その他の回線 ネット回線 光コラボレーション

2019【OCN光口コミ評判】IPv6他 契約前の注意点!大手7社徹底比較!

更新日:

『OCN光』最大28000円割引き
2019'最新キャッシュバック情報】

『OCN光』についての『評判&口コミ』を発見!実際どうなの!?

ヒカリ
ちゃん
『OCN光』の良くない口コミを発見!!

でも、本当の所は、どうなの!?
このページでは、 大手の、『ドコモ光』
『auひかり』『ソフトバンク光』『NURO光』
も、比較表を作って、徹底的に比較してみました!

 

↓大手7社徹底比較の

比較内容はこちら

 

『OCN光』って、これから長期的に契約して大丈夫!?という心配に応えるために、『OCN光』の口コミのみを集めました。

事前に、「評判&口コミ」の意見を、分かりやすくまとめてみます!

OCNといえば、NTTコミュニケーションズのインターネットプロバイダとして有名です。

プロバイダとしては、「信頼できる!」というイメージを持たれている方も、多いのではないでしょうか?

 

その『OCN光』の口コミで、気になるものを発見しましたので、ご紹介します。

 

 

 

2018年以前の『OCN光』の口コミ
 

 

 

プロバイダとしては最大手の一つとして数えられるOCNですが、安心感を求めて、契約されている方も多いようです。直近では、大きな障害などは発生していないようです。

 

『OCN光』は、IPV6(IPv6方式)サービスを開始!
2018年以降、『OCN光』『ドコモ光(OCN)』が対象!!

『OCN光』が「IPV6(IPoE方式)」という速度改善サービスも開始しています。

 

 

対象プラン 『OCN光』
『OCN for ドコモ光』
『OCN 光 with フレッツ』
お申し込み 不要
料金 初期費用:無料
月額費用:基本料金に含む
提供条件

次のプランの場合、
OCN IPv6インターネット接続機能(IPoE)方式
を標準機能として提供。

『OCN光』       (2017年7月25日以降)
『OCN for ドコモ光』  (2017年9月1日以降)
『OCN 光 withフレッツ』 (2018年6月15日以降)

<出典:『OCN光』公式サイト

ヒカリ
ちゃん
本当に遅いのかな!?

遅い原因って何だろう?
いつも遅いのかを調べる方法って?

 

大手のプロバイダなのにどうして??速度が遅いって本当!?
遅いという場合に、確認すべき点

『OCN光』で遅いという場合に、確認すべき点
 

回線速度が遅くなってしまう原因は、別にあります。

インターネットの速度の速さに直結しているのは、回線です。

現在では、固定回線の約7割が光回線と言われています。その他は、かつてのADSL回線などなので、『光回線』であるという点で、『OCN光』は、最新のインフラだと言えます。

 

 

【『OCN光』が生まれた背景】

光回線の最大手は『NTTのフレッツ光』です。

そのフレッツ光が、2014年頃から光の卸売りを始めました。

このことを『光コラボレーション』といいます。

(So-net光docomo、ソフトバンクなどの有名なプロバイダも、その中には含まれていて、『OCN光』もそのうちの一つなのでです。)

 

 

 

回線速度で現在、最強は光回線です。次いで、ADSL、ポケットwifiなどが続きます。

約7割の人が光回線といわれているので、『OCN光』は、最新のインフラです。

では、なぜ『OCN光』の速度が遅いというケースがあるのでしょうか?

通信速度が遅くなる原因はさまざまで、以下のような場合が考えられます。

  • 『自宅と基地局でのアクセスが集中している』
  • 『wifi接続なので速度が減衰している』
  • 『夜などアクセスが集中している時間帯にインターネットの利用をしている』
  • 『古いLANケーブルを使っている』
  • 『マンション・アパートなどの場合、多くの住人で、1つの光回線を分けて使っている。(VDSL方式など)』

 

 

光回線なのに回線速度が遅い場合、『速度が遅くなる原因はプロバイダのせいなのでは?』と思いがちですが、以下の環境はしっかりとしているか、確認が必要です。

 

まず疑うべきは《故障》です。PC、モデム、PCとモデムをつなぐケーブル、ルーターなどの周辺機器などが故障している可能性があります。

 

『OCN光』の月額費用は
3600円(マンション)または、5100円(戸建て)

  フレッツ光 OCN
(上段:東日本)
(下段:西日本)
OCN光
ファミリー

5700円/月

5400円/月

5100円/月
フレッツ光 OCN光との差額
300円/月ほど
集合住宅
・マンション
4350円/月
4500円/月

4700円/月
フレッツ光 OCN光との差額
750円/月ほど


『OCN光』のメリットは、光コラボレーションによる回線とプロバイダの一本化されていることです。一本化される最大のメリットは、毎月かかってしまう固定費が安くなるということです。

 

ネットを利用する人には一生、毎月のコストになるので、少しでも抑える方法を考えてみましょう。

これまで、フレッツ光とプロバイダであるOCNの2社からの料金請求がされていましたが、一本化されることにより、プロバイダ料金がそっくりそのまま安くなります。ファミリー用だと月で300円ほど、年間3600円もお得です。

 

好奇心ヒカリ
ちゃん
フレッツ光と比べると、
こんなにお得になるんだね!

『光コラボレーション』と
メリット・デメリットも
確認しておこう!
 

 

そもそも光コラボレーションとは、他にどのような特徴があるのでしょうか?
少し詳しくご説明いたします。

『OCN光』は、『光コラボレーション』のサービス!
『光コラボレーション』3つのメリットって!?

『OCN光』は、光コラボレーションのサービスによって、月額の固定費が安くなるというメリットがあるとご紹介しました。ここでは『光コラボレーションとは、そもそもどのようなサービスで特徴があるものなのか?』をご紹介します。

『光コラボレーション』とはフレッツ光が2014年から光の卸売りを開始し、20153月頃よりスタートされたサービスです。

これまでNTTの独占状態であった光回線市場だっただけに、提携する会社も数多くあります。いわば光回線が自由化したことによって、光コラボレーションの契約数は、20163月地点で約300万件が契約しているそうです。フレッツ光からの転用であるので、ひかり電話やフレッツTVなどのオプションは継続して利用できます。

【光コラボレーションの特徴】は、以下の通りです。

 

1.回線業者とプロバイダが一本化される
一本化することによっての最大の特徴は料金が安くなる

 

2.再工事の必要がない

これまでフレッツ光を利用していた人が、簡単に光コラボレーションに乗り換え可能

 

3.サポート体制が整っている

問い合わせ窓口が一貫している

 

『光コラボレーション』3つのメリットの詳細


メリット① 一本化することによっての最大の特徴は料金が安くなる

 

それまで光回線業者とプロバイダ業者の2社と契約する必要がありましたが、それを一本化することが出来るようになり料金を安くなりました。

 

また、提供事業者の携帯・スマホ割、格安SIMとのセット割など独自のサービスが受けられるようになりました。

メリット② これまでフレッツ光を利用していた人が、簡単に光コラボレーションに乗り換え可能

乗り換え時に新たな再工事をする必要がありません。

 

通常、回線業社を変更する際は別途料金がかかってしまいますが、フレッツ光利用者であれば回線を変えずに済みます。

(光コラボレーションなので、転用事務手数料3000円は必要です。)

 

また、フレッツ光を利用していてその工事費が残っている場合は、手数料や違約金がかかることなく、それを引き継ぐことが可能です。

 

『にねん割』の場合、違約金は発生しませんし、工事料金の残債が一括請求されることは、ありません。

工事料金の残債がある場合は、残債を引き継ぐ形で転用し、自動的に、コラボ会社へ移行されます。
しかしその後、『残債をいくら払うか?どのような形で支払うか?』は、各コラボ会社によります。契約したネット回線(今回であれば、『OCN光』)に確認しましょう!

メリット③ 問い合わせ窓口が一貫している

 

問い合わせ窓口が一貫しているため、手続きもシンプルになります。

 

 

これまでは回線業社とプロバイダが別々になっていたのでネット環境についての不具合が生じた場合、回線業社に問い合わせ。とプロバイダへ、プロバイダに問い合わせると、回線業社への問い合わせを求められることが多く発生していました。

 

互いの業者が互いのせいにするといっては表現が悪いですが、それに近いものがありました。その対応により消費者はたらい回し状態になることがあったのですが、一本化されることによりその心配がなくなりました。

以上のように何と言っても業者が一本化されることによって、料金が安くなる、窓口の一本化などインターネットを利用する人にとってはメリットが多いですよね。プロバイダ業者側で、独自のサービスを展開することで、光コラボレーションとして差別化をしていることも多いです。

※その他、大手では、『ドコモ光』『ソフトバンク光』などが、同じ光コラボレーションです。

 

『auひかり』『NURO光』は自社独自のサービスを展開していて、なかでも『NURO光』は他の光回線の2倍の上限2GBの速度であることが最大のメリットです。(地域は関東・関西・東海エリアに限ります)

光コラボレーションと提携している業者は本当に数が多い(2019年現在554事業者)です。

その中で『OCN光』とは一体どのような特徴があるのでしょうか?

『OCN光』の場合のメリット
&デメリットまとめ

光コラボレーションの特徴には業者ならではのサービスが受けられる。というのがありましたが、一体どのようなものがあるのでしょうか?『OCN光』の特徴についてメリット・デメリットを調べてみました。

4つのメリット

・月額利用料金の安さが魅力

 数あるプロバイダ業者の中でも月額利用料金が安いというのが『OCN光』の特徴です。【マンションタイプ】、【戸建てタイプ】ともに月額のコストを安く抑えられるという点においては、魅力的です。 

・初月の月額料が無料

前述の料金が安いということに類似していますが、『OCN光』に申し込みをすると初月の月額費が無料となります。

通常は、日割計算であることが多いため、正確に請求されるところを、工事月のの翌月以降からの支払いでOKですよ!という内容です。

・OCNモバイルONE(SIMカード)とのセット割でお得

OCNが販売しているSIMカードである『OCNモバイルとのセット割でSIMの利用料金が月額200円引き』となります。割引の金額は少ないかも知れませんが、フレッツ光にはSIMカードのセット割は存在していないので、それだけでもお得ですよね。

・フレッツ光の光電話や、有料サービスはそのまま継続が可能

フレッツ光を利用している人だったら、そのオプション(ひかり電話やフレッツTVなど)のサービスは引き続き利用することができます。

3つのデメリット

・フレッツポイントは無効になる

フレッツ光を利用していた人は、フレッツポイントというものがあります。『OCN光』へ転用する場合だけでなくフレッツ光から転用した場合、転用後そのポイントの使用は出来なくなります。なので、転用する場合は残っているポイントを出来るだけ使用して転用するようにしましょう。

・違約金がかかる

『OCN光』を2年縛りで契約をした場合、途中で解約をすると違約金が発生します。期間に限らずいつ辞めても11000円の違約金がかかるので、何かない限り、1度決めたら更新月までは使い続けることをオススメします。

・携帯キャリアとのセット割がない

メリットではプロバイダ業者の中ではトップクラスの月額料の安さを誇る『OCN光』ですが、携帯キャリアとのセット割がありません。

ドコモ、au、SoftBankなどの携帯キャリアと各自が使用している携帯キャリアとで、光回線のセット割が適用されると、他社の光回線では、月額料金がさらに安くなるように設定されています。なので、金銭的なメリットは他社と比べて、なくなってしまいます。

携帯キャリアとのセット割があるプランを提供しているのは、『ドコモ光』、『auひかり』、『ソフトバンク光』、『NURO光』です。

以上のように『OCN光』についてメリット・デメリットをまとめてみました。

ではネット回線の他社サービスと比較すると『OCN光』はどんな違いがあるでしょうか?

『OCN光』vs大手7回線徹底比較!
「フレッツ光」「ドコモ光」「auひかり」
「ソフトバンク光」「NURO光」

『OCN光』vs大手7回線徹底比較 の詳細

【『OCN光』vs大手7回線】
徹底比較一覧

月額料金

(戸建て)

月額料金

(マンション)

工事料金

キャッシュ

バック

セット割引
フレッツ光(東日本)
[事務手数料800円]
5700円
+プロバイダ料金
1000円程

4350円
+プロバイダ料金
1000円程

有料

なし なし

フレッツ光(西日本)
[事務手数料800円]
5400円
+プロバイダ料金
1000円程

4500円
+プロバイダ料金
1000円程

有料 なし なし

ドコモ光
[事務手数料3000円]
5200円 4000円 無料 あり ドコモ
携帯割引
auひかり
[事務手数料3000円]
5100円 3800円 無料 あり au
携帯割引
ソフトバンク光
[事務手数料3000円]
5200円 3800円 無料 あり ソフトバンク
携帯割引
ビッグローブ光
[事務手数料3000円]
4980円 3980円 無料 あり au
携帯割引
NURO光
[事務手数料3000円]
4743円 2500円

無料

あり ソフトバンク
携帯割引
OCN光
[事務手数料3000円]
5100円 4700円

〜18000円

〜15000円

あり なし
携帯電話会社 割引の内容 対象の光回線
ドコモ

『ドコモ光セット割』

毎月1000円の割引あり

※個人の場合
毎月1500円~2500円程度の割引あり
※家族の場合

・『ドコモ光』
au

『auスマートバリュー』
毎月約1000円の割引あり
※家族も含めて携帯電話1台あたり

(家族で4台利用なら、平均で毎月4000円)

・『auひかり』
・『ビッグローブ光』
ソフト
バンク

『おうち割 光セット』
毎月約1000円の割引あり
※家族も含めて携帯電話1台あたり

(家族で4台利用なら、平均で毎月4000円)

・『ソフトバンク光』
・『NURO光』

 

ネット回線コンシェルジュ
最終的に迷った際は、

・上記の、契約している携帯電話会社に対応する光回線

・特典額が多い下記のキャンペーン

いずれかからのお申込みがオススメです!

 

それぞれ、条件が時期によって異なるため、

各ページのキャンペーン内容を、

確認して、快適なネット回線を選びましょう!

 

ネット回線4大サービスとのセット割比較!

前の記述では『OCN光』についてのメリット・デメリットについてまとめましたが、他社はどうなのでしょうか。『ドコモ光』、『auひかり』、『ソフトバンク光』、『NURO光』の特徴をまとめました。

 

 

集合住宅
(マンション)
マンション 料金 速度 キャッシュバック
OCN光

4700円/月

100M 最大28000円
ソフトバンク光 3800円/月 100M 57000円
auひかり 3800円/月
100M 50000円
ドコモ光 4000円/月
100M 最大18000円

戸建て
戸建 料金 速度 キャッシュバック
OCN光 5100円/月 1G 最大28000円
ソフトバンク光 5200円/月
1G 57000円
auひかり 5100円/月
1G 50000円
ドコモ光 5200円/月
1G 最大18000円

 

ドコモ光

ドコモの特徴は、ポイントの還元率が高いことです。

 

ドコモ光で契約するとドコモプレミアクラブのステージに応じてポイントの還元も変わります。料金の10%が還元されるため固定額の5000円は、ポイント還元により500ポイントを取得することができます。

 

携帯キャリアがドコモで家族の利用も多い人や、パックの内容などによっては、お得な料金(月額2000円〜500円割引き)で利用できます。

 

『ドコモ光』のセット割引【セット割】
還元特典・月額コスト についてはコチラ

ソフトバンク光

『OCN光』同様に光コラボレーションの一つです。こちらもフレッツ光から転用する場合は、簡単にできます。フレッツ光からソフトバンク光に転用する最大のメリットは、スマート割引というスマートフォンの割引が適用されます。

 

指定オプションに加入することが条件になりますが、SoftBankユーザーである場合は、家族のシェアパックも適用され、料金的にかなりお得になります。

 

 

『ソフトバンク光』のセット割引
【おうち割光セット】
特典・月額コスト についてはコチラ

auひかり

『auひかり』は上記の2つと違い、光コラボレーションの対象ではないので、新規で回線の工事をしてもらう必要があります。転用ではないため、初期工事費などの費用がかかってしまいそうですが、新規で工事をしてもらう場合でも、現在『工事費用が無料』になる、キャンペーンがあります。

 

また、使用途中の回線業社の違約金をKDDIが代わりに支払ってくれるので、金銭のデメリットが実はありません。加えてauスマートフォンを利用している場合はスマホ割があり、速度も非常に安定しているので、auユーザーでない場合でもオススメの回線です。

 

さらに、もしauユーザーの場合には、『auスマートバリュー』という月額割引きのキャンペーンがあります。

 

『auひかり』のセット割引
【スマートバリュー】
特典・月額コスト についてはコチラ

NURO光

「NURO光」は、上記3社の携帯電話を扱っている会社ではなくプロバイダ業者であるSo-netが提供する『世界最速』のインターネットサービスです。

 

下り2Gbps上り1Gbpsの世界最速の速度と圧倒的な料金の安さが売りです。地域が限られていて、関東の一都六県でしか、申込事を受け付けていません。

 

SoftBankユーザーの場合、【おうち割光セット】のキャンペーンで、月額2000円〜500円安くなるので、オススメです。しかし何といっても世界最速と料金の安さです。地域と携帯キャリアが合えば、申込み可能地域かを確認してみることをオススメします。

 

『NURO光』のセット割引
【おうち割光セット】

NURO光の地域検索ページ

 

ミケネコ先生
集合住宅・戸建てともに、コスト+キャッシュバック額だけで比較すると、『auひかり』がお得です。

でも、使っている携帯と同じ
光回線にすると、さらに安く
なることが多いです。

下のリンク先に、メリットを総まとめ
しているので、参考にしてください。


 

 

 

『OCN光』他コラボ
2019'最新キャッシュバック情報】

【『OCN光』を検討している方は、ご確認ください】

 

 

 

【他社への、乗換えを検討していた方への、キャンペーン最新情報】

 

現在、実施中の『OCN光』以外の大手5社キャンペーン情報

 

『auひかり』公式上乗せ 2019'web申し込み独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『auひかり』公式キャンペーン ≫≫≫
工事費用割引:最大3.75万円(実質工事費0円)
スタートサポート:違約金最大3万円負担
セット割:『auスマートバリュー』500円〜2000円/月 
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫

2019'『auひかり』初期費用(工事費)+月額費用

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

auひかり

戸建て
37500円
マンション
30000円

現在初期工事費無料
※工事費用
+3000円[事務手数料]

戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月



『ドコモ光』公式+2019'
「速度改善IPV6プラス無料」
&「Wi-Fiレンタル無料」独自特典
            
 



≪≪≪ 2019' 『ドコモ光』公式キャンペーン ≫≫≫
dポイント
dポイントプレゼント!
(新規契約:10000pt)
(転用  : 5000pt)
※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

  (最新のドコモ特典の公式一覧ページ)
ドコモ光2回線以降 300円/月割引!
セット割:『ドコモ光 セット割』3500円〜100円/月割引
(データSパックや旧料金プランなら、ドコモ光期間限定 500円/月割引!)
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫

 

『ドコモ光』の場合、工事費全額・半額無料キャンペーンは、現在ありません。

 

急遽、2019年の期間限定で、工事費無料キャンペーンが開始しています。
(条件は、『新規の申込み』または『フレッツ光に加入中であること』のいずれかが条件です。上記リンク先の『詳しくはこちら』ボタンを開くと、確認できます。)

 

速度改善のための『IPV6プラス』無料の独自サービス
【GMOとくとくBB限定】ドコモ光出張サポート無料キャンペーン!
契約数増加中!webで完結&店舗待ち時間ナシ!
GMOとくとくBB限定の『高性能Wi-Fiルーター無料レンタル』!
公式に上乗せ最大18000円キャッシュバック!

*ドコモ携帯との『セット割』の
割引額が分かります。
『ご自身の携帯プラン』
の入力が必要です。

2019' 『ドコモ光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

ドコモ光

戸建て
マンション

+3000円[事務手数料]

戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月



2019'『ソフトバンク光』公式
+上乗せweb申し込み独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『ソフトバンク光』公式特典(NEXT社の説明リンク) ≫≫≫
新規工事費用割引:最大24000円(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン:(違約金+工事費負担)最大10万円還元
セット割:『おうち割光セット』500円〜2000円/月割引
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
最大合計57000円相当キャンペーン!!
      ※【プロバイダ条件 x 環境】による(高性能Wi-Fiルーター選択可能)
スマホ乗換え時の違約金還元計10260円キャッシュバック
公式特典+プロバイダ特典 ※さらに上乗せの特典!

2019' 『ソフトバンク光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

ソフトバンク光

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]

+3000円[事務手数料]

戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月



2019'『NURO光(関東・関西・東海限定)』
+web申し込み特典の独自ページ
           
 

≪≪≪ 2019' 『NURO』公式キャンペーン ≫≫≫
新規工事費用割引:最大40000円(実質工事費0円)
戸建て  :4743円
マンション:1900円〜2500円/月
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
公式に上乗せ最大35000円キャッシュバック!!
    または
PlayStation®4 (またはSwitch)
上記、web申込み完了後、特典のどちらかの上乗せの特典が適用されます。

2019' 『NURO光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

NURO光

(関東・関西
・東海エリアのみ)

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)



2019'『BIGLOBE光』
+最大5.5万円
web限定キャッシュバック!
           
 

≪≪≪ 2019' 『BIGLOBE光』公式キャンペーン ≫≫≫
 または 
≪≪≪ 【期間限定web特典】キャンペーン ≫≫≫

2019' 『BIGLOBE光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

BIGLOBE光

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

auスマホタブレットを
使っている場合
3780円/月 [戸建て]
2780円/月[マンション]



 

-その他の回線, ネット回線, 光コラボレーション

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.