家族用の子ID4つまで無料)

楽天
ブロード
バンド
初回のみ 初回のみ IPV6

・楽天スーパーポイント100ポイント(毎月)

Biglobe 初回のみ IPV6

・会員優待割引サービス

・家族会員サービス(家族4名まで家族ID無料)

・メール転送サービス

・ホームページ(100MBまで)
・ブログ(3GBまで)
・Webメール

BB excite 有料 有料 有料 ・ブログ(1GBまで)
・Webメール

 

【タイプB】の 6プロバイダー ※月額料金が+200円 割高
 

【タイプB】の 6プロバイダー ※月額料金が+200円 割高

【タイプB】 リモート
サポート
訪問
サポート
IPV6
プラス対応
その他サービス
OCN 有料 初回のみ IPV6プラス

・マルウェア不正通信ブロックサービス
・ネット家計簿
・gooブログ(3GBまで)

T-com 有料 有料 IPV6 ・ホームページ(20MBまで)
・Webメール
TNC
(静岡県のみ)
有料 IPV6 ・ホームページ(20MBまで)
・Webメール
WAKWAK 有料 IPV6 ・ホームページ(50MBまで)
AsahiNet IPV6 ・ブログ(無制限)
・Webメール
ちゃんぷる
ネット
(沖縄県のみ)
IPV6 ・Webメール のみ

 

 

利用方法にもよりますが、『タイプA』の方が、全般的に良いサービスが揃っています。

特に、ドコモnetと比べても、他の大手プロバイダがサービスを競っているのが特徴的ですね。

 

大きなメリットでは、高機能WiFiが無料でレンタルし続けられる、GMOのサービス&ドコモポイント追加特典があります。

さらに、サポートが必要な場合は、リモート(遠隔操作による指導・修繕)と、訪問サポート(事前に予約して、家までやって来て直してもらう)というサービスを選ぶことも出来ます。

 

 

※ サポートは、『ドコモ光』の場合、無料電話で直接サポートを受けられます。多くの場合、初期設定は、工事の際にしてもらえますし、いざという時も無料の電話サポート(151)は、予約も要らず、面倒な手続きなしに、すぐに聞けるのでオススメです。

 

 

また、セキュリティに関しては大きく分けると、
・『メールのウィルスチェック』
『セキュリティソフトの提供』
という2つの確認ポイントがあります。

 

メールのウィルスチェックに関しては、ほぼ全てのプロバイダーが提供しているため、そこまで違いを気にする必要はありません。

 

例えばGMOとくとくBBだと月額500円でパソコン・スマホ・タブレットで合わせて3台まで使える『マカフィー』というセキュリティソフトを1年間無料で提供しています。

 

 

セキュリティソフトはプロバイダー提供の月額制のものを使う以外に、市販のものを購入して利用することもできますが、

 

市販のセキュリティソフトは、

① 期限が切れたら、毎回購入が必要なため、更新する手間がかかる

② 1年間や3年間の利用代金の、前払いが必要

 

というデメリットもあるため、ネットに慣れていない方はプロバイダー提供のセキュリティソフト(更新不要・利用料金は月ごとの後払い)での対策も可能です。

 

または、市販のセキュリティソフトを購入することで対策ができます。

 

※ Windowsの場合、最低限のセキュリティのみで良いのであれば、ウイルスセキュリティZERO』などで済ませることも可能です。

 

すでに利用しているセキュリティソフトがある場合は、プロバイダー提供のサービスを使わずに、その他の特典だけを、受けることも可能です。

 

 

【ドコモ光のプロバイダ】一覧、徹底比較!メールアドレス数・その他

 

【ドコモ光のプロバイダ24社】全比較表 一覧
 [メールアドレス数・その他]

【タイプA】の 主要9プロバイダー

 【タイプA】 アドレス数 ドメイン メール容量 メールウィルス/
総合セキュリティソフト
ドコモnet 1 docomonet.jp 1GB ◎/ワンストップ
GMO とくとくBB 15 gmobb.jp 無制限

◎/無料訪問サポート

DTI 10 dream.jp 無制限 ◎/初回無料
楽天ブロードバンド 10 gol.com 200MB ◎/初回無料60日以内
ぶらら 7 plala.or.jp 無制限 ◎/初回無料
Biglobe 5 biglobe.ne.jp 無制限 ◎/初回無料
ソネット 2019年
ドコモ光でのプロバイダー
提供を終了
nifty 1 nifty.com 5GB ◎/初回無料90日以内
BB excite 1 excite.co.jp 2GB ◎/有料

【タイプB】の 6プロバイダー ※月額料金が+200円 割高

 【タイプB】 アドレス数 ドメイン BOX容量 メールウィルス対策
迷惑メールフィルタ
OCN 1 ocn.ne.jp 1GB ◎/初回無料
T-com 1 t-com.ne.jp 無制限 ◎/有料
TNC
(静岡県のみ)
3 tnc.ne.jp 無制限 ◎/有料
WAKWAK 2 wakwak.com 1GB ◎/有料
AsahiNet 1 asahinet.jp 無制限 有料/無し
ちゃんぷるネット
(沖縄県のみ)
1 chanple.net 5GB ◎/初回無料1年以内

プロバイダごとに、メールの『アドレス数』『容量』『セキュリティ』のサービスの違いがありますが、大きな違いはありません。
(気になる人だけ、比較してみることをオススメします。)

 

 

ドコモ光の速度は「遅い」?「早い」?地域の速度比較を!『ドコモ光』の口コミ・評判

 

ドコモ光の速度は「遅い」?「早い」?地域の速度比較を!
『ドコモ光』の口コミ・評判

ドコモ光は早いのか、遅いのか?

それはプロバイダや住んでいる地域でも多少の差があるようです。

①GMOとくとくBBの口コミ

②ぷららの口コミ

③その他の口コミ

 

(BB.excite)

(OCN)

ドコモ光の中では、GMOとくとくBBは称賛を得ていることもあるようです。

 

特に、速度を大きなメリットとしているGMOは、サイト内で、全国の速度計測結果を確認できるようになっています。

こちらで計測して、今使っている回線と、地域のドコモ光回線利用者の数値などと比較してみましょう。

 

地域ごとの実測値を知りたい方は、下記のGMO公式サイトを参考にしてみてください。

 

GMO公式サイト:GMOとくとくBBの速さの秘密

 

 

「v6プラス」の速度計測!

GMOとくとくBBが指定する速度判定サイトを使って、速度を計測してください。

Studio Radishが提供するスピード測定システムです。

ミケネコ先生
自分の使っている環境の速度を測ってくれるなんて。

 

ぜひ、やってみよう!

 

 

 

ドコモ光のプロバイダー「GMO」「ぷらら 」の口コミ 評価評判

ドコモ光のプロバイダー
「GMO」「ぷらら 」の口コミ 
評価評判どこがいい!?

実際にプロバイダを使ってみた人からの声も重要です。一部を紹介していきましょう。

 

①GMOとくとくBB

V6プラスでノンストレス

【回線速度】
5社のプロバイダーを試しましたが混雑時間帯の大減速が酷く有料動画サイトがまともに見れない状態でしたが、V6プラスが安定して速いということを知り、申し込みから接続まで一番スムース且つ料金がリーズナブルなGMOさんを選択しました。

混雑時間帯の失速は一切なく昼夜問わず一定速度で安定しています
BNR:80~100Mbps
USENスピードテスト:35~42Mbps(クロヒョウ級~ドラゴン級)
Radish Network Speed Testing:250~350Mbps

【ご利用料金】
V6プラスの中では一番リーズナブルだと思います。

【サービス】
普通に一般的

【セキュリティ】

普通に一般的

【サポート】
入会検討の電話相談もスムースに繋がり、接続切り替え日時の希望もメールにて大変スムースに対応して頂けました。

【総合】
V6プラスを利用するにはちょっとした諸条件と一部利用できないサービスがあるようですが、バンダイチャンネル・アマゾンビデオ・hulu等の動画サイトや自分が遊んでいるオンラインゲームでは全く問題なく快適です。

<出典:kakaku.com GMOとくとくBB 

 

混雑しがちな夜の時間帯でも安定した速度が出るGMOトクトクBBは、料金から考えても、速度面で好評なコメントもあります。

 

②ぷらら

【回線速度】
苦もなくよい速度です。問題なく使えます。

【ご利用料金】
普通です。安くもなく高くもなく総合的に適してると思っています。

【サービス】
気にしたことがないですが、すごくお得なサービスだと思ったことはないですし良くも悪くもありません。

【セキュリティ】
最低限守られたセキュリティです。満足しています。

【サポート】
今のところこれ!と言った魅力のサポートとは思わず他社と同レベルだと思っています。

【総合】
良いです。けして悪いところがあるわけではないので5段階でしたら4だと思っています。

<出典:kakaku.com ぷらら 

GMOに比べると、可もなく不可もない、と言う感じですね。不満はないけれど、もう少しメリットがあれば、もっと評価が上がったのでしょう。

 

③ドコモnet

【回線速度】
速度にかんしては申し分なく満足できていると自負する。ネットゲーム(ラグナロクオンライン、モンスターハンターF)をストレスなくプレイできていたため。現在はアマゾンプライムビデオを見ているが、問題なく視聴できている。

【ご利用料金】
フレッツ時代は7千円台だったが、ドコモ光でだいぶ下がった。しかし、負担額が大きいのは変わりなく、3千円台まで頑張ってほしい。

【サービス】
サービスとは、何の事だろうか。メールアドレス付与?これは使用していない。

【セキュリティ】
ネットセキュリティに関しては利用していない。

【サポート】
サポート電話の事だろうか。利用した記憶がないが、利用していたら、とくに問題もなかったので良いということになろう。

【総合】
速度:良 料金:不可

<出典:kakaku.com ドコモ.net

 

 

 

IPv6プラスが速い!?『IPv6 PPPoE』『IPv6 IPoE』『IPv4 over IPv6』
プロバイダーごとに異なる高速のインターネット接続とは?

プロバイダーを通してインターネットに接続する3つの方法は、
・『IPv6 PPPoE』
・『IPv6 IPoE』
・『IPv4 over IPv6』
の3種類です。

 

この中で、本当に速度の改善が見込まれるのは『IPv4 over IPv6』(IPv6プラス)と呼ばれる接続方式です。

 

 

【3種類のIPv6の通信方法まとめ】

速度が改善する?? プロバイダー
『IPv6 PPPoE』  速度改善が限定的 DTI /BB.excite/@ネスク 
hi-ho/TiKi TiKi/@TCOM/TNC 
『IPv6 IPoE』 速度改善は部分的 OCN/ドコモnet/
ASAHIネット/WAKWAK
『IPv4 over IPv6』
(IPv6プラス)
速度改善に対応! GMOとくとくBB/ビッグローブ 
@nifty/ぷらら

『IPv4 over IPv6』という方式は、最も新しいインターネット接続の方式の1つで、対応しているプロバイダーと対応していないプロバイダーに別れています。

 

『IPv4 over IPv6』『IPv6 PPPoE』『IPv6 IPoE』で違う点は簡単に言うと下記の通り。

 

 

【通信方式による違い】

『IPv4 over IPv6』 ネット利用者が増えて
混雑する時間帯でも、速度が落ちにくい
『IPv6 PPPoE』
『IPv6 IPoE』
ネット利用者が増えて
混雑する時間帯だと、速度が落ちやすい

 

 

あまりネット利用が多くない時間帯などは、どれを使っても大きな違いは出ずらいですが、ネット利用が増える夜間の時間帯などは『IPv4 over IPv6』『IPv6 PPPoE』『IPv6 IPoE』だとその違いがハッキリ現れてきます。

 

『IPv4 over IPv6』はネット利用が多くない時間帯+ネット利用者が多い時間帯のどちらでも安定した通信が可能なため、ストレスなくインターネットを利用することができます。

 

そのため、ネットをストレスなく使いたいという方は、この『IPv4 over IPv6』に対応したプロバイダーを選択するのがオススメです。

 

最後に『ドコモ光』基本料金・特典の確認&メリットは?

  初期事務手数料
+初期工事費用
月額支払い料金
+プロバイダ料金
(最低契約年数)

ドコモ光

戸建て
18000円

マンション
15000円

+3000円[事務手数料]

戸建て
5200円/月

マンション
4000円/月

※上記【タイプA】の料金です
【タイプB】は、+200円。

 『ドコモ光』の、初期工事費用
については、コチラのページで
詳しく解説
しています。

 

ネット回線を『ドコモ光』に変更する場合の手数料は、解約金と呼ばれています。

 

解約金がかかること以外は、金額的なデメリットはないので、あとは、どんな回線に乗り換えるのか?という点に焦点を当てて、長く使うことができるネット回線を選ばれることをオススメします。

 

では、フレッツ光からドコモ光に乗り換えの際のメリットとなることを、まとめてみたいと思います。

 

・月額料金が安くなる

・スマホがセットで安くなる

・キャッシュバックが多い

・無線LANルーターが0円

 

そして、このドコモ光の中で特にオススメなのが、GMOとくとくBBです。

 

これまでにご紹介してきたように、料金がドコモ光の中でもタイプAに属し、公式上乗せのキャンペーンもあり、何よりもV6プラスを採用した接続方法で、超高速な安定して速度を提供しています。

 

 

<出典:ドコモ光 GMOとくとくBB紹介ページ

 

キャンペーン額を込みで考えた場合、料金がドコモ光の中でも月額料金も割安です

 

GMOとくとくBBは高速な速度にこだわっているので、もしも回線速度が100Mbps以下の場合には、GMOとくとくポイント(100ポイント)が、キャッシュバックされるという保証が付いています。100Mbps以上は、確実に保障しようというサービス内容になっています。

 

実際の速度を公開しているため、地域の公開されている速度を目安にすることもできます。

 

快適にネット環境を楽しみたい方や、他と比べて損しないように、しっかり比較したい方のための、安心できるプロバイダーです。

 

ネット回線コンシェルジュ
仕事でネットを使う人や、動画などを家族それぞれで見ることが多い、スマホのヘビーユーザーにもGMOとくとくBBはオススメです!

 

GMOとくとくBBは、安くて快適な圧倒的なメリットを提供しているため、オススメ出来るサービスです!

 

 

最終的には、

主要5社比較

全24社比較

の、全プロバイダの中から最適なプロバイダーを選ぶことをオススメします。

 

web特典から申し込む場合、
webフォーム申込み後

必ず、確認の折り返し電話あります。

 

その際、料金確認などをしておくことで、

申込み後の、最終の手続きの流れ
確認しておきましょう!

 

 

 

 

 

 

『ドコモ光』その他の記事一覧

 

 

 

 

-ドコモ光, ネット回線

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.