ネット回線 ブロードバンド

ブロードバンドとは?今、主流は高速の光回線!⇒契約時の注意点は?

更新日:

ヒカリちゃん

よくインターネットで
ブロードバンドという言葉を聞くけど、

ブロードバンドって
どういう意味なの?

 

 

ヒカリちゃん

ブロードバンドは簡単に言うと、
速度の早いインターネット
サービスのことだよ!

この記事では、
ブロードバンドの意味や
主流のブロードバンドサービス

『光回線』について詳しく
解説します!

 

 

現在オススメの主要な『光回線』リスト

 

 

 

ブロードバンド回線って一体なに?
ブロードバンド接続の仕組みや種類、
ナローバンドとの違いを詳しく解説!

ヒカリちゃん
 ブロードバンドってよく聞くけど…、

インターネットサービスのことなの?

 

 

ネット回線コンシェルジュ
 ブロードバンドっていうのは、通信帯域が広くて高速通信回線を提供しているサービスのことなんだ。

 

ADSLやケーブルテレビ、光回線のことをブロードバンドって呼んでいるんだよ。

 

 

通信帯域が広くて高速通信回線を提供しているサービス、『ADSL・ケーブルテレビ・光回線』はブロードバンドと呼ばれています。今では殆どの人がブロードバンドを利用していますが、ブロードバンドが普及する前はナローバンドと呼ばれる「ダイヤルアップ・ISDN」の通信回線が主流でした。

 

 

 

ヒカリちゃん
昔はダイヤルアップやISDNといった

ナローバンドが主流だったんだね~。

 

ブロードバンドサービスが登場してからは、

利用している人はもう殆どいないみたい。

 

 

 

 

<出典:NTTグループ公式サイト

 

ナローバンドの「ダイヤルアップ・ISDN」は通信速度がかなり遅く、今ではあまり利用している人がいないため、これらのサービスを知らない方もいるのではないでしょうか。それでは、ブロードバンドとナローバンドで実際にどのくらい速度が違うのかを見ていきましょう。

 

 

 『ブロードバンド』と『ナローバンド』はどのくらい速度の違うのか?

 

 

ブロードバンドサービスの通信速度は、ADSLで平均50Mbps、ケーブルテレビは平均300Mbps、光回線は平均1Gbpsの速度が出ます。

 

一方、ナローバンドサービスのダイヤルアップは平均56Kbps、ISDNで平均64~128Kbpsの通信速度しか出ません。

 

 

【ブロードバンドとナローバンドの種類】

回線による種類 速度 ※()内はMbps換算
ブロードバンド 光回線

平均1Gbps
(約1000Mbps)

~最大10Gbpsの
サービスもあり

ケーブルテレビ 平均300Mbps
ADSL 平均50Mbps
ナローバンド アナログ回線に
よるダイヤルアップ
平均56kbps
(約0.06Mbps)
ISDN 平均64~128Kbps
(約0.06~0.1Mbps)

 

 

上の表を見てみても、ブロードバンドサービスと比べて、ナローバンドサービスは通信速度がかなり遅いことがわかります

 

 

例えば、通信速度が64Kbps出ているISDNで、100MBのゲームをダウンロードしたとします。

 

その場合、ダウンロードにかかる時間はおよそ3時間30分です。通信速度が56Kbps出ているダイヤルアップでダウンロードした場合は、およそ4時間程度かかる計算になります。

 

一方で、通信速度が50Mbps出ているADSLで100MBのゲームをダウンロードしようとすると、およそ16秒ほどで完了する計算に。最大通信速度で算出しているため実際の速度や利用状況によって誤差はありますが、ADSLでは遅くとも数分でダウンロードできる容量がISDNでは何時間もかかることが分かります

 

高速通信の出来るブロードバンドサービスのADSLが1999年に登場してからは、ブロードバンドサービスの普及が急速に進んでいき、今では殆どの人がブロードバンドサービスを使っています

 

 

ヒカリちゃん
昔はインターネットを利用するときは、

こんなに速度が遅くて時間がかかったんだね。

 

 

 

ナローバンドは今も使ってる人が多い?
個人ユーザーはほとんどがブロードバンド接続しているが、
法人ユーザーは意外とナローバンド接続していることが多い!

ここまでナローバンドは速度が遅くて今は殆ど利用している人はいないと案内してきましたが、実際にナローバンドを利用している人は少ないのか平成29年度の利用者の割合を確認してみましょう。

 

下図をみてみると、平成29年時点で自宅からナローバンドを利用してパソコンを使用している人の割合は4.6%。ブロードバンドを利用している人の割合96.9%と比較すると、ナローバンドよりもブロードバンドが多くの家庭で利用されていることが分かります。

 

ブロードバンドを利用しているユーザーのなかでも、光回線を利用している家庭が61.1%と圧倒的に多くケーブルテレビは16.9%ADSLを含むDSL回線は6%と少なくなっています。

 

 

ネット回線コンシェルジュ
最も多くの家庭で利用されているのは光回線で、

ナローバンドやADSLを利用している人達は

とても少ないことが分かるね。

 

 

<出典:平成29年通信利用動向調査の結果 自宅のパソコンからインターネットを利用する世帯に占める割合

 

一般家庭では殆どの人がナローバンドサービスを利用していないのに対して、実は一部の企業ではまだナローバンドが利用されています。

 

総務省が公表している「平成29年通信利用動向調査の結果」によると、平成29年度時点でインターネットを利用している企業のうち14.1%がナローバンドを使用しているという結果になりました。

 


<出典:平成29年通信利用動向調査の結果 インターネット利用企業に占める割合

 

 

ヒカリちゃん
なんでナローバンドは

まだ一部の企業で

利用されているのかな?

 

国内のレジシステムやセキュリティーシステムは、ナローバンドのISDNに対応して作られていることが多く、そのシステムを使用している企業が未だナローバンドを利用している状態です。

 

そのため、平成29年度時点でISDNを利用している企業は10.2%となっており、インターネットを利用している企業のうち約1割の企業がISDNを利用しているという結果に。

 

平成28年度のデータと比較するとISDNの利用企業は1.5%少なくなっており、段々とISDNではなく光回線に対応しているシステムに切り替えている企業が増えてきていることが分かります。ですが、まだ10%近くの企業がISDNを使用している状態のため、全てのシステムがブロードバンドへと切り替わっていないのが現状です。

 

 

【法人ユーザーのISDN利用例】

法人ユーザー
のISDN利用例

・各店舗のレジシステム(POS連動)

・セキュリティ(警備保障)

・電話+FAXでの2番号利用

 

 

 

 

ネット回線コンシェルジュ
企業で使われているシステムの多くが

ナローバンドのISDNに対応しているんだね。

 

光回線へ切り替える企業も増えているようだけど

まだ切り替えてない企業が多いのが現状みたいだ。

 

現在の主流はブロードバンド!ナローバンドは
今後インターネットサービスの提供が終了に!
また、ブロードバンドでもADSLが提供終了する予定!

現在は高画質で大容量データのやり取りが多くなっているため、高速のブロードバンドが主流となっています。そのため、速度の遅いナローバンドは、今後サービスの提供が終了していく予定です。

 

NTTが提供をしているISDNサービスは、今年の11月に新規申し込みの受付が終了予定となっています。さらに、NTTは2024年1月をめどにISDNやADSL回線の設備を光回線設備に移行することを発表。

 

Yahoo! BBのADSLなど一部のサービスではまだ新規申し込みを受け付けしていますが、既に殆どのサービスがADSLの申し込みや提供を終了しています。今後はますます光回線が主流になっていくでしょう。

 

ISDN回線やADSL回線は将来的に利用出来なくなるので、ISDNに対応しているシステムを使用している企業やADSLを利用している人は、早めに光回線に切り替えておくことがオススメです。

 

 

ミケネコ先生
残念ながら長年多くの人に

使い続けられてきた「ナローバンド」や

「ADSL回線」は近い将来サービスが

終了予定です。。

 

現在も使っている場合、

早めに「光回線」に切り替えした方が、

いまだとお得にしかも、

便利になります。

 

 

特に、

の5大回線は、特典額が

多く、契約数の多い回線です。

 

 

 

 

 

【ISDNおよびADSLの提供終了に関して(NTT東西)】

ISDN

2018年11月に新規申込み受付を終了

2024年1月にサービスを提供終了

ADSL

既に多くのADSLサービスが、
新規申込み受付および
サービス自体の提供を終了

加えて、2024年のNTT東西のメタル網から
IP網への移行に伴いサービスが利用不可に

 

 

ブロードバンドで主流の光回線を
契約する際の注意点を解説!

ここからは、ブロードバンドで主流の光回線を契約するときの注意点を解説していきます。

 

光回線は一度引いてしまうと後から簡単に変えることは出来ないので、
一番お得な光回線を選択することが重要!

 

光回線は一度契約して工事が完了してしまうと、工事費や違約金がかかったりするので簡単に他社光回線に切り替えることが出来ません。そのため、光回線を契約するときは、自分の利用状況にあった一番お得な光回線を選びましょう。

 

 

ヒカリちゃん
光回線を契約したけど

やっぱり他の光回線が良かった…

 

なんてことになったら

色々費用がかかるのかな?

 

もしも後から光回線を変更した場合、「フレッツ光から光コラボへ切り替える」ときと「それ以外の光回線へ乗り換える」ときとでは費用負担が異なります。

 

フレッツ光から光コラボへと切り替える場合、乗り換えではなく『転用手続き』が必要です。転用手続きでは、光電話の番号をそのまま引き継ぐことができ、違約金も発生しません。

 

工事も必要ないので工事費がかからず、初期の事務手数料数千円のみで切り替えることができます。ただし、フレッツで使用していたプロバイダーが光コラボで選択できない場合は、基本的にプロバイダーは変更となります。

 

ただし光コラボ以外の光回線へ乗り換える場合は、新規契約となり光電話番号も変更となる可能性が高いでしょう。新たに契約した光回線でも工事が必要となるので、工事費も発生します。

 

また、インターネットを接続する機器やプロバイダーも基本的には変更になります。これらの手続きや違約金もかかるので、一度光回線を契約してしまうと、気にいらなくても直ぐに他社光回線に切り替えるということは難しいでしょう。

 

 

ヒカリちゃん
次々と簡単に乗り換えることが出来ないから

光回線は慎重に選ばないとだね!

 

 

【後から光回線を変更(乗換え)する場合の例】

フレッツ光から
光コラボへ
それ以外の
光回線の乗換え
電話番号の
変更の有無
不要

必要

※一部、変わらない
場合もあり

工事の有無 不要 必要
機器の変更の有無 不要 必要
違約金の有無 不要 必要
プロバイダーの
変更の有無
基本的に必要

 

 

光回線を選ぶ時には、『月額料金』『セット割』『キャンペーン』の3つとも
お得な光回線を選ぶことが重要!

 

光回線を選ぶときは「セット割」や「キャンペーン」内容を比較して、自分の利用状況ではどの光回線が1番「月額料金が安く抑えられるか」を考えて選んでみましょう。

 

 

  • 【光回線を選ぶ時の3つのポイント】

    • 月額料金が納得のいく料金かどうか?
    • セット割(携帯電話料金割引など)が、適用されるかどうか?
    • 最新のキャンペーンが適用されるかどうか?

 

光回線を選ぶときは、上記の3つの条件を満たしているとお得に契約が出来るのでオススメです。まずは、携帯電話割引などのセット割引が適用されるかどうかを確認しましょう。

 

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手携帯電話を使用している人は、携帯電話割引がある光回線にした方が毎月の料金が安くなります。格安モバイルを利用している等、携帯電話のセット割引が受けられない人は、キャッシュバックやキャンペーンで安くなる光回線を探してみましょう。

 

大手携帯電話とセット割引を行っている光回線としては、「ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光」などの光回線サービスがあります。ドコモ光を契約した場合はドコモユーザーに対して割引があり、1家族あたり平均で2000円ほど割引が発生します。

 

また、auひかりやソフトバンク光を契約した場合は、それぞれauユーザーとソフトバンクユーザーに対して割引があり、携帯電話1台につき平均1000円ほど割引に。4人家族全員が同じ携帯電話会社を利用していれば、毎月4000円ほど割引が受けられるためお得です。

 

ミケネコ先生
セット割引がある光回線を選べば

1年間で数万円貯金することが出来ます。


 

 

このようにセット割引がある光回線を選ぶことで、毎月の支払い金額を数千円も安くすることができます。たとえ月額料金が安くてキャッシュバックがあっても、セット割引がない光回線を選んでしまうと、1年間を通すと数万円も損をしてしまうことに。

 

月額料金が安かったり、キャンペーンをしている光回線自体は数多くありますが、セット割引を行っている光回線サービスは少ないのでトータルコストで比較してから選ぶようにしましょう。

 

 

賃貸でブロードバンド『完備』やブロードバンド『対応』って言われたけど、
光回線の契約はしなくてもいい?賃貸×ブロードバンドの注意点!

 

賃貸物件を探しているときに、よく見かけるのが「ブロードバンド対応」や「インターネット付き」「インターネット完備」などの文言です。これらの説明書きがある場合は、インターネットを契約しなくても使えるということなのでしょうか?

 

実は「インターネット完備」と「インターネット対応」では、全く意味が変わってきます。

 

インターネット完備やインターネット付きといった説明書きがある場合、インターネットそのものが部屋に付いてくる可能性が高く、入居後にすぐにインターネットが利用できます。

 

一方で、インターネット対応などの説明書きがあった場合は、「インターネットを利用できる設備が入っているので契約すれば使えますよ」という案内になります。

 

 

ネット回線コンシェルジュ
インターネット対応マンションを

インターネット付きのマンションと勘違いして

入居してしまうケースもあるみたいだね。

 

 

 

 

よく使われる言葉 個別契約の必要の有無
『対応』

全室インターネット対応

全室光ファイバー対応

全室ブロードバンド対応

【必要】

建物に光回線の設備が
入っているだけの状態のため、

個別に光回線の
サービスを申込む必要がある。

『完備』

全室インターネット完備

全室光ファイバー完備

全室ブロードバンド完備

【不要

既に建物自体でプロバイダーの
契約も済んでおり、
ネットが使える状態

 

都市部などではインターネット完備のマンションも増えてきているようですが、まだまだインターネット対応マンションの方が多いため、契約前によく確認するようにしましょう。

 

インターネット対応マンションの場合は、インターネット設備によって契約できる光回線が異なります。必ず管理会社などに確認をしてから、インターネットの契約をするようにしてください。

 

 

ブロードバンドで有名な光回線一覧

 

下記の表では有名なブロードバンドサービス13社を案内していますが、「ADSL回線・ケーブルテレビ・光回線」のブロードバンドサービスを提供している企業数はなんと数百社以上に上ります。その中でも、セット割引を提供しているお得な光回線サービスはごく一握りでしょう。

 

平成29年時点でケーブルテレビを利用している人は約17%ほどいるものの、光回線と比べると料金が高く速度も遅いため、多くの人が光回線を利用しています。

 

ここでは、フレッツ光やJ:COMなどのブロードバンドサービス、主要な13社を紹介しています。

 

次の『ここから選べば間違いない!オススメの光回線&キャンペーン情報』にて、オススメの光回線を紹介していますので、是非最後までチェックしてみてください。

 

【主要13社】

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

フレッツ光
東日本
・ギガプラン

[2年〜]

『スマホ割

なし』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+800円[事務手数料]
戸建て
5700円/月
マンション
4350円/月

+プロバイダ料
〜1200円

【フレッツ公式】:なし

最大45000円

(法人 個人事業主 店舗のみ)

フレッツ光
西日本
・ギガプラン

[2年〜]

『スマホ割

なし』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+800円[事務手数料]
戸建て
5400円/月
マンション
4500円/月

+プロバイダ料
1000円程

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー


【公式外の上乗せweb独自特典】

+最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大15000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

NURO光

(関東東海

関西限定)

[2年]
[集合住宅は
3年あり]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

【NURO光公式】

工事費無料キャッシュバック


【公式外の上乗せweb独自特典】
+最大35000円キャンペーン

PS4無料プレゼント

ビッグローブ光

[3年]

『auスマホ割』

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

【ビッグローブ光公式】

工事費無料
フレッツからの違約金負担

【公式外のweb独自特典】

 最大55000円特典

J:COM

[2年]

『スマホ割

なし』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
37500円[工事費]

+3000円[事務手数料]
戸建て
6500円/月 
マンション
6000円 /月

ーなし

eo光

[3年:即割]
[5年:長割]

『auスマホ割』

戸建て
~27000円[工事費]
マンション
~27000円[工事費]

※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
4953円/月
マンション
3534円/月

最大10000円分商品券
スーパースタート割

OCN光

『OCN

モバイル

スマホ割』

戸建て
〜18000円[工事費]
マンション
〜15000円[工事費]
※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
4700円/月

最大5000円
キャッシュバック

ビビッグ光
(BBIQ光)

『auスマホ割』

戸建て
〜25400円[工事費]
マンション
〜25400円[工事費]
※工事費用
+800円[事務手数料]
戸建て
5800円/月
マンション
〜5800円/月

なし

コミュファ光

『auスマホ割』

戸建て
〜25000円[工事費]
※工事費用 (初期費用)
+3000円[事務手数料]
戸建て
3990円/月
マンション
5550円/月

最大9万4千円
キャッシュバック

スマホセット割:
『au』

ピカラ光

『auスマホ割』

戸建て
0円[工事費]
マンション
0円[工事費]

※工事費用
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

最大25000円
キャッシュバック
auセット割カペルスキー

メガエッグ

『auスマホ割』

戸建て
〜25000円[工事費]
マンション
〜25000円[工事費]

※工事費用 (初期費用)
+3000円[事務手数料]
戸建て
5710円/月 
マンション
4581円/月

最大[megaegg_komaXcam] キャッシュバック

なし

 

 

WEB独自特典】ここから選べば間違いない!
オススメの光回線&キャンペーン情報

光回線を選ぶときは、下記3つの条件を満たしている光回線がオススメです。

 

【光回線を選ぶ時の3つのポイント】

  • 月額料金が納得のいく料金かどうか
  • 携帯電話料金割引などのセット割が適用されるかどうか
  • キャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンが適用されるかどうか

 

 

ネット回線コンシェルジュ
大手携帯電話会社のサービスを利用している人は

セット割引がある光回線がオススメだよ!

 

 

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話を利用している方は、下記の表の5つの光回線サービスから選ぶことで、セット割引やキャンペーンが適用されるのでお得です。

 

 

 

ドコモユーザーならドコモ光を契約することで、毎月の使用料金を安くすることができます。代表1回線から平均2000円程度割引をしてくれるので、年間24000円程度負担を少なくできるのでお得です。

 

ドコモ光のセット割引は対象が1回線のみとなっているので、家族で利用している方は大きいデータ容量を皆で分け合うデータシェアプランにしましょう。セット割引は自動で適用されるので、ドコモ光が開通した翌月から割引が適用になります。

 

セット割引も活用したい特典の1つではありますが、折角ドコモ光を申し込むならキャッシュバックや工事費無料特典などを上手く活用してお得に乗り換えましょう。

 

 

現在ドコモ光で実施中のキャンペーンはこちらです↓↓

 

1.ドコモ光 工事費無料キャンペーン 2018/9/30(日)まで

新規申し込みの方が対象です。フレッツ光から転用の方は工事不要。

 

2.新規も!転用も!dポイントプレゼントキャンペーン 終了日未定

新規契約なら10000dポイント、転用なら5000dポイントプレゼントです。

dポイントクラブ会員に登録した方が対象。

 

3.GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン 終了日未定

新契約の方が対象です。5500円のキャッシュバック中、ひかりTV(2ねん割)も合わせて申し込めば15000円にキャッシュバック増額中。

 

 

是非お得なキャンペーンをフル活用して、ドコモ光を申し込みしましょう。

ドコモ光なら戸建て月額5200円、マンション月額4000円で利用でき、「光電話は月額500円」「光テレビは660円」で申し込みできます。

 

auユーザーなら、「auひかり」もしくは「ビッグローブ光」を契約することで、毎月携帯電話料金に対してスマホ1台あたり平均1000円の割引があります。

 

auはデータシェアプランがないため、スマホ1台ずつに対して携帯電話料金割引(auスマートバリュー)が適用になります。auスマホを持っている家族が多ければ多いほど割引額が大きくなるので、例えば4人家族全員auスマホを使用していて、それぞれに1000円ずつの割引が適用になった場合は毎月4000円もお得になることに。

 

ビッグローブ光は、光コラボ回線なのでフレッツ光と同じ提供エリアです。そのため、住んでいる地域や建物がauひかりに対応していない場合は、ビッグローブ光を契約するとセット割引が受けられます。

 

auひかりもしくはビッグローブ光を申し込むときは、下記のキャンペーンを利用すればよりお得に申し込むことができます。

 

 

 

現在auひかりとビッグローブ光で実施中のキャンペーンはこちらです↓↓

 

 

1.工事費相当額割引キャンペーン auひかり&ビッグローブ光 終了日未定

 

auひかりとビッグローブ光では、工事費相当額を月額料金から割引してくれるキャンペーンを実施中です。フレッツ光からビッグローブ光へ切り替える方は工事不要。

 

2.auひかり スタートサポート 終了日未定

 

他社の光回線からauひかりに乗り換える場合は、最大3万円まで違約金をサポートしてくれるキャンペーンを行っています。

 

3.代理店NEXTから申し込みでキャッシュバック 終了日未定

 

auひかり、もしくはビッグローブ光を代理店NEXTのサイトから申し込むと、キャッシュバックが貰えます。auひかりは電話とネットを新規申し込みで30000円のキャッシュバック、ビッグローブ光は新規申し込みで25000円のキャッシュバック特典です。

 

 

キャンペーンを利用すれば工事費負担などなく乗り換えられるので嬉しいですよね。

 

気になるauひかりの基本使用料金は、戸建て月額5100円、マンション月額3980円です。

ビッグローブ光の基本使用料金は、戸建て月額4980円、マンション月額3980円となっています。

 

auスマートバリューは、auショップなどで申し込みが必要です。

また、ネットと月額500円の光電話契約が必要なので注意しましょう。

 

 

ソフトバンクユーザーは、「ソフトバンク光」もしくは「NURO光」を契約すると、毎月携帯電話料金が割引に。スマホ1台あたり平均1000円の割引があります。ソフトバンクの携帯電話割引(おうち割)はデータシェアプランが対象外となるため、スマホ1台ずつに対して携帯電話料金割引が適用になります。

 

ソフトバンクスマホを持っている家族が多ければ多いほど割引額が大きくなり、最大10回線まで割引適用できます。例えば3人家族全員ソフトバンクスマホを使用していて、それぞれに1000円ずつの割引が適用になった場合は毎月3000円もお得になります。

 

NURO光は、関東・東海・関西エリア限定の光回線です。ソフトバンクよりも月額料金が安いので、NURO光対象エリアの方はNURO光を。それ以外のエリアの方は、ソフトバンク光を契約すると「おうち割」が適用になるのでお得です。

 

ソフトバンク光もしくはNURO光を申し込むときは、下記のキャンペーンを利用すればよりお得に申し込むことができます。

 

 

 

現在ソフトバンク光とNURO光で実施中のキャンペーンはこちらです↓↓

 

 

1.ソフトバンク光&NURO光 工事費実質無料 終了日未定

 

ソフトバンク光とNURO光の公式キャンペーンで、工事費相当額分を毎月の使用料金から割引してくれるキャンペーンを実施中です。

 

2.ソフトバンク光限定 他社違約金サポート 終了日未定

 

ソフトバンク光限定のキャンペーンで、他社から乗り換えでかかった違約金を最大10万円まで負担してくれるサポートです。

 

3.専用サイトから申し込みでキャッシュバック 終了日未定

 

ソフトバンク光を代理店NEXTから申し込めば、新規契約で30000円、フレッツ光からの転用で13000円のキャッシュバックが貰えます。NURO光も専用サイトからの申し込みをすることで、35000円のキャッシュバックがあります。

 

 

 

お得なキャンペーンを利用して、ソフトバンク光もしくはNURO光に切り替えてみませんか。NURO光はソフトバンク光よりも通信速度が2Gbpsと速いため対象エリアならオススメの光回線です。

 

基本使用料金は、それぞれソフトバンク光が戸建て月額5200円、マンション月額3800円です。

NURO光は、戸建て月額4743円、マンション月額2980円(7階以下)。

 

※ソフトバンクのおうち割適用条件として、光回線だけでなく電話オプション月額500円の申し込みも必要です。おうち割は必ず申し込みが必要なので注意してください。

 

 

 

ブロードバンドサービスのなかでも、通信速度が速く安定している光回線がオススメです。

契約時は、セット割引やキャンペーン内容をよく確認したうえで申し込みをしましょう。

 

 

ヒカリちゃん
セット割やキャンペーン内容を確認して

適用になるか確認をしてから

光回線を申し込もう!

 

 

 

【オススメの光回線】

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー


【公式外の上乗せweb独自特典】

+最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

ドコモ光

[2年]

『ドコモ
スマホ割』

戸建て
18000円[工事費]
マンション
15000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月

【ドコモ光公式】

ドコモ光ポイント還元
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)

※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

セット割:ドコモ光セット割


【公式外の上乗せweb独自特典】
GMO独自キャッシュバック最大15000円

IPV6サービス(速度改善)機能
高性能Wi-Fiルーター無料
出張サポート無料
新規工事料が無料

ソフトバンク光

[2年]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月

【ソフトバンク光公式】
:工事費用分の最大
24000円割引
(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン
(違約金+工事費負担)
最大10万円
セット割:おうち割光セット 


【公式外の上乗せweb独自特典】

最大59000円キャッシュ
バックキャンペーン

NURO光

(関東東海

関西限定)

[2年]
[集合住宅は
3年あり]

『ソフトバンク
スマホ割』

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)

【NURO光公式】

工事費無料キャッシュバック


【公式外の上乗せweb独自特典】
+最大35000円キャンペーン

PS4無料プレゼント

ビッグローブ光

[3年]

『auスマホ割』

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

【ビッグローブ光公式】

工事費無料
フレッツからの違約金負担

【公式外のweb独自特典】

 最大55000円特典

 

 

 

 

 

 

-ネット回線, ブロードバンド

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.