その他の回線 ネット回線 光コラボレーション

2019【OCN光口コミ評判】IPv6他 契約前の注意点!大手7社徹底比較!

更新日:



『OCN光』最大5000円割引
2019'最新キャッシュバック情報】

 

ネット回線コンシェルジュ
この記事では、
実際に『OCN光』を契約した人の
口コミ評価や、契約時の
注意点について紹介します。

 

 

『OCN光』の速度改善サービス
 IPV6(IPv6方式)について
『OCN光』の月額費用
『OCN光』の4つのメリット

・月額利用料金の安さが魅力

・初月の月額料が無料

・OCNモバイルONE(SIMカード)とのセット割でお得

・フレッツ光の光電話や、有料サービスはそのまま継続が可能

『OCN光』の3つのデメリット

・フレッツポイントは無効になる

・違約金がかかる

・携帯キャリアとのセット割がない

『OCN光』vs大手7回線徹底比較

の順番で解説しています。

 

ヒカリちゃん
 『OCN光』と他社光回線の
メリットとデメリットを比較して、
ぜひ自分の条件に
合う光回線をご確認ください。

 

ポイントは、『OCN光』の場合、大手キャリア(ドコモauソフトバンク)とのセット割が無いと言う点です。

 

大手キャリアに対応したセット割のあるサービスも、大手7回線徹底比較にて掲載していますので、ぜひご参考に!

 

『OCN光』についての『評判&口コミ』を発見!実際どうなの!?

ヒカリ
ちゃん
『OCN光』の良くない口コミを発見!!

でも、本当の所は、どうなの!?
このページでは、 大手の、『ドコモ光』
『auひかり』『ソフトバンク光』『NURO光』
も、比較表を作って、徹底的に比較してみました!

 

↓大手7社徹底比較の

比較内容はこちら

 

光回線を契約するときは、契約後に何か問題が出てきたらどうしようと不安になるものです。そんな『OCN光』を契約時の不安を解消するために、『OCN光』の口コミ評判を集めました。

 

 

そもそも、OCNは、NTTコミュニケーションズが提供しているプロバイダサービスです。大手企業であるNTTグループの子会社が提供しているとあって、国内での知名度も高く、幅広い年代に今も根強い人気があります。信頼性の高いプロバイダなのだから、『OCN光』も信頼できそうだと思われる方も、多いのではないでしょうか。

 

 

「『OCN光』は、本当に信頼性の高い光回線なのか?」気になる口コミを発見したので、早速見ていきましょう。

 

 

『OCN光』の利用者 口コミ評判
①『 J:com』 ⇒ 『OCN光 v6アルファ』

 

上記は、ケーブルテレビのJ:COMから『OCN光』に乗り換えた人の口コミです。ケーブルテレビは自宅までネットを届ける際、光ケーブルを途中で、ケーブルテレビのケーブルに切り替えています。そのため、自宅まで光ケーブルのみでネットを届ける光回線よりも、速度低下する可能性があります。

 

 

この口コミを書いた人が、契約した『OCN光』は光回線なので、ケーブルテレビを使っていたときよりも、ネットの速度が上がったというわけなのです。光回線の速度は、一般的に100Mbs以上出ていれば、オンラインゲームも快適にできる速度といわれています。口コミの方は、100200Mbsの速度が出ているということなので、『OCN光』は十分な速度が出ている光回線といえるでしょう。

 

 

『OCN光』の利用者 口コミ評判
②『 OCN光 100Mbps』 ⇒『 OCN光 V6アルファ 100Mbps』

 

上記は、『OCN光』100Mbpsを契約している人の口コミです。『OCN光』は、導入する建物によって、最大通信速度が1Gbps200Mbps100Mbpsと異なります。特に集合住宅で利用するときは、マンション内でネットを利用する人数が増えるだけでも、速度が低下しやすいもの。最大通信速度が100Mbpsのプランは、平均3050Mbps程度の速度が出ていれば、十分な速度が出ているといえます。

 

 

その点、上記の口コミを書いた人は、高速プランで54Mbpsをキープしているとのことなので、『OCN光』100Mbsプランも、問題なく使用できる速度が出ているといえるでしょう。

 

 

『OCN光』の利用者 口コミ評判
③ 『OCN光 v6アルファ』

 

上記の口コミでは、下り速度が88Mbpsで、上り速度が85Mbps出ています。どのプランに加入しているかは書かれていませんが、仮に100Mbpsの契約だとすると、かなり高速通信ができているといえます。『OCN光 v6アルファ』は、従来のIPv4接続に加えて、新しいIPv6接続もできるプランで、従来の接続方式よりも高速で通信できると評判です。

 

 

『OCN光』の利用者 口コミ評判
④『OCN光』⇒『OCN光 v6アルファ』

上記の口コミの方は、既に『OCN光』を利用していて、速度に波があるのを不満に思っていたようです。『OCN光』 v6アルファに加入したら、速度は速くなったのを実感したとのことなので、速度が気になる人は『OCN光』 v6アルファへ加入すると良いでしょう。

 

 

 

2018年以前の『OCN光』の口コミ
 

 

 

2018年以前の口コミでは、『OCN光』が遅いという声や、サポート体制が良くないのではという声が挙がっています。しかし、どの光回線サービスであっても、周囲の環境によって通信速度が遅くなる可能性はあります。

 

 

特に、集合住宅の場合は、ネットを使っている住民が多ければ多いほど、速度低下が起こる傾向があるのです。また、戸建てであっても、周囲にネットを使っている人が多かったり、通信の妨げになる建物が経っていたりすると、通信速度の低下する恐れは十分にあります。

 

『OCN光 v6 アルファ』に加入したことで、速度低下が解消されたという意見もあるので、一概に『OCN光』が遅いとはいえないのではないでしょうか。

 

全体的には、『OCN光 v6 アルファ』を導入して速度が上がったという意見が多くみられるので、『OCN光』は速度面でも、安心して契約できるサービスの一つです

 

『OCN光』は、IPV6(IPv6方式)サービスを開始!
2018年以降、『OCN光』『ドコモ光(OCN)』が対象!!

『OCN光』では、IPV6サービスを実施中です。ここからは、IPV6サービスとは一体何かを紹介していきます。通信速度の改善が期待できるサービスなので、『OCN光』を申し込むときは一緒に申し込みをすると良いでしょう。

 

 

『IPV6サービス(無料)』&『V6アルファ(有料)』

IPV6サービスの対象プランとなっている『OCN光』OCN for ドコモ光OCN with フレッツ』のいずれかを利用の方は、申し込み無料でIPv6接続を標準接続方式として利用できます。

 

従来の接続方式IPV4は利用者が多いので、どうしても通信速度が低下しやすくなっています。そこで、新方式のIPv6接続を利用すれば、従来の接続方式よりも利用者が少ないため、混雑を回避できます

 

 

上記の口コミで多く挙がった『OCN光 V6アルファ』に申し込みをした方は、IPV6サービス・セキュリティー対策・設定サポートがセットになって付いてきます。

『OCN光 V6アルファ』は、月額500円で申し込むことができます。『OCN光』を申し込むのであれば、OCN v6 アルファ』を申し込むか、あるいはIPv6接続に申し込むのがおすすめです。

 

 

 

対象プラン 『OCN光』
『OCN for ドコモ光』
『OCN 光 with フレッツ』
お申し込み 不要
料金 初期費用:無料
月額費用:基本料金に含む
提供条件

次のプランの場合、
OCN IPv6インターネット接続機能(IPoE)方式
を標準機能として提供。

『OCN光』       (2017年7月25日以降)
『OCN for ドコモ光』  (2017年9月1日以降)
『OCN 光 withフレッツ』 (2018年6月15日以降)

<出典:『OCN光』公式サイト

ヒカリ
ちゃん
本当に遅いのかな!?

遅い原因って何だろう?
いつも遅いのかを調べる方法って?

 

大手のプロバイダなのにどうして??速度が遅いって本当!?
遅いという場合に、確認すべき点

『OCN光』で遅いという場合に、確認すべき点
 

大手プロバイダを利用しているのに、通信速度が遅くなってしまうということはありませんか。もしかすると、通信速度が低下してしまうのは、回線が混雑していることが原因かもしれません。

 

 

かつては、光回線よりも通信速度が遅いADSL回線が主流だったため、容量が大きいデータをやり取りすると、通信速度が遅くなることはよくありました。しかし、現在ではほとんどの家庭が光回線へと移行しているため、通信速度が極端に遅くなることは減っています。

 

 

とはいえ、光回線を使用していても、通信速度が遅くなることはあります。通信速度が遅くなる原因は色々ありますが、主な原因として考えられるのは下記の5つです。

 

  • 『自宅と基地局でのアクセスが集中している』
  • 『wifi接続しているために速度が減衰している』
  • 『夜間などのアクセスが集中する時間帯にネットを利用している』
  • 『古いLANケーブルを使用している』
  • 『マンション・アパートでネットを利用しているため、1つの光回線を住人同士で分けて使っている(VDSL方式など)』

 

 

光回線であっても、利用者が多い時間やアクセスが集中しているときは、通信速度が低下してしまいます。特に、集合住宅では、1つの光回線を住民同士でシェアしていることも少なくないため、どうしても速度が遅くなってしまう傾向があるのです。

 

通信速度が遅いと、通信障害が起こっているかもと不安になり、プロバイダへ問い合わせする人も多いでしょう。しかし、実は通信障害ではなく、上記で挙げていることが原因となり、通信速度が低下している可能性があります。

 

 

他にも、古い規格のルーターを使用していたり、周辺機器が故障していたりすることが、通信速度の低下を引き起こしている場合があります。まずは、これらが原因となって通信速度が遅くなっていないかを確かめた上で、プロバイダのサポートセンターへと問い合わせしましょう。

 

 

大手の光回線なのに通信速度が遅いと感じたときは、まずはネット回線が込み合っている可能性を疑いましょう。自宅と基地局でのアクセスが集中していたり、夜間などでアクセスが多くなっていたりして、通信速度が低下している可能性があります。

 

また、VDSL方式のマンションタイプの場合は、住民で回線をシェアして使うため、通信速度は低下しがちです。通信速度が気になるときは、どの配線方式で部屋まで届いているのかを、確認しておくと良いでしょう。

 

古いLANケーブルを使っていたり、古い規格の無線LANを使っていたりするときも、通信速度が遅くなる場合があります。通信速度が遅いと感じたら、周辺機器の故障がないかどうかも合わせて一度確認してみてください。

 

 

『OCN光』の月額費用は
3600円(マンション)または、5100円(戸建て)

ここまで紹介してきたOCN光ですが、実際契約するとしたら月額費用はどのくらいかかるでしょうか。

 

 

ここからは、プロバイダと光回線の料金がセットになった『OCN光』の月額料金を紹介します。

 

光回線『フレッツ光』と、プロバイダ『OCN』の料金を個別に支払うときと比べると、どのくらい支払い金額に差があるのかも調査してみました。

 

 

 

  フレッツ光 OCN
(上段:東日本)
(下段:西日本)
OCN光
ファミリー

5200円/月

5940円/月

5100円/月
フレッツ光 OCN光との差額
300円/月ほど
集合住宅
・マンション
3350円/月
4345円/月

4700円/月
フレッツ光 OCN光との差額
750円/月ほど

 

 

『OCN光』は、ファミリータイプ(戸建て)で月額5100円、マンションタイプで月額4700円です。

 

一方で、フレッツ光とOCNをそれぞれ契約した場合は、ファミリータイプで月額5,7001、マンションタイプで月額4,3502となっています。ファミリータイプは『OCN光』の方が安く、マンションタイプはフレッツ光の方が安いことが分かります。

 

12

それぞれ東日本のエリアで契約した場合の月額料金を表示しています。西日本のエリアにお住まいの場合は、ファミリータイプで月額5,400円、マンションタイプで月額4,500円となっているので注意してください。

 

 

『OCN光』の方が年間3,600円もお得!!

 

『OCN光』は、光回線とプロバイダがセットで販売されています。そのため、光回線とプロバイダをそれぞれ別々に申し込むよりも、料金が安く設定されているのです。

 

 

光回線のフレッツ光とプロバイダのOCNを別々に申し込むときと比べて、料金が一本化されている『OCN光』のファミリータイプは、毎月300円もお得になります。1年間の割引額に換算すると、年間3,600円がお得になる計算となるのです。

 

一方で、マンションタイプの場合は、『OCN光』の方が料金は高くなっています。しかし、OCNモバイルONEを利用中の方は、『OCN光』の月額費用が毎月割引となるサービスがあります。フレッツ光では割引サービスが実施されていないため、OCNモバイルを利用している人は、『OCN光』を利用する方が月額費用を安く抑えられるでしょう。

 

 

※OCNモバイルONEの割引サービスについては、この後に紹介する『OCN光のメリット』で詳しく触れていますので、気になる方はそちらを確認してみてください。

 

好奇心ヒカリ
ちゃん
フレッツ光と比べると、
こんなにお得になるんだね!

『光コラボレーション』と
メリット・デメリットも
確認しておこう!
 

 

『OCN光』は、『光コラボレーション』のサービス!
『光コラボレーション』3つのメリットって!?

『OCN光』は、数多くある『光コラボレーション』サービスの1つです。そもそも、光コラボレーションとはどんなサービスなのか、知らない方も多いかもしれません。そこで、ここからは、光コラボレーションについて詳しく説明していきます。

※以下、光コラボレーションことを、光コラボレーションまたは光コラボ回線と省略して記載します。

 

NTTから光回線をレンタルして販売しているサービス

 

光コラボレーションは、大手企業のNTTから光回線をレンタルして、それぞれ企業独自のサービスを付加して販売している光回線のことです。光回線とプロバイダがセットで販売されているため、セット割引されているのが大きな特徴といえます。

 

 

NTTが2015年3月頃より光コラボレーションを開始したことで、それまで独占状態だった光回線の市場に、数多くの企業が参入し始めました。その結果、今では、500以上の光コラボ回線があるといわれています。

 

 

光コラボ回線があまりにも多くあるので、各企業は顧客獲得をするために、価格を下げて新規顧客を呼び込もうと、価格の値下げ競争が激化しているのです。そのため、ほとんどの場合、フレッツ光を契約するよりも、光コラボ回線を契約した方が費用を安く抑えられます。

 

 

光コラボレーション3つのメリットって?

 

光コラボレーションを契約することで、3つのメリットを享受できます。

 

『光コラボレーション』3つのメリットの詳細

 

メリット① 一本化することで料金が安くなる

 

光コラボレーションが登場するまでは、光回線業者とプロバイダ業者をそれぞれ別々に契約する必要がありました。しかし、光コラボ回線は、光回線とプロバイダの請求を一本化しており、料金体系が非常に分かりやすくなっています

 

 

また、光コラボレーション事業者が増えたことで、顧客獲得のために価格の値下げ競争が激化し、独自サービスを付加して販売する企業が増えました。それにより、フレッツ光よりも光コラボ回線は月額費用が安くなっている傾向があります。

 

 

※携帯電話やスマホとのセット割引や、電気やガスとのセット割引など、企業によって様々なサービスがあります。しかし、現在のところ、携帯電話やスマホのセット割引をしている光コラボ回線が、割引率の最も高い光コラボ回線といえるでしょう。

 

メリット② これまでフレッツ光を利用していた人が、
簡単に光コラボレーションに乗り換え可能

光コラボレーションは、フレッツ光から契約を切り変えるときに限り、再工事をする必要がありません。通常、別の光回線に契約を切り替えるときは、工事をして新たな光回線を使えるようにする作業が必要です。

 

しかし、光コラボ回線はNTTの回線を借りて提供しているサービスのため、フレッツ光から光コラボ回線への切り替えであれば、工事をせずに契約を切り替えられます。フレッツ光から光コラボ回線へ契約を移行する場合は、転用事務手数料と工事費の残額は負担する必要があります。

 

※NTTフレッツ光からの転用は、事務手数料として3,000円が発生します。フレッツ光の工事費支払いが残っている場合は、新たに契約する光コラボ回線で、残りの金額を支払うこととなります。どのように支払っていくかは、新たに契約する光コラボ回線の事業者と決めてください。

メリット③ 問い合わせ窓口が一貫している

 

光回線とプロバイダを別々に契約していると、トラブルが発生したときに、どこの窓口にかけて良いのかが分かりにくいものです。しかし、光コラボレーションなら光回線とプロバイダがセット売りされていて、窓口が一本化されているので、問い合わせしやすくなっています。

 

光回線のトラブルが起きたとき、光回線とプロバイダのどちらに原因があるのかが判別しにくく、問い合わせしても業者間でたらい回しにされることも少なくなかったのです。その点、光コラボ回線は、光回線とプロバイダが一本化されているので、問い合わせ先も同じである場合がほとんどです。

 

 

光回線業者に問い合わせしたり、プロバイダにかけなおしてみたりと、あちこちたらい回しされる心配をしなくて済みます。

 

 

 

【光コラボレーションのメリット】は、下記の3つです。

 

1.回線業者とプロバイダが一本化される
独自のサービスが付加されて料金が安くなる

 

2.再工事の必要がない

これまでフレッツ光を利用していた人が、簡単に光コラボレーションに乗り換え可能

 

3.サポート体制が整っている

問い合わせ窓口が一貫している

 

 

独自の割引サービスが受けられることが、光コラボレーションの大きな特徴といえます。なかでも、スマホとのセット割引を実施している光コラボ回線は、割引率が高くなっています。

 

フレッツ光を利用している人や、スマホとのセット割引がない回線を利用している人は、お得な光回線へ切り替えることで、年間の通信費を抑えられることができるでしょう。

 

 

『OCN光』のメリット
&デメリットまとめ

ここまで、光コラボレーションを契約するメリットについて紹介してきました。光コラボレーションである『OCN光』も、上記のようなメリットを享受できるサービスの一つであるといえます。

 

 

ここからは、『OCN光』のメリットとデメリットについて、さらに詳しく紹介していきます。

 

『OCN光』の4つのメリット

 

・月額利用料金の安さが魅力

『OCN光』は、フレッツ光よりもファミリータイプの月額費用が安くなっています。マンションタイプはフレッツ光よりも月額費用が高くなっていますが、OCNモバイル利用時のセット割引を考えると、『OCN光』の方がトータルコストは安く抑えられるでしょう。

 

 

・初月の月額料が無料

『OCN光』に申し込みをすると、契約月の月額費用が無料となります。一般的に、光回線を契約するときは、契約月の月額費用は日割り計算で請求されるケースが多くみられます。

しかしながら、『OCN光』は初月の月額費用がかからないため、初期費用を抑えることができるのです。

 

・OCNモバイルONE(SIMカード)とのセット割でお得

 

OCNは、プロバイダや光コラボ回線の他に、OCNモバイルも販売しています。この格安SIMのOCNモバイルONEを契約している場合は、月額費用から200円が割引されます。OCNモバイル1台の契約につき200円割引が適用され、最大5回線まで割引対象となります。

 

OCNモバイルONEを5台契約している場合は、毎月1,000円割引されるので、フレッツ光よりも安く抑えられるのです。

 

・フレッツ光の光電話や、有料サービスはそのまま継続が可能

フレッツ光を利用している人は、フレッツ光で加入しているオプション(ひかり電話やフレッツTVなど)を、そのまま継続して利用できます。フレッツ光の光テレビで見ているチャンネルがあるときでも、そのまま見ることができるので安心です。

 

『OCN光』の3つのデメリット

 

・フレッツポイントは無効になる

フレッツ光を利用していた人は、フレッツポイントが失効します。転用後はポイントの利用はできないので、事前にポイントの消化をしておきましょう。

 

・違約金がかかる

『OCN光』を2年自動更新契約した場合は、更新月以外に解約すると違約金が発生します更新月は一ヶ月間しかないので、光回線の契約を切り替えたいときは、その期間を狙って手続きをするようにしましょう。

 

 

・携帯キャリアとのセット割がない

格安モバイルの『OCNモバイルONE』を契約の場合のみ、毎月200円の割引が受けられます。大手携帯電話キャリアを使っている人は、何も割引が受けられません。

 

そのため、ドコモ・au・SoftBankの大手携帯電話キャリアを使っている人は、『ドコモ光』『auひかり』『ソフトバンク光』『ビッグローブ光』『NURO光』がおすすめです。この5社の光コラボ回線であれば、スマホとのセット割引が適用されるので、毎月の利用料金が安くなります。

『OCN光』vs大手7回線徹底比較!
「フレッツ光」「ドコモ光」「auひかり」
「ソフトバンク光」「NURO光」

ここまでは、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを使っている人は、ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光・ビッグローブ光・NURO光がおすすめであることを紹介しました。

 

 

これより先は、実際に『OCN光』と上記の5社を比較した場合、どのくらいお得になるのかを見ていきましょう。フレッツ光の月額費用とも比較しているので、乗り換え時の目安にしてみてください。

 

【『OCN光』vs大手7回線】
徹底比較一覧

月額料金

(戸建て)

月額料金

(マンション)

工事料金

キャッシュ

バック

セット割引
フレッツ光(東日本)
[事務手数料800円]
5200円
+プロバイダ料金
1000円程

3350円
+プロバイダ料金
1000円程

有料

なし なし

フレッツ光(西日本)
[事務手数料800円]
5940円
+プロバイダ料金
1000円程

4345円
+プロバイダ料金
1000円程

有料 なし なし

ドコモ光
[事務手数料3000円]
5200円 4000円 無料 あり ドコモ
携帯割引
auひかり
[事務手数料3000円]
5100円 3800円 無料 あり au
携帯割引
ソフトバンク光
[事務手数料3000円]
5200円 3800円 無料 あり ソフトバンク
携帯割引
ビッグローブ光
[事務手数料3000円]
4980円 3980円 無料 あり au
携帯割引
NURO光
[事務手数料3000円]
4743円 2500円

無料

あり ソフトバンク
携帯割引
OCN光
[事務手数料3000円]
5100円 4700円

〜18000円

〜15000円

あり なし
携帯電話会社 割引の内容 対象の光回線
ドコモ

『ドコモ光セット割』

毎月1000円の割引あり

※個人の場合
毎月1500円~2500円程度の割引あり
※家族の場合

・『ドコモ光』
au

『auスマートバリュー』
毎月約1000円の割引あり
※家族も含めて携帯電話1台あたり

(家族で4台利用なら、平均で毎月4000円)

・『auひかり』
・『ビッグローブ光』
ソフト
バンク

『おうち割 光セット』
毎月約1000円の割引あり
※家族も含めて携帯電話1台あたり

(家族で4台利用なら、平均で毎月4000円)

・『ソフトバンク光』
・『NURO光』

 

ネット回線コンシェルジュ
最終的に迷った際は、

・上記の、契約している携帯電話会社に対応する光回線

・特典額が多い下記のキャンペーン

いずれかからのお申込みがオススメです!

 

それぞれ、条件が時期によって異なるため、

各ページのキャンペーン内容を、

確認して、快適なネット回線を選びましょう!

 

 

 

フレッツ光や『OCN光』はスマホとのセット割引がないため、ファミリータイプで月額5,500円前後、マンションタイプで月額4,500円前後の価格となっています。

 

一方で、スマホとのセット割引を実施している光回線のauひかり・ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光・NURO光も、ファミリータイプは月額5,000円前後、マンションタイプで月額4,000円前後の価格です。

 

 

この価格差だけみると毎月500円程度しか安くないようにも思えます。しかし、上記の5社はスマホセット割引が適用されるため、実際は毎月1,500~4,000円程度安くなります。

 

 

家族でセット割引対象のスマホを利用している人が、増えれば増えるほど、その分割引額は大きくなります。au・ドコモ・ソフトバンクの大手3キャリアで、それぞれ割引額やセット割引き対象プランは異なるものの、平均して1,000~最大4,000円程度の割引が受けられます。

 

 

ネット回線4大サービスとのセット割比較!

上記で紹介した7社の光回線のうち、ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光・NURO光の4社の光回線について、さらに詳しくまとめてみました。

 

 

集合住宅
(マンション)

 

マンション 料金 速度 キャッシュバック
OCN光

4700円/月

100M 最大5000円
ソフトバンク光 3800円/月 100M 最大59000円
auひかり 3800円/月
100M 最大50000円
ドコモ光 4000円/月
100M 最大15000円

 


戸建て

 

戸建 料金 速度 キャッシュバック
OCN光 5100円/月 1G 最大5000円
ソフトバンク光 5200円/月
1G 最大59000円
auひかり 5100円/月
1G
5G・10G
最大50000円
ドコモ光 5200円/月
1G 最大15000円

 

ネット回線4大サービスとのセット割 の解説

ドコモ光

『ドコモ光』は、ドコモプレミアクラブのステージに応じて、dポイントが付与されます。dポイントが使えるお店は年々増加しており、ドラッグストアやコンビニなど様々なところで利用できるのでお得です。

 

ドコモユーザーであれば、『ドコモ光』を契約するとセット割引の対象となります。ドコモのスマホを利用していて、ポイント還元率の高い光回線を利用したい人には、『ドコモ光』の契約がおすすめです。

 

 

 

『ドコモ光』のセット割引【セット割】
還元特典・月額コスト について

ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを利用している人は、『ソフトバンク光』を契約することでおうち割が適用されます。ソフトバンクユーザーは、『ソフトバンク光』と『NURO光』以外の他の光回線では割引きが受けられません。

 

『NURO光』は『ソフトバンク光』よりも月額費用が安いですが、提供エリアが限られています。そのため、『NURO光』の提供エリア外で、ソフトバンクのスマホを利用している人は、『ソフトバンク光』がオススメです。。

 

 

『ソフトバンク光』のセット割引
【おうち割光セット】
特典・月額コスト について

auひかり

『auひかり』は、光コラボレーションではありません。フレッツ光のように、自社の光回線を提供しているサービスです。「auスマートバリュー」でお得になるため、auユーザーには、『auひかり』がオススメです。

 

しかし、フレッツ光』と比べるとまだまだ提供エリアの範囲が狭いため、自宅が提供エリア外の恐れもあります。

(そのときは、光コラボ回線である『ビッグローブ光』を契約するのがおすすめです。『auひかり』同様、『ビッグローブ光』も、auスマホを使っている人は「auスマートバリュー」で割引の対象となるため、ご検討ください。)

 

 

残念ながら、『auひかり』は自社の光回線で提供しているので、フレッツ光からの転用ができないので注意してください。そのため、『auひかり』を契約するときは、新規契約という形になり、工事費の負担が発生します。申し込み時期によっては、工事費実質無料のキャンペーンを実施していることがあるので、それらを使うとお得に乗りかえることができるでしょう。

 

『auひかり』のセット割引
【スマートバリュー】
特典・月額コスト について

NURO光

『NURO光』もソフトバンクユーザーが割引となる光回線サービスです。

 

しかし、提供エリアが限られていて、関東・東海・関西・九州エリアでしか提供されていません。年々提供エリアは広がっているものの、まだまだ提供エリア外の地域の方が多い状態です。

 

しかし、『ソフトバンク光』よりも圧倒的に月額費用が安いため、ソフトバンクユーザーで対象地域に住んでいるなら、ぜひとも『NURO光』の契約がオススメです。

 

『NURO光』のセット割引
【おうち割光セット】

NURO光の地域検索ページ

 

ミケネコ先生
集合住宅・戸建てともに、スマホセット割引のある光回線がおすすめです。

下のリンク先に、メリットを総まとめしているので、参考にしてください。


 

 

 

『OCN光』他コラボ
2019'最新キャッシュバック情報】

【『OCN光』を検討している方は、ご確認ください】

 

 

契約する光回線を選ぶときは、月額費用の安さだけで決めてしまうのではなく、トータルコストで考えることが大切です。特に、スマホセット割引を実施している光回線は、割引率が高い傾向があります。

 

 

そのため、スマホセット割引を実施している光回線の中から、自分で使ってるスマホキャリアの割引を行っている光回線を選んで契約するのが一番お得といえるでしょう。

ミケネコ先生

毎月の割引だから、
スマホセット割引は、
年間の割引額が大きくなります!

セット割について、まとめてみました。

 

2019年現在、大手回線でセット割になる光回線は?
ドコモユーザー 『ドコモ光』
auユーザー 『auひかり』か『ビッグローブ光』
ソフトバンクユーザー 『ソフトバンク光』か『NURO光』


ドコモユーザーなら
『ドコモ光』を。

auユーザーなら
『auひかり』『ビッグローブ光』を。

ソフトバンクユーザーなら
『ソフトバンク光』『NURO光』
ぜひご検討ください。

 

大手の月額料金を、
改めて比較する際は、
こちらに戻ってご確認を!

下記、webの独自特典も
契約時にはぜひご確認ください。

 

 

 

 

 

【他社への、乗換えを検討していた方への、キャンペーン最新情報】

 

 

現在、実施中の『OCN光』以外の大手5社キャンペーン情報

 

『auひかり』公式上乗せ 2019'web申し込み独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『auひかり』公式キャンペーン ≫≫≫
工事費用割引:最大3.75万円(実質工事費0円)
スタートサポート:違約金最大3万円負担
セット割:『auスマートバリュー』500円〜2000円/月 
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫

2019'『auひかり』初期費用(工事費)+月額費用

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

auひかり

戸建て
37500円
マンション
30000円

現在初期工事費無料
※工事費用
+3000円[事務手数料]

戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月



『ドコモ光』公式+2019'
「速度改善IPV6プラス無料」
&「Wi-Fiレンタル無料」独自特典
            
 



≪≪≪ 2019' 『ドコモ光』公式キャンペーン ≫≫≫
dポイント
dポイントプレゼント!
(新規契約:20000pt)
(転用  : 5000pt)
※dポイントは1ポイント1円で、Amazon経由などで商品購入が可能。
参考:dポイント公式サイト

  (最新のドコモ特典の公式一覧ページ)
ドコモ光2回線以降 300円/月割引!
セット割:『ドコモ光 セット割』3500円〜100円/月割引
(データSパックや旧料金プランなら、ドコモ光期間限定 500円/月割引!)
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫

 

『ドコモ光』の場合、工事費全額・半額無料キャンペーンは、現在ありません。

 

急遽、2019年の期間限定で、工事費無料キャンペーンが開始しています。
(条件は、『新規の申込み』または『フレッツ光に加入中であること』のいずれかが条件です。上記リンク先の『詳しくはこちら』ボタンを開くと、確認できます。)

 

速度改善のための『IPV6プラス』無料の独自サービス
【GMOとくとくBB限定】ドコモ光出張サポート無料キャンペーン!
契約数増加中!webで完結&店舗待ち時間ナシ!
GMOとくとくBB限定の『高性能Wi-Fiルーター無料レンタル』!
公式に上乗せ最大15000円キャッシュバック!

*ドコモ携帯との『セット割』の
割引額が分かります。
『ご自身の携帯プラン』
の入力が必要です。

2019' 『ドコモ光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

ドコモ光

戸建て
マンション

+3000円[事務手数料]

戸建て
5200円/月
マンション
4000円/月



2019'『ソフトバンク光』公式
+上乗せweb申し込み独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『ソフトバンク光』公式特典(NEXT社の説明リンク) ≫≫≫
新規工事費用割引:最大24000円(実質工事費0円)
あんしん乗り換えキャンペーン:(違約金+工事費負担)最大10万円還元
セット割:『おうち割光セット』500円〜2000円/月割引
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
最大合計最大59000円相当キャンペーン!!
      ※【プロバイダ条件 x 環境】による(高性能Wi-Fiルーター選択可能)
スマホ乗換え時の違約金還元計10260円キャッシュバック
公式特典+プロバイダ特典 ※さらに上乗せの特典!

2019' 『ソフトバンク光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

ソフトバンク光

戸建て
24000円[工事費]
マンション
24000円[工事費]

+3000円[事務手数料]

戸建て
5200円/月
マンション
3800円/月



2019'『NURO光(関東・関西・東海限定)』
+web申し込み特典の独自ページ
           
 

≪≪≪ 2019' 『NURO』公式キャンペーン ≫≫≫
新規工事費用割引:最大40000円(実質工事費0円)
戸建て  :4743円
マンション:1900円〜2500円/月
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
公式に上乗せ最大35000円キャッシュバック!!
    または
PlayStation®4 (またはSwitch)
上記、web申込み完了後、特典のどちらかの上乗せの特典が適用されます。

2019' 『NURO光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

NURO光

(関東・関西
・東海エリアのみ)

戸建て
40000円[工事費]
マンション
40000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
4743円
マンション
1900円(10人以上)
2500円(会員4人の場合)



2019'『BIGLOBE光』
+最大5.5万円
web限定キャッシュバック!
           
 

≪≪≪ 2019' 『BIGLOBE光』公式キャンペーン ≫≫≫
 または 
≪≪≪ 【期間限定web特典】キャンペーン ≫≫≫

2019' 『BIGLOBE光』初期費用(工事費)+月額費用まとめ

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

BIGLOBE光

戸建て
30000円
マンション

+3000円[事務手数料]
戸建て
4980円/月
マンション
3980円/月

auスマホタブレットを
使っている場合
3780円/月 [戸建て]
2780円/月[マンション]



 

-その他の回線, ネット回線, 光コラボレーション

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.