auひかり ネット回線

2019【auひかり+@T COMキャンペーン】全7社徹底比較!

更新日:

【auひかり+@T COMキャンペーン】全7社徹底比較!

 

ネット回線コンシェルジュ
このページでは、『auひかり』x『@TCOM』を検討する際に、重要なポイントをまとめています。

 

『auひかり』で選べるのは、『@TCOM』含め、全7社ですので、この7社の中で、一番良いプロバイダを選ぶことをオススメします。

 

 

プロバイダはなにで選ぶべきなの?

ヒカリちゃん
 

そもそもプロバイダは何で選ぶべきなの?

 

ネット回線コンシェルジュ
 

プロバイダを選ぶポイントは2つあります。

  • キャッシュバックの内容
  • オプションサービスの内容

 

プロバイダを選ぶ時に、月々の料金や通信速度を気にする方も少なくないかと思いますが、実はプロバイダの違いで月々の料金や通信速度が変わることはありません。

 

プロバイダを選ぶ時に、特に大きな違いになるのが、キャッシュバックとオプションサービスです。

 

プロバイダを調べる時、情報量が多く何から調べたらよいかわからないという方は、まずこれら2点だけを比較してみるのがよいでしょう。

 

初期費用+月額料金はどうなっているの?


初期費用+月額料金はどうなっているの?

契約した場合の初期費用と月額料金をまとめると以下の通りです。

 

ネット回線
〔契約年数〕

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

特典・キャンペーン

auひかり

[2年:ギガ得]

[3年:ずっとギガ得]

『auスマホ割』

戸建て
37500円[工事費]
マンション
30000円[工事費]
+3000円[事務手数料]
戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月

【auひかり公式】

工事費用分の最大
37500円割引
(実質工事費0円)

スタートサポート
(違約金最大3万円負担)
セット割:スマートバリュー

+最大最大50000円キャッシュ
バックキャンペーン

 

これらの料金はプロバイダごとで変わらないため、auひかりで契約をして、プロバイダをどれにしようか迷っているという人の場合、特に気にする必要はありません。

ずっとギガ得プランと「スマートバリュー」の月額料金支払いイメージ

ずっとギガ得プランと「スマートバリュー」の月額料金支払いイメージ

ずっとギガ得プランと「スマートバリュー」の月額料金支払いイメージについて紹介します。


〈引用:au公式サイトauひかりホーム料金・割引

『auひかり』マンションタイプの月額料金

『auひかり』マンションタイプの月額料金

『auひかり』マンションタイプの月額料金をまとめたのが以下の表です。

 


〈引用:『auひかり』公式サイトマンション料金・割引

 

 

『auひかり』は、どのプロバイダを選んでも、初期費用と月額料金は変わりません。

『auひかり』X『@T COM』のサービス内容は?

プロバイダを選ぶ時にポイントになる『@TCOM』のサービス内容について紹介します。

 

『@TCOM』は、2つの月額セキュリティサービスを提供しています。


それぞれ月額料金や、1契約で利用できる端末の台数などに違いがあります。

 

 

シマンテックオンラインサービス

セキュリティサービスのシマンテックオンラインサービスの内容を簡単にまとめると以下の通りです。

  • 月額490円から利用可能
  • 1契約で3台まで利用可能
  • パソコン・スマホ・タブレットに対応
  • 新規申し込みで最大2ヶ月無料

こちら、サービス内容的に次で紹介するTOKAI SAFEと比べてコストパフォーマンスで明らかに劣るため、このサービスを採用するメリットはほぼありません。

 

TOKAI SAFE

TOKAI SAFEのセキュリティサービスをまとめると以下のようになります。

  • 月額400円で利用可能
  • 1契約で最大6台まで利用可能
  • パソコン・スマホ・タブレットに対応
  • 新規申し込みで最大6ヶ月無料

 

各サービスを比較すると、月額料金、1契約で利用できる端末の台数、無料利用期間でTOKAI SAFEの方がコスト安になっています。

 

 

かけつけ設定サポートが初回利用で2000円に

インターネットの設定が分からない方には、初回利用2,000円~で利用できるかけつけ設定サポートをおすすめします。

 

通常の訪問サポートは通常6,800円なので、4,800円割引となる『auひかり』の契約時に申し込むのがお得です!

『auひかり』共通の解約手数料金

『auひかり』共通の解約手数料金

【プラン名】 解約金額
(違約金額)
マンションの場合 「標準プラン」の場合  無料
 「お得プランA」の場合  7000円
戸建ての場合 「ギガ得プラン」の場合  9500円
「ずっとギガ得プラン」の場合  15000円

※『auひかり』の解除時に、au光に対しての、工事費・撤去費用・その他の手数料は、かかりません。

 

 

『auひかり』を解約する場合、どのプロバイダを選んでも、更新月以外での解約は上記の違約金が発生します。

また、工事費を分割で支払っている場合解約月に残りの工事費を一括で請求されます

 

 

プロバイダが『@TCOM』の場合、マンションタイプでも開通から6ヶ月以内に解約した場合、違約金が発生します

※ 『auひかり』はマンションタイプの「標準プラン」では違約金は発生しません

 

 

ヒカリちゃん

ホームタイプの場合、
分割支払い30ヶ月×1,250円=37500円で工事費を支払うところ、

例えば12ヶ月で解約したら
残りの18ヶ月×1,250円=22,500円の工事費
15,000円(ギガ得プラン)の違約金を支払うんだね。

 

 

 

ネット回線コンシェルジュ
『@TCOM』のマンションタイプの解約の場合、6ヶ月以内の解約で


・1ヵ月で解約:6ヵ月分の月額料金
・2ヵ月で解約:5ヵ月分の月額料金
・3ヵ月で解約:4ヵ月分の月額料金
・4ヵ月で解約:3ヵ月分の月額料金

・5ヵ月で解約:2ヵ月分の月額料金

 

が発生するので、早期で解約する場合は注意が必要です。

 

 

 

注意点!『auひかり』に申し込み後解約する場合には撤去料金がかかります。

注意点!『auひかり』に申し込み後解約する場合には撤去料金がかかります。

『auひかり』に申し込み後解約する場合には撤去料金がかかります。

それを表している表が以下のものです。

『auひかりホーム』タイプの設備撤去費用が
2018年3月1日の改定で改悪

2018年2月まで 2018年3月1日以降

『auひかりホーム』
タイプの解約時、
ユーザーから要望があった
場合のみ設備を撤去



2018年3月1日以降に
『auひかりホーム』を申込んだ方は
解約時の設備撤去が必須に。

(また、2018年3月1日以降に
1Gbpsから5Gbps・10Gbpsのプランに
変更した場合も設備撤去が必須に)

設備撤去費用
10,000円
設備撤去費用
28,800円(高額化)

<参考URL:『auひかり』公式

解約する時にこんなデメリットがあると、契約に二の足を踏んでしまう人もいますよね。

このようなデメリットを解消するためには、代理店NEXTで契約することがおすすめです。

それを表しているのが以下の表です。

<出典:『auひかり』 代理店NEXT


万が一エリア外で解約を余儀なくされた場合でも、当社にて、auひかりホームタイプ(プロバイダ:BIGLOBE)をご契約いただいていたお客さまは、再度当社にて、「
ビッグローブ光(フレッツ光回線)」を新規にお申し込みいただければ「auひかり撤去費相当額28,800円(税込:31,104円)を当社が補填致しますので撤去費は実質無料となり、安心してお申し込みいただけます。

そのため、撤去費用で無駄なお金を払いたくない方はぜひ利用してみましょう。

撤去費用実質無料が可能な
webキャンペーンの申し込み先


『auひかり』でプロバイダーを『@TCOM』にするメリット・デメリット

『auひかり』でプロバイダーを『@TCOM』にするメリット・デメリットをまとめると、正直メリットと呼べるものは、少ないです。

 

逆にデメリットのほうが目立つ内容になっています。

 

 

【『@TCOM』のメリット】

  • 3年目から月額料金4900円(ホーム)

  • 『ネット+電話』同時加入のみ初期費用負担

 

【『@TCOM』のデメリット】

  • マンションギガとタイプFに対応していない
  • キャッシュバック等のキャンペーンを実施していない。
    (受けられるのは『auひかり』公式キャンペーンと同等の内容)

 

 

 

ヒカリちゃん
「auひかりでプロバイダーの『@TCOM』はオススメか?」と言われると特典が少ないためおすすめできない、というのが結論です。

 

メリットというべき内容も、他のプロバイダで同様のサービスがあるため、差別化しきれていません。

 

もし他のプロバイダーを検討する場合、「ソネット」や「ビッグローブ」などの大手のプロバイダーと比較することで、違いを確認できます。

 

さらに、申込みの窓口として、代理店から申込むことで、高額のキャッシュバックを受け取ることが多いためオススメです。

 

 



『auひかり』x『@TCOM』の対象エリアは?

まず、『auひかり』x『@TCOM』の場合、対象エリアが、『auひかり』の提供エリア内である必要があります。

(※これは、『auひかり』を契約する際に、必ず必要になる部分なので、まず確認しましょう!)

 

『auひかり』の対象エリアは
こちら(公式)から確認
できます。

 

 

『auひかり』は、大きく分けて戸建て対応のホームタイプ集合住宅向けのマンションタイプの2つのプランがあります。


どちらのプランが対象エリアになっているか?も確認しましょう。

 

『auひかり』の対象エリアであれば、7社のプロバイダから選んで契約することになります。

(ソネット、@nifty、ビッグローブなど)

 

ちなみに、『auひかり』の対象エリアは、東日本が中心です。どうして西日本エリアは対象エリアが少ないのでしょうか?

 

ヒカリちゃん
『auひかり』のエリア外だった場合は、どうしたら良いの??

『auひかり』の対象エリア
エリア外の場合の対処法
について、こちらの記事
で詳しく紹介しています!

 

『auひかり』が対象エリア外だった場合や、西日本エリアでのオススメ光回線もご紹介していますので、ぜひご覧ください!

2019'『auひかり』全7プロバイダのキャッシュバックキャンペーン比較!おすすめのプロバイダはどれ?

『auひかり』は、7つのプロバイダを選択することが可能です。
どのプロバイダを選択しても月額基本料金は同じです。


では、各プロバイダで違いが大きいのはキャンペーンです。

各プロバイダのキャンペーンをまとめたのが以下の表です。

 

 

 

【2019'『auひかり』のプロバイダ全7社 比較一覧表】

auひかり公式特典以外の
『各プロバイダ独自の公式特典』は??

ソネット
公式

乗り換え最大
5
万円キャッシュバック【公式】

ビッグローブ
公式
5万円キャッシュバック【公式】  
DTI
公式

3.8万円+開通月無料【公式】  

au one net
公式

『ネット+電話』同時加入のみ

1万円キャッシュバック【公式】

@nifty
公式

 @nifty独自特典の一覧ページ【公式】
お引っ越し割
・初期費用(残債相当額)の割引き
・解約金(契約解除料)が無料
・回線撤去費用28800円が減免
月額料金の割引
「ノジマ」10%割引券

@TCOM
公式

 @TCOM独自特典の一覧ページ【公式】
3年目から月額料金4900円(ホーム)

『ネット+電話』同時加入のみ 

初期費用負担

Asahi Net
公式
 Asahi Net独自特典の一覧ページ【公式】
月額料金の割引

webキャンペーン経由
(代理店NEXT社)

※「ビッグローブ」
「『@ニフティ』」
の場合の金額

ネットのみ4.3万円(NEXT社)

ネット+電話5万円(NEXT社)

キャンペーン額の合計で言うと、『ソネット光』、『ビッグローブ』もしくは、『NEXT社』のキャンペーンは、現在50,000円近くのキャッシュバックを受けられ、オススメです。

 

 

オプション(:追加契約のこと)サービスを利用する場合、プロバイダによって、マンションタイプの対応プラン、オプションサービスやオプション料金が異なります。

 

ここでは『auひかり』の対応プラン・各プロバイダが提供しているオプションサービスを一覧にまとめました。

※ ちなみに、『auひかり』はどのプロバイダを選択しても、月額料金は同一(無料)です

 

(かつて、フレッツ光などは、プロバイダ料金を毎月、数千円、別途徴収していましたが、『auひかり』では一律の月額料金だけでOKです。)

 

『auひかり』全7社のプロバイダのオプションサービスの違い 

プロバイダを選ぶ時には、キャッシュバックの他にオプションサービスに注目することも大切です。

 

具体的にまとめると以下の表の通りになります。

プロバイダ @nifty @T COM
ASAHIネット au one net ビッグローブ DTI ソネット
ホーム
マンション
タイプV・
都市機構
タイプE・
ミニギガ
マンション
ギガ
マンション
タイプF
無料
アドレス数
1アドレス 1アドレス 6アドレス
(2アドレス
目より
初期費用200円)
5アドレス 5アドレス
「家族会員
サービス」
にて追加ID含めて
1アドレス 最大4アドレス
(「ファミリー
パック」
にて追加ID
含めて)
メールボックス
の容量
5GBまで無料 無制限 無制限 5GBまで無料 5GBまで無料 5GBまで
無料
無制限
ホームページ
の容量
4GB
600円/月
(1アドレス
ごと)
20MBまで無料
(初期費用:
500円、
最大50MBまで、
増量可能
500円/月
・5MBごと)
100MBまで無料
(超過後5MBごと
に180円/月)
100MBまで無料
(最大3GBまで
追加可能)
最大
100MB
まで無料
10MBまで無料
(最大50MB
まで追加可能)
総合
セキュリティ
サービス
常時安全
セキュリ
ティ 24
500円/月
シマンテック
オンライン
サービス
490円/月~
マカフィー
セキュリティ
スイート
500円/月
安心ネット
セキュリティ
300円/月
セキュリティセット
・プレミアム
380円/月
提供なし ソネット
セキュリティ
サービス
500円/月
リモート
サポート
@niftyまかせて365
300円/月
+相談料金
FOR YOU
(フォーユー)
500円/月
安心トータル
サポート
500円/月
お助けサポート
475円/月
SiLK Touch
無料
ソネット安心
サポート
300円/月
+相談料金/件
+初期費用
出張
サポート
かけつけ
設定サポート
2,000円~
かけつけ
設定サポート
2,000円~
かけつけ
設定サポート
2,000円~
かけつけ
設定サポート
2,000円~
ブロードバンド
出張サポート
初回訪問月の翌月末まで
何回でも無料
かけつけ
設定サポート
2,000円~
ソネット
訪問サポート
サービス
1回無料

<出典:『auひかり』公式サイト

 


ヒカリちゃん
プロバイダのオプションサービスが多すぎて何を比較すればよいかわからない!

 

ミケネコ先生
どのプロバイダもセキュリティサービス・出張サポートなど料金や内容に少し差があります。


ただ、提供しているサービス自体は、どのプロバイダも大きな差はありません。

 

現在、『ビッグローブ』『ソネット』は、マンションタイプに対応、セキュリティも万全、かつサポートも充実しており、オススメできるプロバイダーです。

 

 

ヒカリちゃん
『@TCOM』は、「マンションギガ」と「タイプF」は提供していないからこれらのサービスを検討している場合対象外になります。

 

その場合、他のプロバイダの中から選ぶ必要があります。

 

 

 

『auひかり』のプロバイダ
全7社の徹底比較

こちらの記事

 

※ここにソネットとビッグローブの関連記事のリンクがあるとよいと思います。

 

 

『auひかり』X『@T COM』の
キャンペーン・プロバイダ比較まとめ

この記事では『auひかり』X『@T COM』でのサービス内容やおすすめできるプロバイダなのかどうかについて紹介しました。

 

まずプロバイダを選ぶポイントは、キャッシュバックの内容、オプションサービスを比較することが大切でしたね。

 

『@T COM』はキャッシュバックの内容、オプションサービスの内容両方から考えて見ても、他によりよいプロバイダがあるため、おすすめできるプロバイダではありません。

 

キャッシュバックの内容、オプションサービスで選ぶなら、ソネット、またはビッグローブがもっともおすすめです。

 

以下のリンクから申し込むことで、公式特典に加えてWEB限定特典もつけられます。

 

『auひかり』の申し込みを検討している方は、以下のリンクから申し込んで見てください。

 

 

『auひかり』公式上乗せ 2019'web申し込み独自特典
            
 

≪≪≪ 2019' 『auひかり』公式キャンペーン ≫≫≫
工事費用割引:最大3.75万円(実質工事費0円)
スタートサポート:違約金最大3万円負担
セット割:『auスマートバリュー』500円〜2000円/月 
   
≪≪≪ 【期間限定web特典】公式上乗せキャンペーン ≫≫≫
2019'『auひかり』初期費用(工事費)+月額費用

ネット回線

初期工事費用

+初期事務手数料

月額支払い料金

auひかり

戸建て
マンション

現在初期工事費無料
※工事費用
+3000円[事務手数料]

戸建て
5100円/月
マンション
3800円/月
現在の『auひかり』初期費用(工事費)+月額費用 の詳細



 

 

 

 

 

 

 

-auひかり, ネット回線

Copyright© ネット回線@街データ 2019 AllRights Reserved.