ドコモ光 ネット回線

【ドコモ光OCN光】乗り換え違いどっちがお得?+独自特典比較!

更新日:

 

2019'ドコモ光限定GMOの
WiFi無料+ドコモポイントバック特典ページ

 

ヒカリちゃん
『ドコモ光』と『OCN光』、

どちらも有名だけど、

実際、今ならどっちがお得なの!?

 

乗り換えの時の、

他よりお得なキャンペーンを

利用したいんだけど・・・

 

ヒカリちゃん
まず、ネット回線の

比較をするときには、

『月額料金+初期費用工事費+キャンペーン』

の3つを、しっかり合計して

比較すると、合計額が分かるので

オススメだよ!

 

このページでは、最新のそれぞれのキャンペーンも

比較しつつ、それぞれのサービスの違いと

最後に、web独自のキャンペーンについても

紹介しているので、ぜひご確認ください!!

 

『ドコモ光』その他の記事一覧

 

『ドコモ光』X『OCN光』乗り換えの際の
月額料金+初期費用工事費+独自webキャンペーン比較!
どっちがお得??

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモスマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元

dポイントプレゼント!
(新規契約:10000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大18000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

フレッツ光からは工事費無料

OCN光

『OCN

モバイル

スマホ割』

戸建て
〜18000円[工事費]
マンション
〜15000円[工事費]
※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
4700円/月

最大28000円
キャッシュバック

 

『ドコモ光』X『OCN光』月額料金+初期費用工事費

初期費用は『ドコモ光』も『OCN光』も、事務手数料3,000円に加えて工事費がかかります。

 

工事費はどちらも、

  • 無派遣工事(工事担当者が自宅に来ない工事)の場合は2,000円
  • 派遣工事の場合は、戸建てが18,000円/マンションの場合は15,000円

で変わりません。

 

 

『ドコモ光』も『OCN光』も、初期費用という点で差はありません。どちらを申込んでもかかる費用は同じです。

 

次に月額料金ですが、『ドコモ光』の場合は戸建てで月5,200円、マンションで月4,000円です。

 

それに対して、『OCN光』は戸建てが月5,100円、マンションで月3,600円。

 

初期費用は変わりませんが、月額料金は『OCN光』のほうが

戸建ての場合はー100円/月、

マンションの場合は、ー400円/月、

『ドコモ光』より安く利用することができます。

 

『ドコモ光』X『OCN光』独自webキャンペーン比較!

『ドコモ光』と『OCN光』を申込みする時に、web申込みの中でも、お得なキャンペーンを行っている窓口から申込んだ場合のキャンペーンを比較してみます。

 

『ドコモ光』は公式プロバイダのGMO社のホームぺージから申込んだ場合、『OCN光』は正規代理店から申込んだ時に受けることが出来るキャンペーンです。

 

『ドコモ光』(プロバイダGMO) 『OCN光』(正規代理店)
工事費・
キャッシュバック等
  • 工事費無料(最大18,000円お得)
  • dポイント10,000P プレゼント
  • 最大18000円キャッシュバック

 

 

それ以外のキャンペーン
  • 高性能WiFiルーター無料レンタル
  • ドコモ光出張サポート無料

 特になし

『ドコモ光』の場合は、工事費無料(最大18,000円)とキャッシュバック等を合わせると、最大43,500円お得になります。

 

さらに高性能のWiFiルーターが永年で無料で利用することが可能です。

設定が不安な方はインターネット設定(出張サポート)を無料でお願いすることもできます。

 

それに対して、『OCN光』の場合は、最大最大28000円キャッシュバックです。

 

キャンペーンを比べると、『OCN光』よりも『ドコモ光』のほうがはるかにお得です。

 

『OCN光』にメリットがあるとすれば、スマホを『OCNモバイル』で契約している場合などがあります。このケースについては、『『ドコモ光』『OCN光』『フレッツ光』の違いを整理!↓』で、説明しています。

 

 

【OCN光口コミ評価】
契約前の注意点!
大手7社徹底比較!

 

独自速度改善!ドコモ光キャッシュ
バックキャンペーン比較!

 

ドコモ光への乗り換えは損?
【2019'キャンペーン徹底比較!】

 

『OCN光』?『ドコモ光』への乗り換え需要も増えています
同じ光コラボで、提供エリアも共通!

<出典:Googleトレンドより

 

NTT東西のフレッツ光回線の設備を利用した光コラボレーションモデルが始まったのがは、2015年です。

その2015年当初から、『ドコモ光』と『OCN光』は非常に人気があります。

 

上記の画像は、Googleでどんなキーワードでどれぐらい検索されているのかを表した画像ですが、『OCN光』より『ドコモ光』のほうが、3倍近く検索されているのがわかります。

 

『OCN光』はもともと、プロバイダとして契約者数No.1のプロバイダです。

国内でも、非常に注目度が高いサービスなのです。

 

しかし、『ドコモ光』は、その『OCN光』の3倍以上も多くの方に注目されています。

 

その理由は、

  • 後発ながら、「キャッシュバック額&無料サービスが充実し始めていること
  • ドコモの携帯を利用している膨大な数のユーザにとって、非常に大きな料金メリットがあること

の大きく2点です。

 

 

特に、現在フレッツ光を利用している方にとっては、どちらの光回線にも“転用”という手続きで簡単に移行することができるため、フレッツ光を利用している多くの方に検索されているというのが実情です。

 

『フレッツ光』から『他社光回線』への
転用の手続き
工事 不要
機器の変更(光電話ルーターなど) 不要
電話番号の変更 今の番号のままで継続できます
フレッツ光の違約金 発生しません
転用にかかる費用 『ドコモ光』『OCN光』
ともに、手数料の3,000円のみ
フレッツ光メンバーズクラブ
のポイントについて
継続できません。
転用する前に使いきるようにしましょう

手続きにかかる費用はたったの3,000円のみ。

 

その上で、工事や機器の変更も不要で、『フレッツ光』から『ドコモ光』や『OCN光』に簡単に乗り換えることができるのが“転用”という手続きです。

 

転用の注意点としては、フレッツ光メンバーズクラブのポイントが継続できずになくなってしまうこと。

このポイントは1ポイント1円換算で毎月のフレッツ光の料金の支払いにあてたり商品と交換したりできるので、もしこのポイントがたまっている方は転用する前に使い切るようにしましょう。

 

また、現在フレッツ光回線を利用していない方でも、『ドコモ光』も『OCN光』は全国の隅々まで提供している『フレッツ光の設備』を利用しているため、提供エリアを心配する必要はありません。

 

 

フレッツ光の全国カバー率は約95%のため、『ドコモ光』や『OCN光』を、新規に申込んで、提供エリア外になることはほぼないと言っていいでしょう。 

 

『ドコモ光』『OCN光』『フレッツ光』の違いを整理!
速度は?『OCN光』モバイル割?『ドコモ光』のセット割引って?
サービスと料金面での比べると??

上限速度 サービスの内容・特徴
『ドコモ光』 上り下り:上限1Gbps
  • フレッツ光で提供している電話・テレビ等の同じ内容のサービスを利用することができます。
  • 月額料金=戸建て:5,200円、マンション:4,000円
  • 特徴=ドコモの携帯電話のセット割引を適用することができる
『OCN光』 上り下り:上限1Gbps
  • フレッツ光で提供している電話・テレビ等の同じ内容のサービスを利用することができます。
  • 月額料金=戸建て:5,100円、マンション:3,600円
  • 特徴=OCNモバイルONEの携帯電話のセット割引を適用することができる
『フレッツ光』 上り下り:上限1Gbps
プランによって
200Mbps(0.2Gbps)等
の場合もあり
  • 月額料金=戸建て:6,000円、マンション:4,650円

(東日本エリアでギガスマートタイプ、二年割とプロバイダ料金含む)

  • 特徴=『ドコモ光』や『OCN光』より月額料金が高い。セット割引は何もない。

それぞれの違いについて説明していきます。

 

『ドコモ光』vs『OCN光』速度に関して

戸建てに関しては最大1Gbps、マンションの場合もほとんどのケースで最大1Gbpsの高速なインターネットを利用することができます。

 

※設備の管理をしているNTT東西は、マンションで最大1Gbpsの設備を徹底的に拡大していますが、マンションによっては、最大200Mbpsでしか使えない設備になっている場合もあります。

 

速度に関しては、『ドコモ光』も『OCN光』も「フレッツ光回線の設備」を利用しているため、どちらの光回線を利用しても変わりません。

 

『ドコモ光』vs『OCN光セット割について

 

『ドコモ光』は、ドコモ携帯(スマホタブレット含む)との「セット割引」を、
『OCN光』は「OCNモバイルONE(格安SIM)」とのセット割引を、提供しています。

『ドコモ光セット割』
(ドコモ光パック)

条件:
ドコモ端末を契約
かつ
ドコモ光に契約

ベーシックパック   : 800〜100円/月割引
ウルトラデータパック : 1600〜500円/月割引
ケータイパック    : 500円/月割引

※初年度(契約後4年以下まで)の割引額

ドコモのスマホ・タブレット(iPhone iPad Android等)
を使っていることで、受けられるドコモ光パック(セット割)
※「ずっとドコモ割プラス」4〜15年との併用も可能

『OCN光』の
「OCNモバイルONE
(格安SIM)」
とのセット割引

ー200円/台

 

『ドコモ光』のセット割引はかなり額が大きいのが特徴です。例えば、家族でドコモの携帯を利用している場合は、下記の割引が毎月発生します。

はじめて『ドコモ光』に、契約する場合】

【家族でドコモ光を利用する場合】
<かつ、ドコモ携帯を従量制(使った分だけ)で払っている場合>

<かつ、ドコモ携帯を定額制(使った分だけ)で払っている場合>



【一人でドコモ光を利用する場合】

<かつ、ドコモ携帯を従量制(使った分だけ)で払っている場合>

<かつ、ドコモ携帯を定額制(使った分だけ)で払っている場合>



< 出典:ドコモ光公式サイト 「ドコモ光セット割」

 

※家族でシェアパックを組んでいる場合は、主回線から割引が入ります。

 

ウルトラシェアパックだと毎月1,600円の割引が発生しますので、家族でドコモの携帯を利用している方が『ドコモ光』にすると、携帯電話料金がかなりお得になります。

 

また、家族での利用だけではなく個人でドコモの携帯を利用している場合にも割引が発生します。

個人でドコモの携帯を利用している場合でも、ウルトラLLパックを利用している場合は、毎月1,600円の割引を受けることができます。

 

データ容量が少し小さめのウルトラLパックでも1400円の割引を受けることができるため、非常にお得です。

 

家族・個人ともに『ドコモの携帯電話料金が安くなるのはドコモ光だけ』です。

ドコモ携帯とのセット割をしたい場合、、他の選択肢は、現在のところありません。

 

割引額が非常に大きいため、ドコモユーザは『ドコモ光』一択で検討することをオススメします。

 

『OCN光』が行っている「OCNモバイルONE」
とのセット割引は、ー200円/台割り引き!

 

<出典:OCN光 『OCNモバイルONE』ページ

 

格安SIMの「OCNモバイルONE」を利用している方が『OCN光』を利用すると、セット割引を適用することができます。

 

ただし、もともと「OCNモバイルONE」は、ドコモと比べると、かなり安い携帯電話料金で提供しているため、割引額は、かなり小さめです。


「OCNモバイルONE」の、毎月の割り引き額:割引額は1台200円×最大5台まで

 

 

こちらも『ドコモ光』と同様、OCNモバイルONEの割引を実施している光回線は、『OCN光のみとなるため、家族全員がOCNモバイルONEを利用しているという方にオススメです。

 

※一部のケースとして、家族でドコモと「OCNモバイルONE」をどちらも利用している場合、『ドコモ光』の割引のほうが圧倒的に大きくなることが多いため、この場合は『ドコモ光』にすることをオススメします。

 

最後に、フレッツ光は『ドコモ光や『OCN光が行っているようなセット割引は、一切行っておりません。

 

そのため、フレッツ光にするとその割引分、毎月損をしてしまうことになるので注意が必要です。

 

『ドコモ光』vs『OCN光』サービス内容の比較

オプションサービス等は、各光回線で名称こそ違いますが、フレッツ光で提供されているサービスと同じ内容のサービスを同じ料金で利用することができます。

 

特によく使われているオプションサービスである「光電話」と「テレビ(地デジ)サービス」の月額料金や名称は、下記の通りです。

 

電話サービス テレビ(地デジ)サービス
ドコモ光 ドコモ光電話 ドコモ光テレビオプション
OCN光 OCNひかりでんわ テレビオプション
フレッツ光 光電話 フレッツ・テレビ
月額料金 500円 660円

なぜ、同じ内容のサービスを同じ料金で提供しているのかと言えば、『ドコモ光』も『OCN光』もフレッツ光の電話サービスと地デジサービスをレンタルする形で提供しているから。

 

そのため、サービス内容も月額料金も全く同じ料金で提供しています。

 

他の細かなオプションサービス等には違いがありますが、一般的によく使われるオプションサービスはあまり変わりはないため、サービス内容はほとんど似たりよったりといったところです。

 

『ドコモ光』vs『OCN光』月額料金+毎月のセット割の比較

料金の一覧をわかりやすく表にしてみました。まずは下記の表をご確認ください。

 

■戸建ての場合

ドコモ光 OCN光 フレッツ光
戸建て 5,200円 5,100円 6,000円
マンション 4,000円 3,600円 4,650円
セット割引

【家族で利用の場合】

最大で3,500円

【個人で利用の場合】

最大で1,600円

「OCNモバイルONE
1台200円×5台で最大1,000円
一切なし

『ドコモ光』と『OCN光』に共通するのは、インターネット料金だけで見ても、フレッツ光より安い月額料金で利用することができる点です。

 

そして、フレッツ光にはないセット割引を適用することで、ドコモユーザは『ドコモ光』で、大きな割引を受けることができ、「OCNモバイルONE」を利用している方は、『OCN光』で割引を適用することができます。

 

ここで注意なのは、家族でドコモの携帯電話だけを利用している方が、『OCN光』にしても、何のセット割引も発生しないということです。

※『OCN光』を利用してお得になるのは、「OCNモバイルONEを利用している時だけです。

 

 

このセット割引の部分を考慮するのを忘れてしまい、ドコモの携帯電話を利用しているのに、『OCN光』にして後悔されているという方がかなり多くいますので、注意して下さい。

 

『ドコモ光』vs『OCN光』まとめ

ここまで説明した内容を、簡単にまとめてみます。

 

  • 『ドコモ光』も『OCN光』もフレッツ光も、速度は変わらない
  • オプションサービス等も、ほとんどが同じ内容で、同じ料金で利用できる
  • 家族全員で「OCNモバイルONE」を利用している場合は『OCN光』がオススメ
  • 携帯電話料金の割引き額が大きいので、ドコモユーザは『ドコモ光』がオススメ

 

簡単に説明すると、速度もサービス内容も、サービスとしての違いは、ほとんどありません。

 

料金面では、セット割引を重視するならば、

  • ドコモユーザは『ドコモ光』
  • 「OCNモバイルONEのユーザ」の場合だけ『OCN光』

を選択しておけば、セット割の料金の比較の際、間違いありません。

 

 

『ドコモ光』&『OCN光デメリット・メリットって!?
転用・変更・評判って??

『ドコモ光』のデメリット・メリット 

ここまでまとめてきた『ドコモ光』に関して、メリットとデメリットを箇条書きでまとめています。

 

【メリット】

  • ドコモの携帯を利用している方は、セット割引でドコモの携帯電話料金が安くなるのでお得
  • キャンペーンが非常に大きいため、ドコモユーザは『ドコモ光』一択で申し込んだほうがお得
  • フレッツ光から『ドコモ光』に変更するのは“転用”で簡単に移行できる

 

【デメリット】

  • ドコモの携帯を利用していない方は月額料金が『OCN光』より割高になる

 

ドコモの携帯電話を利用している方は、ドコモの携帯電話料金が大幅に安くなるのとキャンペーンが非常に大きいため、『ドコモ光』一択で考えることをオススメします。

 

『OCN光』のデメリット・メリット 

『OCN光』のメリット・デメリットを箇条書きでまとめています。

 

【メリット】

  • 家族で格安SIMの「OCNモバイルONE」を利用している方は、セット割引で「OCNモバイルONE」の携帯電話料金が安くなるのでお得
  • フレッツ光から『OCN光』に変更するのは“転用”で簡単に移行できる

 

【デメリット】

  • 格安SIMの「OCNモバイルONE」を利用していない方が『OCN光』を利用しても料金メリットはない
  • キャンペーンは『ドコモ光』より小さいため、新規申込み時はあまりお得ではない

 

『OCN光』は格安SIMの「OCNモバイルONE」を利用している場合のみオススメです。

 

ドコモの携帯電話を利用している方が『OCN光』にしてしまうと、ドコモの携帯電話料金のセット割引が適用されなくなってしまい、キャンペーンも小さくなってしまうため、注意しましょう。

 

 

 

『ドコモ光』その他の記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

-ドコモ光, ネット回線

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.